2016年09月27日

秋を楽しもう!ちょっと、その前に

こんにちは、ナールス広報部員です。

陽ざしが和らいで、吹く風が心地よく感じる今日この頃です。
日暮れもだんだん早くなり、季節の移ろいを感じますね。

運動で一汗流すのにもいい時期なので、この秋からスポーツを
始めたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。






適度な運動は、代謝を高めてくれるため、
健康にも、また美肌づくりにも効果的です。

ただし、スポーツを楽しむ前に、秋はお肌にとって
気をつけなければならない注意点がいくつかあります。
今回は、今のお肌の状態とスキンケアのポイントをおさらいします花丸


強い紫外線や汗、皮脂などに悩まされた過酷な夏が終わり、
今のお肌は落ち着いているように感じますが、

・季節の変わり目でお肌が揺らぎやすく、敏感になっている
・夏の紫外線のダメージによって、ターンオーバーが乱れがち
・同じく、紫外線によってバリア機能が低下し、乾燥しやすい


など、秋のお肌は不安定な状態にあります。

春先と同じように、花粉などのアレルギーに悩まされている人も
多いのではないでしょうか。

これから気温も低下して空気が乾燥し、皮脂の分泌量も低下します。
つまり、お肌はますます乾燥しやすくなるということ。
お肌の乾燥は、さまざまな肌トラブルの原因となるため、
日頃から気をつけておきたいですね。

このブログでも何度もお伝えしているように、
スキンケア、エイジングケアの基本は「保湿」です。

保湿といえば、乾燥肌のリスクが高まる冬のものと思われがちですが、
夏の肌疲れを解消しておきたい秋こそ、ていねいな保湿を心がけ
本格的な冬の乾燥に備えましょう。







加えて、紫外線対策も引き続き重要です。

陽ざしが和らいだとはいえ、この時期の紫外線量は、
ピーク時の7割〜8割、初夏の頃と同じともいわれています。

夏の紫外線ダメージが残っているところに、さらに紫外線の影響を
受けてしまうと、お肌の老化を一層進めてしまうことになります。

スポーツや外出の際には、日焼け止めはもちろん、帽子やサングラスなどの
UVケアグッズでお肌を守ることをお忘れなく!


さて、ナールスの通販公式サイト ナールスコムでは
ナールスブランドの各製品をご紹介するとともに、
スキンケア、エイジングケアにお役立ちするコンテンツも充実させていますicon12

保湿に関しては
皮膚科学で考える 敏感肌・インナードライ肌対策の秘訣!

紫外線ケアについては
これだけは知っておきたいスポーツウーマンのスキンケア

の各コンテンツが参考になると思いますので、ぜひご一読くださいね。


ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ならナールスコム


  


Posted by ナールス広報部員 at 10:22Comments(0)ナールスピュア美容最新情報ナールスユニバ

2016年09月20日

エイジングケアアカデミーがラジオのクイズ番組に!?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、みなさんに、たびたびご紹介している
エイジングケアの知識を学ぶための情報サイト
nahlsエイジングケアアカデミー

そのエイジングケアアカデミーが、サイトを飛び出し
ラジオ番組に出張(!?)することになりました!


神戸エリアを中心に放送されているラジオ局kiss FM KOBE

その中の「バンディ’s What Going On!」という番組の一コマで、
知っているようで知らないエイジングケアの知識について
クイズ形式で勉強することになったのです花丸






実は、その収録が9月13日に行われ、ナールス事業部の富本(社長です!)と
ナールスコムの店長村上が番組に出演してきました。






クイズを出題するメインキャスターは、
ハワイに恋するヒーリングサロンmahahaの田之上多恵子さん(写真向かって右の方)icon12

そして、回答者は、シンガーソングライターの新堂彩さん(写真向かって左の方)ですicon12

クイズの正解と解説を村上がさせていただきました。





放送は、10月2日、9日、30日の夜9時〜9時30分。

5分間ほどの短いコーナーですが、エイジングケアの基本が
ぎゅぎゅっと詰まった内容になっています。

神戸にお住まいの方、関西の方は、ぜひぜひご試聴くださいね。

また、ラジコなら全国どこででも聴けますよ。


正しいエイジングケアを一緒に学ぶ情報サイト
nahlsエイジングケアアカデミー


   


Posted by ナールス広報部員 at 09:00Comments(0)活動

2016年09月16日

この秋実践したい美肌のためのバランス食事法

こんにちは、ナールス広報部員です。


空の色や風の心地よさに、季節の移り変わりを感じる今日この頃です。
秋の味覚も届きだしていますね。






エイジングケアにとっては、規則正しい生活習慣が基本ですが、
なかでも、バランスの良い食事は、お肌の内側からのケアとして大切です。

今回は、秋の味覚をおいしく食べて、美肌づくりに役立てるためのコツや
何かと不足しながちな栄養素についてお話します。

まず、ご紹介したいのは、食材を5つに色わけして毎食ごとに
5色の色の食材をまんべんなく食べるというもの。
バランスよく食べるのは、けっこう難しいものですが、
この食事法なら簡単に、楽しみながら実践できるのではないでしょうか。


食材の色分けは、

 …… 肉類、マグロ、サケ、イワシ、サバ、にんじん、トマト、イチゴ、柿
…… ほうれん草、小松菜、春菊、ブロッコリー、ピーマン、キャベツ、緑茶
 …… 納豆、油揚げ、味噌、卵、チーズ、かぼちゃ、さつまいも、みかん、レモン 
白 …… ごはん、パン、うどん、白身魚、豆腐、牛乳、白菜、大根、タマネギ
 …… ワカメ、昆布、ひじき、海苔、こんにゃく、黒ごま、しいたけ、しめじ

などに分類されています。
ほぼ、見た目の色が基準ですね。

現代人に不足しているのは、「黒」や「緑」の食材といわれているので、
意識して摂取しましょう。










また、不足しているものといえば、「油」があります。

「油って、足り過ぎているのでは?」
「たくさん摂ると、肥満につながるので避けたい」

といった声が聞こえてきそうですが、実は、足りない油とは、
オメガ3系(α-リノレン酸など)の油のことで、
代表的なものとしては、えごま油、アマニ油、魚の油などがあります。


オメガ3系の不足の原因は、日本人が魚を食べることが少なくなったからとか。
不足することによって、脳機能の低下が指摘され、体内で合成することも
できない油なので、魚の摂取を心がけたいですね。
もちろん、魚に含まれる豊富なたんぱく質は、美肌づくりに欠かせません。

逆に、オメガ6系(リノール酸など)のサラダ油やごま油は、
さまさまな食品に含まれているので、摂取過多になりがちといいます。
健康のためには、できる限り控えましょう。

秋の深まりとともに、ますます食べ物がおいしくなる時期だからこそ
日常の食生活を見直してみるのもいいかもしれません。




  


Posted by ナールス広報部員 at 08:30Comments(0)周辺情報

2016年09月12日

美容ブロガーに学ぶ、失敗のない酵素洗顔選び

こんにちは、ナールス広報部員です。

少しずつ、秋の気配が漂い始めましたね。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?

今回は、過酷な夏を乗り越えたこの時期のお肌に取り入れたい
スキンケアとして酵素洗顔をご紹介します。






酵素洗顔とは、酵素のたんぱく質や脂肪を分解する作用によって、
古い角質や余分な皮脂、毛穴の汚れなどを取り除くことができる洗顔料のこと。

紫外線や汗、皮脂、エアコンによる乾燥などのダメージで、
お肌がごわつく
くすみが気になる
毛穴の黒ずみが目立つ

といった肌トラブルに悩んでいる方におすすめです花丸


でも、使ってみようと思っても、たくさんある酵素洗顔料の中から
自分のお肌に合ったものを選ぶのは難しいですよね。

また、酵素の種類、泡立ち、洗い上がりの感触などもさまざまなので、
どんなものを選べばいいのか、迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。






そんな酵素洗顔初心者の方に、参考にしていただきたいのが
「発表!2016年度の洗顔パウダーランキングNo.1は?」のサイトです。

このサイトでは、洗顔パウダーの中から話題の製品を5つピックアップ。
雑誌などでもご活躍の美容ブロガーさんたちに実際に使い比べてもらうことで、
その使用感を評価、分析しているのです。

評価は、
1.粒子の細かさ
2.泡立ち
3.洗浄力
4.すすぎやすさ
5.洗顔後の感触

の5項目。

すべての製品をしっかり使ってみてからの評価なので、信頼できますよね。
また、美容ブロガーさんたちは、酵素洗顔のエキスパート。
それぞれの製品についてのコメントも、なるほどと頷けます。

酵素洗顔選びや使い方の参考に、一度のぞいてみてくださいね。
サイトはこちらです。
「発表!2016年度の洗顔パウダーランキングNo.1は?」




  


Posted by ナールス広報部員 at 09:00Comments(0)肌悩み別対策ナールス フォーム

2016年09月07日

頭皮がたるむとフェイスラインもたるむ!?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、みなさん、最近鏡を見て、

なんか、目ヂカラがなくなってきたなぁ
まぶたが下がってきたような気がする…


なんてこと、ありませんか?

毎日、しっかりスキンケアしているのに、ハリ不足が気になる
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こんな場合は、頭皮のたるみを疑ってみてもいいかもしれません。






「え!?頭皮もたるむの?」と思われた方、
そう、頭と顔、からだの皮膚は1枚でつながっています。

で、頭の皮膚の構造は顔と同じで、加齢によってお肌のハリや弾力を支えている
エラスチンやコラーゲンが変性してしまうと、ハリ・弾力が失われ、
また、筋肉の質も低下することで、たるみが生じてしまうのです。


頭皮がたるむと、その結果、顔の皮膚も影響を受けるので、
いや~なフェイスラインのたるみにつながっていきます。

頭皮がたるむ原因は、さまざまありますが、
加齢はもちろん、紫外線による乾燥、血行不良、睡眠不足やストレスによっても
たるみを引き起こしてしまうのです。

つまり、顔といっしょ。
頭皮も、たるみを防ぐためのエイジングケアを意識することが大切なのですね。






とくに今は、夏の強い紫外線の影響で、顔のお肌も髪も頭皮も
ダメージを受けて弱っている時期。

顔のスキンケア、エイジングケアと同様に、頭皮もしっかりケアすることで
頭皮のたるみを改善し、顔のたるみ解消へとつなげましょう。


ということで、参考にしていただきたい記事の紹介です花丸

頭皮のたるみケアも、エイジングケアでは大切

の記事には、頭皮の特徴やたるみの原因、また、たるみ予防のための
日常のケアからスペシャルケアまでを解説しています。

ぜひお読みいただき、日ごろはあまり気にかけない頭皮も
いたわってあげてくださいね。

そして、すっきりフェイスラインをめざしましょうicon12


記事は、こちら↓

頭皮のたるみケアも、エイジングケアでは大切


  


Posted by ナールス広報部員 at 09:55Comments(0)美容最新情報肌悩み別対策

2016年09月02日

乳液と保湿クリームの使い分けって!?

こんにちは、ナールス広報部員です。

9月に入り、朝晩は少し涼しくなってきましたね。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?


さて、どの季節に限らず、美肌づくりの基本は保湿
1年を通して、毎日のスキンケアに保湿アイテムは欠かせませんねicon12

ところで、日ごろお使いの保湿アイテム、
みなさんは、クリーム派でしょうか?それとも乳液派
乳液とクリームのダブル使いをしている、という方もいらっしゃるでしょうね。







オールインワン化粧品1つで、保湿を済ませているという方も
もちろんいらっしゃると思います。

「そもそも、保湿クリームと乳液って、何が違うの?」
「両方を使った方が、保湿が強化されるの?」
「どちらかを使う場合、何を基準に選べばいいの?」

など、乳液とクリームの使い分けについては、迷うことが多いですよね。

実は、保湿クリームも乳液も、基本的な役割は同じ。
油分や有効成分を補うとともに、「水分の蒸発を防ぐ」という役割があるのです。

では、何が違うかというと、油分と水分の配合バランス

保湿クリームの場合、油溶性成分は25~50%程度が配合され、
乳液の場合は15~20%程度なのです。
そのため、クリームは重くてしっとりとしたテクスチャーで、
乳液の方が軽いつけ心地ということができます。






つまり、化粧品の役割からいえば、重なってしまうため、
クリームと乳液の両方を使う必要はありません。

基本的には、自分の好みで選んで使い分ければいいのですが、
その際、正しいエイジングケアの知識があれば、より効果的な使い方ができます。

保湿クリームと乳液って、両方使う必要あるの?正しいエイジングケアのために

の記事では、乳液と保湿クリームの上手な使い分けの例をご紹介しています。
もちろん、それぞれの違いやスキンケアにおける役割など、
基本情報についても詳しく解説しています。


保湿クリームと乳液って、両方使う必要あるの?正しいエイジングケアのために

をぜひお読みいただき、深まる秋に備えて、保湿の正しい知識と
効果的な保湿アイテムの使い方をマスターしてくださいね花丸







  


Posted by ナールス広報部員 at 09:00Comments(0)美容最新情報ナールスユニバ
アクセスカウンタ