ナールスでキレイ習慣 › ナールスネオ

2019年02月05日

2月のプレゼントはエイジングケア美容液 ナールス ネオ☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

毎月恒例!ナールス製品があたるicon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12

今月も季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!


楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけ、美肌をキープしましょう花丸


さて、2019年も、はや2月に。
陽ざしのまぶしさにちょっと春を感じるものの、まだまだ寒い日が続いていますね。
乾燥も気になります。






そんな2月のスキンケアは、なんといっても保湿が要です。

ただし、ひとくちに保湿といっても、その成分にはさまざまな種類があり、保湿のプロセスにおける役割も違ってきます。
化粧品に配合される保湿成分への知識を深め、正しいスキンケアで乾燥からお肌を守りたいですね。






ということで、今月のクイズは保湿成分に関する知識から出題しています。
クイズは3択ですので、気軽にチャレンジしてくださいね!


今月のプレゼントは、目元や口元を乾燥から守る
ナールスゲン配合エイジングケア美容液 ナールス ネオですicon12






クイズや応募に関する詳細については
2月のエイジングケアクイズ!テーマは「冬の保湿のポイント」
をご覧ください。


今回のクイズのヒントは、「ヒューメクタントとは?スキンケアや保湿での役割」や「エモリエントとは?保湿やエイジングケアとの関係」を参考にしてくださいね。


たくさんのご応募お待ちしていますicon06


  


Posted by ナールス広報部員 at 18:45Comments(0)活動ナールスネオ

2019年01月31日

春の足音が聞こえはじめる2月のスキンケアポイントは?

こんにちは、ナールス広報部員です。


まだまだ真冬の寒さが続いていますが、まもなく立春
春の訪れが待ち遠しい今日この頃ですね。







ということで、今回は春間近の2月に気をつけておきたい、スキンケアやエイジングケアのポイント情報をお届けします。


どの季節でも、スキンケアやエイジングケアの基本は清潔・保湿・紫外線対策ですが、1月に次いで気温や湿度が低い2月は

保湿を徹底し、顔はもちろん首や手足など、身体全体の乾燥対策を行う
*1月に比べ紫外線量が増えるため、紫外線対策を意識する
*本格的な花粉の季節到来!マスクなどを活用して花粉症対策を行う


などを実践しましょう。


特に保湿に関しては、保湿化粧水や美容液を使った保湿ケアに加え、「水分の蒸発を防ぐ」はたらきをする乳液や保湿クリーム、美容オイルなどを活用することがポイントです。

また、手足やかかとの保湿も大切なので、ボディクリームやハンドクリームも上手に取り入れたいですね。






健やかな素肌で春を迎えるためにも、乾燥を防ぎ、お肌のバリア機能とターンオーバーを正常に保ちましょう。


さらに、寒さによる体調の悪さがお肌の不調をもたらすことも多いので、引き続き「冷え」にも注意をしておきたいですね。

お風呂で温まる、温かな食べ物を摂ることに加え、下着や靴下による温活を取り入れてみるのもおすすめです。



さて、ナールスエイジングケアアカデミーでは
春が待ち遠しい!2019年2月のスキンケアとエイジングケア
の記事に、2月のスキンケアやエイジングケアの実践ポイントをまとめ、詳しくご紹介しています。


美肌に効果的な旬の食材なども紹介していますので、ぜひご覧くださいね icon12


記事はこちらです花丸
春が待ち遠しい!2019年2月のスキンケアとエイジングケア

  


Posted by ナールス広報部員 at 12:12Comments(0)美容最新情報ナールスユニバナールスネオ

2019年01月14日

冷えは冬の肌悩みのもと!?

こんにちは、ナールス広報部員です。

まもなく大寒
1年の中で一番寒い時期を迎えますね。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?


しっかり保湿しているのに乾燥する
お肌がこわばって、ハリ不足を感じる
顔色もくすみがち



そんなお肌の症状があるなら、身体の冷えが招いているかもしれません。








万病の元と言われる「冷え」は、風邪を引きやすくなったり、寝つきが悪くなったりする身体の不調につながる他、冬のお肌にもさまざまな肌悩みをもたらします。


女性はとくに、血液を全身に送る筋肉量が少ないため、血行が滞って冷えやすい傾向に。
そのため、お肌に十分な栄養が行き渡らなくなり、老廃物もたまりがちになって、くすみやむくみなどの原因になってしまうのです。

また、筋肉量は年齢とともに低下するので、エイジングケア世代の方は注意したいですね。


寒さ厳しいこの季節は、保湿を中心としたスキンケアはもとより、内側からのケアが何より大切!
毎日の食事や運動などを工夫し、冷えに負けない身体やお肌をつくりましょう。


ポイントとしては、
*身体を温める作用のあるしょうがやにんにくなどの食材を取り入れる
*筋肉のもとになるたんぱく質もしっかりと!とくに鶏肉がおすすめ
*エネルギーをつくり出す黒ごま、黒豆などの栄養価の高い黒い食材を摂取する
*入浴は、血行を促進させるため、ゆっくりと首まで浸かるのがポイント!
*運動は、太もも周りの筋力アップ体操などが効果的








このほか、朝食は必ず摂るなど体内時計のリズムを整え、冷えない身体をめざしましょう花丸


もちろん、冬の肌悩みの解消には、ナールスのエイジングケア化粧品をぜひお役立てくださいねicon12

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ならナールスコム







  


Posted by ナールス広報部員 at 13:50Comments(0)肌悩み別対策ナールスユニバナールスネオ

2018年12月22日

朝と夜、スキンケアの違いって?

こんにちは、ナールス広報部員です。


さて、みなさんは、朝と夜ではどのようにスキンケアを変えておられますか?

「え?朝も夜も同じようにケアしてるけど…」という方も多いのかもしれませんね。

でも、それぞれのスキンケアの違いを理解し、アイテムを使い分けるなどで、より健やかなお肌の状態がキープできるとしたらicon12


今回は、そのポイントをご紹介します花丸








まず、朝と夜では、スキンケアの目的が違います。


は、これから始まる1日を通じて、肌を外部の刺激から守ることがスキンケアの目的。
そのため、保湿と紫外線対策をしっかりしておくことが大切です。

朝の保湿ケアが十分なら、その後のメイクのノリもよくなりますし、日中の化粧崩れやくすみなどを予防することができます。







さらに、朝のスキンケアで重視したいのは紫外線対策


というのも、お肌の老化の80%は紫外線が原因といわれるほど、光老化は美肌の大敵だからです。
シミやたるみ、ほうれい線といったエイジングサインを予防するために、朝の外出前には日焼け止めやUVケアできる化粧下地などで、紫外線対策しておきましょう!


一方、は、日中に受けたダメージを修復させ、またうるおいや栄養を補給することで美肌を育むスキンケアを意識することがポイントです。


夜のスキンケアのスタートは、クレンジングからという方がほとんどと思いますが、クレンジングや洗顔で、1日のメイク汚れや皮脂汚れをしっかりオフして、お肌をリセットしましょう。


肌の汚れがそのままでは、さまざまな肌トラブルやエイジングサインを招いてしまいます。

その後に使う化粧水や美容液、保湿クリームの浸透をよくするためにも、ていねいなクレンジングと洗顔を心がけたいですね。







また、スキンケア以上に、意識したいのは良質の睡眠です。

睡眠は、体やお肌が昼間に受けたダメージを回復し、健やかによみがえらせる大切な時間。
睡眠不足の翌朝は、体調が悪かったり、メイクのノリもいまいちですよね。

十分で、質の良い睡眠は、成長ホルモンやセロトニンなどのホルモン分泌を促し、エイジングケアにとって、重要なはらたきをしてくれます。







ナールスエイジングケアアカデミーでは、朝、夜それぞれのスキンケアポイントを

朝のスキンケアとエイジングケアを上手に行って美肌へ!

夜の上手なスキンケアとエイジングケアでハリ・ツヤ美肌!

の2つの記事でご紹介しています。


ぜひお読みいただき、美肌づくりにお役立てくださいねicon12icon12


  


Posted by ナールス広報部員 at 13:40Comments(0)美容最新情報ナールスユニバナールスネオ

2018年12月07日

12月のプレゼントは☆エイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ☆

こんにちは、ナールス広報部員です。


毎月恒例!ナールス製品があたる icon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12


各月、季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!

楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけましょう花丸







さて、いよいよ今年も残り少なくなってきましたね。

2018年の最後を飾る12月、忘年会やクリスマス、また迎春準備と何かと忙しい時期ですが、体調を整え、健やかな素肌で過ごしたいものですクリスマスツリーicon27カクテル


さて、そんな12月のクイズは、冬の乾燥肌対策からの出題です。


乾燥肌とは、お肌のうるおいや水分が不足し、乾燥している状態の肌のこと。

本来、お肌の水分は表皮の角質層のバリア機能によって守られ、保持されているのですが、気温や湿度が急激に低下する冬場は、その影響を受けてバリア機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。







スキンケアやエイジングケアによる対策としては、なんと言っても保湿
保湿クリームを使って、しっかり保湿することを心がけましょう!


というわけで、

今月のプレゼントは、冬の時期に大活躍する
ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバです。

正解者の中から抽選で3名の方に、プレゼントしますよクラッカー








クイズの詳細とご応募については、こちらをご覧ください。
12月のエイジングケアクイズ!テーマは「冬の乾燥肌対策」


なお、今回のクイズのヒントは、「冬(12月・1月・2月)の乾燥肌対策は保湿とエイジングケア」をご覧くださいね。


たくさんのご応募をお待ちしていますビックリ


  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)活動ナールスネオ

2018年11月01日

11月のプレゼントはエイジングケア美容液ナールス ネオ☆

こんにちは、ナールス広報部員です。


毎月恒例!ナールス製品があたる icon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズ icon12

各月、季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!


楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけましょう花丸


さて、晩秋から初冬へ、季節がゆるやかな歩みをみせる11月。
立冬を過ぎれば、陽の光もどこか愁いを帯びたようになり、文字通り冬の気配を色濃く感じ始めます。

木々も色づきを増し、街や野山も美しく装いますね。






そんな11月のスキンケアは、10月に続いて保湿が大切。


ということで、今月のクイズは、お肌の表面や角質層で保湿効果を発揮し、お肌にハリやツヤをもたらすコラーゲンに関する内容から出題しています。


コラーゲンといえば、女性ならほとんどの方が知っている有名な美容成分。
もともとお肌にもあって、真皮の中の線維芽細胞によってつくられ、お肌の弾力に影響を与えています。


ただし、お肌のコラーゲンと化粧品成分としてのコラーゲンとは別ものということをご存知でしたか?


コラーゲンやコラーゲン化粧品には誤解が多く、正しいエイジングケアのためには、しっかりとした知識を持つことが大切です。

ぜひクイズにチャレンジして、コラーゲンについての正しい知識を身につけてくださいね!


クイズは3択です。

正解者の中から抽選で3名の方に、ネオダーミル配合エイジングケア美容液
ナールス ネオをプレゼントしますリボン






クイズの詳細とご応募については、こちらをご覧ください。
11月のエイジングケアクイズ!テーマは「コラーゲン」



また、今回のクイズのヒントは、「コラーゲン化粧品はたくさんあるけどエイジングケアに大切?」や「Ⅲ型コラーゲンは赤ちゃん肌の源!肌のハリと柔らかさの源」を参考にしてくださいね。


たくさんのご応募をお待ちしています紅葉紅葉紅葉


  


Posted by ナールス広報部員 at 12:00Comments(0)活動ナールスネオ

2018年09月28日

いよいよ秋本番!気をつけたいスキンケアポイントは?

こんにちは、ナールス広報部員です。

日暮れがだんだん早くなり、日一日と秋の深まりを感じますね。






強い紫外線や汗、皮脂に悩まされた夏が終わり、今はお肌にとっても過ごしやすい時期といえますが、深まる秋に備えてスキンケアやエイジングケアで気をつけておきたいポイントがあります。

それは、保湿


どの季節であっても、保湿清潔紫外線対策と並んでスキンケアの基本ですが、特に秋本番へと向かうこの時期は、気温の低下によって皮脂の分泌量が少なくなるなど、お肌の乾燥を感じやすくなるため、保湿を意識することが大切なのです







というのも、今お肌は
・夏に受けた紫外線ダメージによって、ターンオーバーが乱れがち
・そのため、お肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすい
・季節の変わり目でお肌がゆらぎやすく、敏感な状態

になっている可能性が。


保湿といえば、気温・湿度が低下して乾燥肌のリスクが高まる冬のものと考えがちですが、夏の肌疲れを解消しておきたい秋こそ、ていねいな保湿を心がけ、本格的な乾燥の季節に備えておきたいですね。


たとえば、よりお肌の保湿力を高めるための美容液や保湿クリームをプラスしたり、いつもとは違う保湿成分をフェイスマスクなどのスペシャルケアicon12で試してみてはいかがでしょうか。







また、乾燥の原因をつくらない生活習慣を心がけるなど、お肌の外側、内側両面からの工夫も大切ですね花丸


ナールスエイジングケアアカデミーでは、保湿力アップのための実践方法を
秋が深まる!2018年10月のスキンケアとエイジングケア
の記事にまとめ、ご紹介しています。


この時期にふさわしいスキンケア、エイジングケアのポイント、また日常生活で気をつけたい点などもわかりやすく説明していますので、ぜひ参考にしてくださいね。



読書の秋紅葉、10月10日の目の愛護デーにちなんで、目の健康やケアについてもご紹介していますよ。


記事はこちらです。
秋が深まる!2018年10月のスキンケアとエイジングケア


  


2018年08月16日

女性の健康と美肌を支えるエクオールって?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、みなさん、年齢を重ねるにつれ、今までのスキンケアではもの足りなくなったり、同じようにお手入れしていてもメイクのノリが悪くなったり…

そんなお肌の変化を感じたことはありませんか?






加齢とともにお肌は変化し、しわやたるみといった肌老化が気になり出します。

その大きな原因の1つは、紫外線ダメージによる光老化といわれていますが、そうした外的要因だけではなく、女性ホルモンの減少という身体の内側からの要因も考えられるのです。


女性ホルモンのうち、エストロゲン(卵胞ホルモン)にはコラーゲンやエラスチンの産生をサポートするはたらきがあるため、年齢とともにエストロゲンが減少すると、お肌の乾燥やハリ不足、しわやたるみといったエイジングサインが目立ってきます。








さらに、女性ホルモンは、

自律神経のバランスを整える
骨を丈夫に保つ
血中コレステロールを正常化する


など、心身の健康を維持するためのさまざまなはたらきも担っているのです。

女性ホルモンの減少は、40代以降のエイジングケア世代の女性にとって深刻な問題といえますね。


こうした中、今注目されているのがエクオールという成分。

エクオールは、エストロゲンに似たはたらきをすることで知られ、さまざまな更年期症状の緩和や骨そしょう症の予防、メタボの解消、また目尻のシワの改善にも効果があることがわかっています。


エクオールは、大豆イソフラボンが腸内細菌の力を借りて産生される成分icon12







大豆イソフラボンには女性ホルモン様のはたらきがあることから、大豆製品を摂取すると効果的とよくいわれますが、実はこのエクオールが作用しているからなのです。







ただ、残念なことに、大豆イソフラボンをエクオールに変換できる腸内細菌(エクオール産生菌)を持つ日本人は30%〜50%とか。
生まれつき持っている人と持っていない人がいるそうです。


「私は、エクオールがつくれる?つくれない?」
「エクオールをつくるためにはどうしたらいいの?」
「エクオールの健康や美肌への効果をもっと知りたい!」


そんな疑問にお答えするために、ナールスエイジングケアアカデミーでは
エクオールとサプリメントのランキングに頼らない選び方
の記事をご用意しています。


エクオール検査の方法をはじめ、エクオールをつくる生活習慣、おすすめのサプリメントなどもご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね花丸



記事はこちらです。

エクオールとサプリメントのランキングに頼らない選び方


  


Posted by ナールス広報部員 at 11:45Comments(0)成分美容最新情報ナールスネオ

2018年08月01日

8月のプレゼントは新しくなった☆ナールス ネオ☆

こんにちは、ナールス広報部員です。


毎月恒例!ナールス製品があたる icon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12

各月、季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!


楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけましょう花丸


さて、8月のクイズは、 暑さ厳しいこの時期にピッタリの(!?)、真夏のエイジングケアに関して知っておきたい内容から出題しています。







海や山のレジャー、花火大会、故郷への帰省など、楽しいイベントが多い8月ですが、一方で紫外線ダメージや暑さによる肌疲れなどが出やすい頃です。


暑いからといって手を抜かず、清潔保湿紫外線対策のスキンケアの基本をしっかりと守りましょうね。


とくにこの時期は、日焼け止めなどの紫外線対策に加え紫外線のアフターケアも大切です。


強い紫外線を浴びた後には、ビタミンACEなどの抗酸化成分配合のエイジングケア化粧品でのお手入れを心がけましょう。







今月のプレゼントは、ナールスゲンやネオダーミルをはじめ、VCエチルやAPPS(アプレシエ)といったビタミンC誘導体、お肌の酸化を防ぐ金コロイド、6種のヒト型セラミドを配合し、この夏さらにパワーアップした目元・口元専用美容液ナールス ネオです。


クイズは3択。ぜひ、チャレンジしてくださいね!

正解者の中から抽選で3名の方にプレゼントします icon27






クイズの詳細とご応募については、こちらをご覧ください。
8月のエイジングケアクイズのテーマは、「真夏のエイジングケア」


また、クイズのヒントは「まだまだ夏は続く!2018年8月のスキンケアとエイジングケアのコツ」を参考にしてくださいね。


たくさんのご応募をお待ちしていますひまわり

  


Posted by ナールス広報部員 at 14:55Comments(0)活動ナールスネオ

2018年07月12日

目元・口元のエイジングサインに!新しくなったナールス ネオ☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

目元・口元の気になるエイジングサインを集中ケアする専用美容液として、ご好評いただいているナールス ネオ

「目の下がふっくら、ツヤが出てきた」
「気になるほうれい線が改善されてきた」
「目元、口元のしわが薄くなった」


など、うれしいお声をいただいています。








もともと、目元や口元の皮膚は薄いため、加齢によるコラーゲン不足やお肌の乾燥、表情筋の衰えなどによって、しわやほうれい線が目立ってしまいます。


このような、エイジングサインの予防をサポートする目元・口元専用美容液として、ナールスネオがさらにパワーアップしました!


新ナールス ネオのポイントは、

花丸角質層の奥深くまで浸透し、コラーゲン、エラスチン、ヒートショックプロテイン(HSP)47を増サポートするナールスゲンを推奨濃度で配合

花丸コラーゲンやエラスチンの産生をサポートし、お肌の弾力をキープする化粧品成分ネオダーミルを推奨最高濃度で配合

花丸水溶性ビタミンC誘導体の中でも効果が高く、刺激が少ないVCエチル(エチルアスコルビン酸)と、浸透性の高い両親媒性ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)を配合

花丸水分保持に優れた効果を発揮する保湿成分プロテオグリカンを配合

花丸ターンオーバーを促進してお肌のハリを取り戻すビタミンA誘導体レチノイン酸トコフェリルを配合

花丸セラミドの中でも保湿力に定評のあるヒト型セラミド6種(NG、NP、NS、EOS、EOP、AP)を配合

花丸半永久的に抗酸化作用を発揮し、お肌の酸化を防ぐ金コロイドを配合

花丸無香料・無着色、旧指定成分やパラベン、フェノキシエタノールほか、アルコール性防腐剤など、お肌に不要な成分は無添加



今、お使いの美容液に効果を実感できない方、またお肌が敏感で美容液選びに悩んでいる方にも、ぜひ試していただきたいおすすめの美容液ですicon12



はじめてのお客様限定のおトクなキャンペーンも実施していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

目元・口元専用エイジングケア美容液 ナールスネオ


ナールス発売5周年企画!
オリジナル今治フェイスタオルプレゼントキャンペーンも実施中です。




  


Posted by ナールス広報部員 at 10:28Comments(0)製品情報ナールスネオ

2018年03月11日

春こそ肌老化の原因「紫外線」対策を!

こんにちは、ナールス広報部員です。

麗らかな日和に、春の気配を感じる今日この頃です。
桜の開花も待ち遠しいですね花







春の陽気に心も弾む季節ですが、この時期はスキンケアやエイジングケアで気をつけていただきたいポイントがいくつかあります。

というのも、3月は
・まだまだ寒暖差が大きく、体調を崩したり、お肌への負担も大きい
・2月に比べ、急激に紫外線量が増える
・花粉や黄砂、ホコリなどで、お肌は刺激を受けやすい

などの季節的な特徴があるからです。


このため、お肌のバリア機能やターンオーバーが乱れがちになり、お肌の乾燥を招いたり、季節の変わり目特有のゆらぎ肌の症状が出ることも。






ですので、引き続き、お肌の保湿を心がけましょう花丸


加えて、気をつけていただきたいのは、春の紫外線対策

まだ陽ざしもやわらかなので、つい油断しがちですが、3月の紫外線量は9月と同等といわれています。






地表に届く紫外線の中でも、UVAはお肌の奥の真皮まで達し、ハリや弾力を失わせて光老化をひきおこす原因に。
シミだけでなく、しわやたるみ、くすみといったエイジングサインを目立たせてしまいます。

UVAは、雲の影響も受けにくく、窓ガラスも透過するので、曇っていても、室内にいても、注意が必要です。



ナールスエイジングケアアカデミーでは、この時期のスキンケアやエイジングケアのコツを
春は目の前!2018年3月のスキンケアとエイジングケア
の記事にまとめご紹介しています。

紫外線対策をはじめ、保湿やクレンジングのポイント、さらにおすすめレシピなども紹介していますので、ぜひ春の美肌づくりの参考にしてくださいねicon12


また、紫外線対策についてしっかり学びたいという方は、
紫外線ダメージで肌老化!効果的に防ぐ対策でエイジングケア
の記事をご覧ください。

  


Posted by ナールス広報部員 at 12:10Comments(0)美容最新情報ナールスユニバナールスネオ

2018年03月04日

3月のプレゼントは目元・口元のケアに使っていただきたいナールス ネオ⭐️

こんにちは、ナールス広報部員です。

恒例!ナールス製品があたる icon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズ icon12


毎回、季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!

楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけましょう花丸







さて、今回のクイズのテーマは「花粉症と肌荒れ」についてです。


3月に入り、少しずつ春の気配を感じるようになってきました。
暖かくなって生きものたちが土から出てくる時期を表す二十四節気の「啓蟄」もすぐそこ。
本格的な春が待ち遠しいですね。


ただし、花粉症に悩まされている人にとっては、春はツライ季節でもありますね。
目のかゆみやくしゃみ、鼻水などの症状が出ている人も多いのではないでしょうか。







また、花粉によって肌が赤くなったり、かゆくなったりする炎症が出てしまう
花粉性皮膚炎にも注意が必要です。


花粉が原因の肌荒れは、いわゆる花粉症の症状がなくても、目の周りや首など、皮膚が薄く肌が露出している部分に出やすくなります。
マスクやサングラスなどで花粉を防止するとともに、乾燥している部分に症状が出やすいので保湿を心がけましょう。






ということで、今月のクイズは、花粉症と肌荒れについて知っておいていただきたいワンポイント情報から出題しています。


クイズは3択。ぜひ、チャレンジしてくださいね。


今月のプレゼントは、春の目元・口元のエイジングケアにお使いいただきたい
ナールス ネオです。

正解者の中から抽選で3名の方にプレゼントしますicon27



クイズの詳細とご応募については、こちらをご覧ください。
3月のエイジングケアクイズは「花粉症と肌荒れ」についてです★


また、クイズのヒントは花粉による肌荒れ「花粉症皮膚炎」は、治療とスキンケアで保湿をご覧ください。


たくさんのご応募をお待ちしていますビックリ


  


Posted by ナールス広報部員 at 10:05Comments(0)活動肌悩み別対策ナールスネオ

2018年01月31日

春を待ちわびる2月のスキンケアポイントは?

こんにちは、ナールス広報部員です。

2018年も、早1カ月が過ぎようとしています。
まだまだ真冬の寒さが続いていますが、立春を迎え、少しずつ春の気配を感じ始める2月に突入ですね花束


ということで、今回は2月に気をつけておきたい、スキンケアやエイジングケアのポイント情報をお届けします。






どの季節でも、スキンケアやエイジングケアの基本は「清潔」「保湿」「紫外線対策」ですが、1月に次いで気温や湿度が低い2月は

*保湿を徹底し、顔はもちろん身体全体の乾燥対策を行う
*1月に比べ紫外線量が増えるため、紫外線対策を意識する
*本格的な花粉の季節到来!マスクなどを活用して花粉症対策を行う


などを実践しましょう。







特に保湿に関しては、保湿化粧水や美容液を使った保湿ケアに加え、「水分の蒸発を防ぐ」はたらきをする乳液や保湿クリーム、美容オイルなどを活用することがポイントです。

健やかな素肌で春を迎えるためにも、乾燥を防ぎ、お肌のバリア機能とターンオーバーを正常に保ちましょうicon12


さらに、寒さによる体調の悪さがお肌の不調をもたらすことも多いので、引き続き「冷え」にも注意をしておきたいですね。

お風呂で温まる、温かな食べ物を摂ることに加え、下着や靴下による温活を取り入れてみるのもおすすめです。



さて、ナールスエイジングケアアカデミーでは
春が待ち遠しい!2018年2月のスキンケアとエイジングケア
の記事に、2月のスキンケアやエイジングケアの実践ポイントをまとめ、詳しくご紹介しています。


ビタミンCが豊富な かじきとれんこんのナポリタン風焼うどん のレシピもご紹介していますので、ぜひご覧くださいね 。レシピや情報のご提供は、「T’s FOOD LAB」さんです。







記事はこちらです花丸
春が待ち遠しい!2018年2月のスキンケアとエイジングケア

  


Posted by ナールス広報部員 at 11:55Comments(0)美容最新情報ナールスユニバナールスネオ

2018年01月01日

⭐️新春の美肌づくりはナールスブランドで⭐️

新年あけましておめでとうございます。

ナールス広報部員です。

2018年も、ナールスブランドのエイジングケア化粧品を通じて、みなさまの健やかなカラダや美肌づくりをサポートしてまいりますicon12

今年もどうぞナールスをよろしくお願いいたします。







さて、今回は2018年のスタートにふさわしく、新春1月のスキンケア情報をお届けします。


どの季節でも、スキンケアやエイジングケアの基本は「清潔」「保湿」「紫外線対策」ですが、1年で最も寒く乾燥する時期を迎える1月は

*保湿による乾燥肌対策を強化する
*特に、水分の蒸発を防ぐため、クリームなどで油溶性成分を取り入れる
*顔のお肌だけでなく、手足やひじ、かかとなどの乾燥を予防する
*乾燥を防ぐためにもやさしいクレンジング、洗顔を心がける
*食事など日常生活にも気をつけ、冷えを予防、改善する


などが大切なポイントになります。


大寒を迎える1月は、特に寒さによる体調不良がお肌の不調をもたらすことも多いので、体調管理にはいつも以上に気をつけたいものですね。





ナールスエイジングケアアカデミーでは、
新春!2018年1月のスキンケアとエイジングケア
の記事に、1月の季節特性を踏まえたスキンケアややエイジングケアの実践ポイントをまとめ、詳しくご紹介しています。


ぜひお読みいただき、寒さに負けない素肌づくりにお役立ていただくとともに、気持ちも新たに、この1年間もごいっしょにスキンケアやエイジングケに取り組んでいきましょう!

記事はこちらです。
新春!2018年1月のスキンケアとエイジングケア


ナールスブランドの製品については、こちらをどうぞ花丸
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品のことならナールスコム

  


Posted by ナールス広報部員 at 00:10Comments(0)美容最新情報ナールスユニバナールスネオ

2017年09月25日

“保湿の秋”がやってきた!?

こんにちは、ナールス広報部員です。

日暮れがだんだん早くなり、季節の移ろいを感じる今日この頃です。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?






強い紫外線や汗、皮脂に悩まされた夏が終わり、今はお肌にとっても比較的過ごしやすい時期といえますが、スキンケアやエイジングケアで気をつけておきたいポイントがあります。

それは、保湿

どの季節であっても、保湿は清潔、紫外線対策と並んでスキンケアの基本ですが、特に秋本番へと向かうこの時期は、保湿を意識することが大切なのです花丸


というのも、今お肌は
・夏に受けた紫外線ダメージによって、ターンオーバーが乱れがち
・そのため、お肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすい
・季節の変わり目でお肌がゆらぎやすく、敏感な状態

になっている可能性が。


お肌がごわつく、くすみが目立つ、いつもの化粧品が合わなくなってきた…
このような肌悩みが出ている方も多いのではないでしょうか。


保湿といえば、気温・湿度が低下して乾燥肌のリスクが高まる冬のものと考えがちですが、夏の肌疲れを解消しておきたい秋こそ、ていねいな保湿を心がけ、本格的な乾燥の季節に備えておきたいですね。


たとえば、よりお肌の保湿力を高めるための美容液や保湿クリームをプラスしたり、乾燥の原因をつくらない生活習慣を心がけるなど、お肌の外側、内側両面からの工夫が大切ですicon12






ナールスエイジングケアアカデミーでは、保湿力アップのための実践方法を
秋が深まる!2017年10月のスキンケアとエイジングケア
の記事にまとめ、ご紹介しています。


10月の季節的な特徴をふまえ、この時期にふさわしいスキンケア、エイジングケアのポイント、また日常生活で気をつけたい点などもわかりやすく説明していますので、ぜひ参考にしてくださいね。






美肌に効く10月の食べ物、レシピもご紹介していますよicon12


記事はこちらです。
秋が深まる!2017年10月のスキンケアとエイジングケア


  


Posted by ナールス広報部員 at 13:30Comments(0)美容最新情報ナールスユニバナールスネオ

2017年08月17日

レジャーの後は、紫外線のアフターケアを!

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、8月も後半戦。
みなさん、この夏のレジャーは楽しまれましたか?

ご家族で、友人たちと、カップルで…
海や山、話題のスポットに出かけられたのではないでしょうか。






夏のレジャーでの心配事といえば、やはり日焼けですよね。
しっかり紫外線対策していても、屋外で長時間強い日差しを浴びてしまうと、紫外線ダメージが気になりますね。

今回は、そんな日焼けのアフターケアについておさらししてみることにします。


実は、紫外線対策は、日焼け止めを塗るなどの予防以上にアフターケアが重要だといわれているのです。

今日、紫外線を浴びたからといって、明日シミになるわけではありませんが、ダメージが少しずつ蓄積され、5年後10年後のシミやしわ、たるみなどの原因に。
夏休み中、屋外でたっぷり陽ざしを浴びてしまったというみなさんは、以下の、アフターケアをぜひ意識してみてくださいね。






*十分な睡眠でダメージを回復しましょう

眠っている間に分泌がさかんになる成長ホルモンは、日中に受けたダメージを回復させてくれます。
うっかり日焼けによる紫外線ダメージの回復には、まずは十分な睡眠で活性酸素で疲れたお肌や体を回復させましょう。


*抗酸化食品をしっかり摂取しましょう
 
健やかなお肌や体へと回復させるカギとなるのは、色素沈着の原因であるメラニン色素やシミ、しわの原因となる活性酸素を抑える栄養素を含む食品を摂取することです。

たとえば、にんじん、ほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれるβ―カロテン(体内でビタミンAに変わる)には活性酸素を消す働きが。また、メラニン色素の生成も抑制してくれます。

アボカド、キウイ、ナッツ類などに多く含まれるビタミンEも紫外線ケアには必要不可欠な栄養素。
コラーゲンなどの細胞の破壊を防ぎ、血行をよくすることでターンオーバーを正常にし、メラニン色素の排出を促します。

さらに、抗酸化物質の代表といえばビタミンC
いちごやアセロラ、オレンジ、グレープフルーツなどの果物の他、ブロッコリー、ジャガイモ、赤ピーマンやゴーヤなどに多く含まれています。

つまり、食事のポイントは、ビタミンエース(A・C・E)の摂取。同時に取るとさらに効果アップが期待できるので、効率よく食べたいですね。






*ビタミンA、C、Eを配合した化粧品でスキンケア!

とはいえ、食べるビタミンA、C、Eは、すぐに皮膚まで届かなかったり、すべてがお肌に使われるわけではありません。

ですので、レジャーやスポーツで紫外線を浴びた後には、これらの成分を配合したエイジングケア化粧品でていねいなお手入れを心がけましょう。


紫外線による光老化抑制効果のあるエイジングケア成分ナールスゲンを配合するとともに、ナールスゲンとの相加効果を発揮するビタミンC誘導体をはじめ、ビタミンA誘導体(レチノール、レチノイン酸トコフェリル)、ビタミンE誘導体などの抗酸化成分が配合されたエイジングケア化粧品「ナールス」なら、紫外線のアフターケアは万全ですよ!



紫外線のアフターケアのこと、もっと詳しく知りたいという方はこちらのwebサイトの情報も、ぜひ参考にしてみてくださいね。
アフターケアの決め手は、ビタミンACEと抗酸化物質


ナールス化粧品の詳しい情報は、こちらをどうぞ花丸
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ならナールスコム


  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)肌悩み別対策ナールスユニバナールスネオ

2017年07月22日

ダイエットでほうれい線が目立ってホント!?

こんにちは、ナールス広報部員です。

夏本番!暑い日が続いていますが、みなさんお肌の調子はいかがですか?

暑さに負けて、食欲不振や睡眠不足になっていませんか?
身体の不調は、お肌にも影響してきますので、十分に気をつけたいですね。

とくに、薄着になる夏に向けて、がんばってダイエットしてきたという人は
要注意です。

というのも、

ダイエットには成功したけど、いやなほうれい線が目立ってきた…

という方がちらほらいらっしゃるからです。






エイジングケアの大敵ほうれい線は、顔のたるみがそもそもの原因。

ですが、急激なダイエットによって、

表情筋の筋力低下
•コラーゲンやエラスチンなどの不足
•血管やリンパ管の栄養不良


がおこり、お肌がたるむことでほうれい線が目立ってしまうことがあるのです。


さらに、急激なダイエットは身体へのストレスが大きく、体内で活性酸素を発生させ、
お肌の老化をすすめてしまうことをご存じでしたか?

肥満解消は健康のためには大切ですが、極端にカロリーを抑えたり、
たんぱく質を摂取しないなど栄養面での偏りがあると、痩せて美しくなるどころか、
美肌からは遠のいてしまうのです。






では、ダイエットをする場合、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

ナールスエイジングケアアカデミーでは
ほうれい線に急激なダイエットは悪影響!食べ物と運動を考える
の記事に、ダイエット中の食事のポイントや日常生活での注意点をまとめ、
わかりやすく解説しています。

ほうれい線予防のためのエイジングケア化粧品の情報もありますので、
ぜひ一度お読みくださいね花丸


記事はこちらです。
ほうれい線に急激なダイエットは悪影響!食べ物と運動を考える



  


Posted by ナールス広報部員 at 13:35Comments(0)肌悩み別対策ナールスユニバナールスネオ

2017年05月01日

5月は、美容液のプレゼントクイズにチャレンジ!

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、恒例となりました
ナールス エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12
今日から5月のクイズがスタートします!


毎月、エイジングケアに関するクイズを出題し、正解者の中から抽選で3名の方に
ナールス製品をプレゼントしていますので、エイジングケアの知識を身につけながら
みなさんどんどんチャレンジしてみてくださいね。


5月といえば、急激な気温の上昇で、汗や皮脂が増えたり、
紫外線が強くなってきたりと、お肌にとっては要注意ポイントがいろいろ。


そんな5月のエイジングケアの要は美容液!ということで
今月のクイズは、美容液について知っておきたい情報から出題しています。






クイズは3択になっていますので、3つの中から正しいものを選んでご回答くださいね。


ナールス エイジングケアアカデミーにある
「美容液ランキングではわからない「エイジングケア美容液」の選び方 7つの秘密」
の記事をお読みいただくと、ヒントがありますよ電球


クイズの詳細とご応募については
5月のエイジングケアクイズ。「美容液」について知ってる?! 
~毎月3名様にナールス製品プレゼント

をご覧ください。


また、4月のクイズの回答と解説も載せておりますので、
答え合わせもしてみてくださいね花丸

たくさんのご応募お待ちしていますビックリ


ナールスブランドの各製品の情報はこちらをどうぞ。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ならナールスコム







  


Posted by ナールス広報部員 at 15:00Comments(0)活動ナールスネオ

2017年03月27日

エイジングケアに注目の成分「ヒト型セラミド」って?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて今回は、このブログでも何度かご紹介している
「セラミド」についてのお話です。

セラミドといえば、最強の保湿成分涙icon12

セラミド配合のエイジングケア化粧品もたくさんあるので
乾燥肌対策などにすでにお使いの方も多いでしょうね。






ところで、みなさんは、そのセラミドについて
どれくらいの知識をお持ちでしょうか?

少しおさらいしますと、セラミドはもともと私たちの体内にあって、
お肌のバリア機能の一部分を担っている成分です。
バリア機能の中でも、主にうるおい保持を担っているのが、皮脂膜や
角質層内にある天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質です。

セラミドは、この細胞間脂質の約50%を占める主成分で、お肌のうるおいに
欠かせないはたらき
をしています。


ただし、年齢とともにセラミドは減ってしまうので、セラミドが不足すると
お肌の乾燥の原因に。
こうした乾燥肌を改善するためには、セラミド配合のエイジングケア化粧品で
補うのが有効とされています。






しかし、もともと体内にあるセラミドと化粧品成分で補うものには違いがあり、
また、化粧品成分のセラミドにもいくつかの種類があるのです。


化粧品成分の中で、エイジングケアに高い効果が期待されているのは、
お肌のセラミドとほぼ同じ構造を持つように生成された「ヒト型セラミド」
お肌への親和性が最も高く、他の種類のセラミドと比べると、
保湿力や浸透力に優れていることや、刺激が少ないことが特徴です。

実は、化粧品にセラミドという表示が許されているのは、
ヒト型セラミドだけなのです。

ひと口にセラミドといっても、奥が深いですね。


そんなちょっとむずかしいセラミドおよびヒト型セラミドの
分類や特徴、それぞれの違いをわかりやすく紹介しているのが

nahlaエイジングケアアカデミー
保湿効果の高いヒト型セラミド。種類による特徴と違いは?
の記事です。


成分表記の見方についても説明していますので、セラミド配合の
エイジングケア化粧品を選ぶ際の参考にしてください花丸

記事は、コチラです。
保湿効果の高いヒト型セラミド。種類による特徴と違いは?


  


Posted by ナールス広報部員 at 11:15Comments(0)成分ナールスユニバナールスネオ

2016年10月25日

その表情がおでこのしわをまねく!?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、みなさんは、遠くを見るとき目を細めたり、
何かを考えるとき、つい眉間にしわを寄せてしまっている、
なんてことはありませんか?






そんな表情のクセを続けていると、おでこ(額)のしわ
できやすくなるのをご存じでしょうか。

しわは、多くの女性を悩ませるエイジングサインの1つですが、
顔の中でもおでこはしわができやすい場所なのです。
また、おでこは面積が広いため、しわができると目立ってしまいます。


おでこのしわには、大きく分けて
・横ジワ
・縦ジワ
・ちりめんジワ

の3つがあり、乾燥、紫外線ダメージ、表情筋の衰え、表情のクセなど
それぞれにできる原因が違ってきます。

おでこのしわは、老けた印象を与えるだけでなく、
疲れて見えたり、不機嫌な印象を与えてしまうことも。

一度できてしまうと、解消することが難しいため、
できる前から予防することや、今以上に深くなってしまわないよう、
日頃からしわができる原因を避け、またしっかりケアすることが大切です花丸






では、どんなことに気をつけ、日頃のスキンケアやエイジングケアは
どのようにすればいいのでしょうか。


nahls エイジングケアアカデミーでは、
おでこ(額)のしわを消す!原因と予防・改善のための対策
の記事で、そんな悩ましいおでこのしわについての
原因や予防・改善のための対策を詳しく説明しています。

おでこのしわが気になる方、早めに予防したい方は
ぜひお読みくださいね。

記事はこちらからどうぞ。
おでこ(額)のしわを消す!原因と予防・改善のための対策


  


Posted by ナールス広報部員 at 11:58Comments(0)肌悩み別対策ナールスユニバナールスネオ