2017年03月27日

エイジングケアに注目の成分「ヒト型セラミド」って?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて今回は、このブログでも何度かご紹介している
「セラミド」についてのお話です。

セラミドといえば、最強の保湿成分涙icon12

セラミド配合のエイジングケア化粧品もたくさんあるので
乾燥肌対策などにすでにお使いの方も多いでしょうね。






ところで、みなさんは、そのセラミドについて
どれくらいの知識をお持ちでしょうか?

少しおさらいしますと、セラミドはもともと私たちの体内にあって、
お肌のバリア機能の一部分を担っている成分です。
バリア機能の中でも、主にうるおい保持を担っているのが、皮脂膜や
角質層内にある天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質です。

セラミドは、この細胞間脂質の約50%を占める主成分で、お肌のうるおいに
欠かせないはたらき
をしています。


ただし、年齢とともにセラミドは減ってしまうので、セラミドが不足すると
お肌の乾燥の原因に。
こうした乾燥肌を改善するためには、セラミド配合のエイジングケア化粧品で
補うのが有効とされています。






しかし、もともと体内にあるセラミドと化粧品成分で補うものには違いがあり、
また、化粧品成分のセラミドにもいくつかの種類があるのです。


化粧品成分の中で、エイジングケアに高い効果が期待されているのは、
お肌のセラミドとほぼ同じ構造を持つように生成された「ヒト型セラミド」
お肌への親和性が最も高く、他の種類のセラミドと比べると、
保湿力や浸透力に優れていることや、刺激が少ないことが特徴です。

実は、化粧品にセラミドという表示が許されているのは、
ヒト型セラミドだけなのです。

ひと口にセラミドといっても、奥が深いですね。


そんなちょっとむずかしいセラミドおよびヒト型セラミドの
分類や特徴、それぞれの違いをわかりやすく紹介しているのが

nahlaエイジングケアアカデミー
保湿効果の高いヒト型セラミド。種類による特徴と違いは?
の記事です。


成分表記の見方についても説明していますので、セラミド配合の
エイジングケア化粧品を選ぶ際の参考にしてください花丸

記事は、コチラです。
保湿効果の高いヒト型セラミド。種類による特徴と違いは?


  


Posted by ナールス広報部員 at 11:15Comments(0)成分ナールスユニバナールスネオ

2017年03月21日

新生活スタート!4月におすすめのスキンケアって?

こんにちは、ナールス広報部員です。

の開花が待ち遠しい今日この頃ですね。






また、春はさまざまな始まりの季節。
4月からスタートする新生活の準備に、忙しい毎日を送っておられる方も
多いのではないでしょうか。


大きな生活の変化はなくても、習い事に通いだしたり、
朝ちょっと早起きしてのウォーキングを習慣にするなど、
春は何かと気持ちが前向きになる季節ですねicon14






一方で、新しい環境での生活はワクワクする反面、ストレスにつながることも。
ストレスが溜まると、体調を崩したり、またお肌のトラブルも現れやすくなりますicon15

とくに、春先のお肌は、だんだん強くなる紫外線、花粉やホコリ、
朝晩の寒暖差など、外的刺激の影響も大きいので、毎日のお手入れで
しっかりケアしておきたいですね。






では、具体的にどんな対策が必要なのか、nahlsエイジングケアアカデミーでは、
「春が来た!2017年4月のスキンケアとエイジングケアの対策」に記事に
そのポイントをまとめました。


春になると、いつも肌荒れしやすくなる
季節に合わせたスキンケアの情報を知りたい!


そんな方は、ぜひ記事の内容をチェックしてみてくださいね花丸


記事はこちらです。
「春が来た!2017年4月のスキンケアとエイジングケアの対策」
  


Posted by ナールス広報部員 at 10:35Comments(0)ナールスピュア美容最新情報

2017年03月14日

春のスキンケアは保湿と紫外線対策✨

こんにちは、ナールス広報部員です。

暖かな陽ざしに、春の訪れを感じる今日この頃ですね。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?

3月は、まだ冬の寒さが残っていることもあり、
お肌の乾燥対策は引き続き欠かせませんね。
加えて、紫外線量が急激に増えてくる時期でもあるので
紫外線対策にも意識して取り組むことが必要です。






夏のような強い陽ざしではないものの、3月の紫外線量は9月と同等とか。
残暑が厳しい9月は、しっかりとUVケアをしていますが、
この時期はちょっと油断気味ではないでしょうか。

地上に降る注ぐ紫外線には、UVAUVBがあることはご存知ですね?






特に、UVAはお肌の奥の真皮層にまで達し、光老化の原因に。

お肌のハリや弾力のもととなる線維芽細胞にダメージを与え、
またメラニン色素を増すなど、シミやしわ、たるみ、くすみといった
エイジングサイン
を目立たせてしまいます。

UVAは、雲の影響も受けにくく、窓ガラスも透過するので、
曇っていても、室内にいても、注意が必要ですね。


基本のスキンケアとしては、日焼け止めを塗ることはもちろんですが、
紫外線による乾燥からお肌を守るための保湿を徹底することが大切。
また、少しずつ薄着になる季節でもあるので、腕や手の甲、うなじやデコルテなども
太陽の光にさらされないように注意しましょう。





さらに、紫外線対策には、日焼け止めを塗るなどの予防以上にアフターケアが重要。

春のレジャーでうっかり紫外線を浴びてしまった、という日には
しっかりアフターケアすることをおすすめしますクローバー


紫外線のアフターケアって、どうしたらいいの?
と思われた方、とっても簡単にできるのがナールスピュア&ユニバでのお手入れです。

どちらも、エイジングケア化粧品成分ナールスゲンを配合。

ナールスゲンは、線維芽細胞にはたらきかけ、お肌の内側からうるおいやハリをつくる
サポートをするとともに、紫外線による光老化抑制にも効果を発揮します。

ナールスピュアには抗酸化成分ビタミンCとビタミンEを、
ナールス ユニバには持続型ビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体を配合。
紫外線によるハリ・つや不足をサポートします。

また、ナールス ユニバには、お肌のバリア機能と保湿力を高める3種の
ヒト型セラミドを配合。
乾燥によるうるおい不足で、紫外線の影響を受けやすい春のお肌を守ります花丸


ぜひ、春からの紫外線対策に、ナールス製品をお役立てくださいね。

ナールスピュア&ナールスユニバの詳しい情報は、こちらをどうぞ。

☆ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

  


Posted by ナールス広報部員 at 10:18Comments(0)ナールスピュア美容最新情報ナールスユニバ

2017年03月06日

春のお肌、揺らいでいませんか?

こんにちは、ナールス広報部員です。

まだまだ風は冷たいですが、明るい陽光に春を感じる今日この頃。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?






冬から続くお肌の乾燥
朝晩の寒暖差
強くなってきた紫外線



冬から春へ、季節の変わり目はお肌にとっては過酷な時期ですね。
肌荒れが出たり、ちょっとした刺激にも敏感になったりと
お肌が揺らぎやすい季節といえます。


加えて、花粉症の人にとっては、ツラ~イ季節。
くしゃみや鼻水、目がかゆくなるなど、不快な症状に悩まされている人も
多いのではないでしょうか。






実は、春先に肌荒れしやすいのは、季節の要因だけではなく、花粉も関わっているとか。

花粉症とは、目や鼻の粘膜についた花粉に体が反応しておこるアレルギー現象ですが、
この花粉がお肌にも付着して、かゆみや赤みが出たり、かさつきなどの症状があらわれる
場合があるといいます。

そして、注目したいのが、花粉による肌荒れは花粉症でない人にもおきるということ。
目や鼻には異常がなくても、このような「花粉症皮膚炎」に悩む人が近年増えている
そうです。


もともと、花粉症の症状がひどい人やお肌が乾燥しやすい人、またアトピー性皮膚炎の
症状がある人などは、この花粉症皮膚炎にかかりやすいのですが、
「私は花粉症でないから大丈夫」という人も、注意が必要です。


さて、こうした春先のお肌の不調を予防、改善するための対策としては

花丸花粉からお肌をガードする

できるだけお肌が外気に触れないよう、マスクに加え、サングラスやゴーグル、
スカーフ、帽子などを着用し、症状が出やすい顔や首をガードしましょう。


花丸帰宅後はすぐに洗顔

外出から戻ったときは、まず手洗いやうがいを。
また、お肌に花粉が付着したままではダメージになるため、洗顔も済ませるのが
よいでしょう。
シャワーを浴びて、髪の花粉も洗い流せたらベストですね。






花丸スキンケアは保湿を心がける

乾燥がすすむと、お肌のバリア機能が低下し、花粉の刺激に負けて炎症を
起こしやすくなります。
スキンケアはできるだけシンプルなケアを心がけ、セラミドやプロテオグリカン、
ヒアルロン酸などを配合した美容液やクリームで、お肌に保湿成分を補給しましょう。


花丸体の中からお肌をサポート

お肌のバリア機能を正常に保つためには、お肌の代謝を促すビタミンAをはじめ、
セラミドやコラーゲンが体内に十分にあることが大切です。
毎日の食事でこうした成分を摂取し、体の内側からも花粉に負けない
体をつくりましょう。


*ビタミンAが含まれる食品
 うなぎ、あなご、アサリ、牡蠣、鶏レバー、赤身肉
 にんじん、かぼちゃ、春菊、ほうれん草、小松菜などの緑黄色野菜

*セラミドを生成しやすい食品
 こんにゃく、ひじき、ワカメ、大豆、小豆、黒ごま、ごぼう、黒胡椒、コーヒー

*コラーゲンを生成しやすい食品
 肉類、魚介類、大豆製品などのたんぱく質食品全般
 ビタミンCを含む食材といっしょに摂ると、コラーゲンの生成をサポート






これらの予防や対症方法を取り入れ、この春は肌荒れしにくい
健やかな素肌をめざしましょうicon12


春のゆらぎ肌対策については、下記の記事に詳しくまとめていますので
ぜひ参考にしてください。
ゆらぎ肌は、正しいエイジングケアで改善!敏感肌になる前に

また、お肌の保湿対策には、
セラミド配合のエイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ
がおすすめです。

  


Posted by ナールス広報部員 at 11:20Comments(0)肌悩み別対策ナールスユニバ

2017年03月01日

3月のエイジングケアクイズが始まります!

こんにちは、ナールス広報部員です。

今日から3月。
少し春めいた、麗らかな3月のスタートになりましたね。


さて、先月からnahlsエイジングケアアカデミーで始まった
icon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12


エイジングケア世代の男性、女性のみなさんを応援するために、
毎月、エイジングケアに関するクイズを出題し、正解者の中から抽選で
毎月3名の方にナールスブランド製品をプレゼントするというものですが、
今日から新たに3月のクイズが始まります。






今月は、春らしく、バラの女王と呼ばれるダマスクローズ
エイジングケア効果についてのクイズになっていますバラ

ハンド美容ジェル ナールス ロゼに高濃度で配合されているダマスクローズ。
その魅力を3択クイズにチャレンジしながら、楽しく学んでくださいね。






どんなクイズなのかな?
エイジングケアに興味があるので、やってみよう!

などと思われた方は、ぜひチャレンジをビックリ

応募方法などの詳細はコチラです。
ナールス エイジングケア応援コスメプレゼントクイズ


また、2月のクイズの回答と解説も載せておりますので、
答え合わせもしてみてくださいね花丸


ナールスブランドの各製品の情報はこちらをどうぞ。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ならナールスコム


  


Posted by ナールス広報部員 at 11:30Comments(0)活動ナールス ロゼ
アクセスカウンタ