ナールスでキレイ習慣 › ナールスユニバ › 肌悩み別対策 › 夏の肌ダメージを秋に持ち越さないために

2016年08月20日

夏の肌ダメージを秋に持ち越さないために

こんにちは、ナールス広報部員です。

まだまだ暑い日が続いていますが、
お肌はそろそろ秋の準備を意識したい頃ですね。

というのも、夏は強い紫外線やエアコンによる室内の乾燥など、
お肌にとっては過酷な環境にあるため、知らず知らずのうちに、
ダメージが蓄積されている可能性があります。






特に、お肌の老化の80%は紫外線が原因といわれるほど、
紫外線による刺激は、お肌のバリア機能を低下させ、乾燥肌を悪化させたり、
角質肥厚や毛穴づまりなどの秋の肌トラブルにつながります。

・お肌がごわごわして、硬くなった感じがする
・目元や口元、頬のあたりがカサカサしてきた
・なんとなくハリ不足で、顔色もくすみがち
・お肌のキメが荒くなったように感じる


こうした肌トラブルを抱えたままで秋を迎えると、
気温や湿度の低下によって、お肌の乾燥はますます進んでしまうことに。
秋のファッションを着こなしても、メイクのノリがイマイチ…
なんてことにならないよう、夏のダメージをしっかり回復しておきましょうicon12


そのためのポイントは、なんといっても保湿

スキンケア、エイジングケアの基本である保湿を重視し、
水分をしっかり保持できる潤いのあるお肌へと整えることが大切です。


たとえば、夏の間、強めのクレンジング剤を使ってさっぱり洗顔を好んでいた人も、
大切な皮脂まで落としているかもしれないので、お肌にやさしいクレンジング&洗顔を
見直してみましょう。

また、洗顔後、べたべたするからと化粧水だけで済ませていた人も
化粧水でたっぷり水分補給した後は、美容液や乳液でうるおい成分を補うとともに、
保湿クリームでフタをして水分の蒸発を防ぐ、基本のスキンケアを徹底しましょう。







加えて、うるおいのある素肌づくりのためには、内側からのケアも大切ですね。

ビタミンA・C・Eや良質のたんぱく質などをバランスよく摂取し、
体の内側からもお肌のうるおいをサポートしましょう。






そして、こんな季節の変わり目の保湿ケアにおすすめしたいのが
高機能美容クリーム ナールスユニバです。

ナールス ユニバは、ナールスゲンを推奨濃度で配合し、コラーゲン、エラスチン、HSP47の
3つの美肌たんぱく質の生成をサポート。

また、3種のヒト型セラミド(セラミド2、セラミドNP、セラミドAP)を配合することで、
乾燥からお肌を守り、表皮のバリア機能を高めうるおいをキープします。


さらに、ビタミンC誘導体やビタミンA誘導体が紫外線によってダメージを受けた
コラーゲンやエラスチンにはたらきかけ、お肌のハリ・弾力をサポート。
夏の肌ダメージの回復には、ぴったりの保湿アイテムなのです花丸


軽く、伸びのいいつけ心地、つけた翌朝のお肌のしっとり感を
ぜひ体感してくださいね。

ナールス ユニバの詳しい情報は、こちらをご覧ください。

ナールスゲン推奨濃度配合のエイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ

エイジングケア化粧品ならナールスゲン配合 | ナールスコム





♥ナールス製品のこと、スキンケアのこと、何でもお答えいたします。 お気軽にお電話ください。  0120-700-535(平日9:00~18:00) エイジングケア化粧品ナールスピュア
同じカテゴリー(ナールスユニバ)の記事画像
いよいよ12月☆冬本番のスキンケアポイントは?
お肌も冬支度を始めましょう!
10 月のプレゼントはエイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ☆
いよいよ秋本番!気をつけたいスキンケアポイントは?
秋はすぐそこ?秋準備はスキンケアから!
美肌の大敵!光老化にご注意ください☆
同じカテゴリー(ナールスユニバ)の記事
 いよいよ12月☆冬本番のスキンケアポイントは? (2018-11-30 11:05)
 お肌も冬支度を始めましょう! (2018-11-07 12:51)
 10 月のプレゼントはエイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ☆ (2018-10-05 08:00)
 いよいよ秋本番!気をつけたいスキンケアポイントは? (2018-09-28 16:20)
 秋はすぐそこ?秋準備はスキンケアから! (2018-08-23 11:15)
 美肌の大敵!光老化にご注意ください☆ (2018-07-27 12:25)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。