ナールスでキレイ習慣 › ナールスリジェ

2024年07月05日

ナールスは11周年を迎えました✨✨

こんにちは、ナールス広報部員です。

本日はナールスの発売記念日icon12


2013年7月5日、ナールスゲン配合エイジングケア化粧水ナールスピュアを新発売し、ナールス化粧品がスタートしました。







その後、保湿クリームや美容液、クレンジングや洗顔料など品揃えを拡充し、今ではフェイスマスクなどのスペシャルケア、コラーゲンサプリによる内側からのケアなど、幅広くエイジングケアをサポートしています。

これもひとえに、みなさまのご愛顧の賜物と感謝しています。


ナールスゲンは、お肌の内側からコラーゲンを増やすはたらきのあるエイジングケア化粧品成分icon12


ナールスでは、その魅力を広く発信するとともに、正しくエイジングケアを行うために知っておきたい成分知識をはじめ、化粧品の使い方情報や肌悩み別のスキンケア情報などを、ナールスエイジングケアアカデミーで発信しています。


さらに、昨年の3月からは、新たに美容医療専門サイト ナールス美容医療アカデミーを立ち上げ、美容医療に興味がある方に向けて美容医療の基礎知識や肌悩みにあった施術などの幅広い情報をお届けしています。


これからも、ナールス化粧品を通じてみなさまの健やかな素肌づくりをサポートし、また2つの情報サイトを通じて、エイジングケアに役立つ知識・最新の美容情報のご提供に努めてまいります。

これからも、ナールスをどうぞよろしくお願いいたします。







今、ナールス公式オンラインショップでは、icon12ナールス11周年限定企画「夏の福袋」icon12のご予約を承り中です。

お得な上に、期間限定のアイテムもセットされていますので、この機会にぜひ、いろいろなナールス製品をお試しください!


詳しくはこちらをどうぞバラ
ナールス11周年限定企画「夏の福袋」


  


2024年02月23日

春先のお肌はくすみやすい?透明感を取り戻すには⭐️

こんにちは、ナールス広報部員です。


春のような陽気が続いたと思ったら、また冬の寒さが戻ってきました。

こうした寒暖差の大きな気候は、体の毛細血管が炎症を起こす寒暖差アレルギーを招いたり、お肌のターンオーバーの乱れにもつながってしまうのでご注意くださいね。







さて、本格的な春の訪れが待ち遠しいですが、今は春に向けてお肌のコンディションを整えておきたい時期でもあります。

というのも、乾燥の冬を乗り越えてきた肌は、ターンオーバーが乱れ古い角質が溜まりやすくなっています。


つまり、今のお肌はくすみやすい肌状態になっていて
透明感がない
顔色が悪く見える

といった肌悩みが出てきてしまうのです。







くすみの原因はさまざまですが、乾燥や冷えといった、寒さが厳しい時期ならではの肌環境が原因になっていることも。


たとえば、冷えによる血行不良はその一つ。

冷え性や顔冷えが原因で、血液の流れが滞ると、お肌の組織や細胞に十分な栄養が届かなくなります。

また、リンパの流れも悪くなって、老廃物の排出がうまくできない状態に。


血行不良とリンパの流れの悪化は、顔のむくみをもたらしたり、お肌のターンオーバーを乱します。

その結果、顔全体が暗く見えてしまうというくすみがこのタイプです。







また、乾燥によってキメが乱れると肌表面に凹凸をつくり、それが影になって暗く見えてしまいます。


お肌がくすんでいると、顔全体の印象も暗くなるので、待ち遠しい春に向けて改善しておきたいですねicon12


この時期のくすみ予防や改善のためのスキンケアは、保湿を中心とした乾燥肌対策が基本。

血行を促進するビタミンE誘導体配合のエイジングケア化粧品には抗酸化作用もあり、くすみケアとエイジングケアをサポートしてくれます。


フェイスマスクやフェイスマッサージを取り入れるのもおすすめです花丸



スキンケア以外では、からだを温めることが改善方法のひとつ。

入浴や温かい飲み物、運動習慣などで、日頃から冷えないように注意しましょう。







ナールスエイジングケアアカデミーの下記の記事もくすみ対策の参考にしてくださいね。
顔の肌のくすみの原因と改善・解消の7つのエイジングケア対策!
冷えで肌がくすむ!冬も透明感のある肌を育むためのケア

  


2024年01月18日

進化するヒアルロン酸⭐️その可能性とは?

こんにちは、ナールス広報部員です。


さて、ヒアルロン酸といえば保湿成分の代表選手ですねicon12

化粧水をはじめ、美容液、フェイスマスクなど、さまざまなスキンケアアイテムに配合されているので、多くの方になじみのある美容成分といえます。







ご存知のように、ヒアルロン酸の特徴は高い保水力

ヒアルロン酸1gでなんと6リットルもの水分を保持できるといわれています。

もともと、ヒアルロン酸は私たちの皮膚にもあるもので、真皮の主要構成要素であるコラーゲンとエラスチンの隙間を埋めて肌に弾力をもたらし、関節や眼、血管などにも存在してそれらのスムーズなはたらきを担っています。







残念ながら、年齢とともにヒアルロン酸の生成量は減っていき、60代では20代の半分程度。

そのため、肌や眼の乾燥関節の炎症などの原因になってしまうのです。


最近では、化粧品やスキンケア製品の成分が注目されることが多く、新しい成分、珍しい成分が話題になりがちですが、一方で、ヒアルロン酸のように昔から知られている成分の進化にも注目が集まっています。


たとえば、ヒアルロン酸はもともと高分子ですが、肌に浸透しやすいようにナノ化ヒアルロン酸やさらに小さな分子の浸透型ヒアルロン酸が開発されるとともに、肌内部からの水分蒸散を防いだり、紫外線を浴びた後の炎症を抑制する効果などの新たな機能も確認されています。


また、分子の大きさを調整する技術や分子の異なるヒアルロン酸を組み合わせた有用成分なども開発され、化粧品メーカーからはこれまでにない機能を持ったヒアルロン酸美容アイテムが登場しています。


ヒアルロン酸の研究や知見は、まだ未開拓の領域ともいわれているため、今後さらに研究が進んでいくと、新たな美肌や健康への効果に期待が高まりますね。






ヒアルロン酸のさまざまな機能、メリット・デメリットについては、ナールスエイジングケアアカデミーの各記事を参考にしてください。

ヒアルロン酸の新しい効果を発見!日焼けによるお肌の炎症を抑制
超低分子ヒアルロン酸なら角質に浸透してバリア機能を改善
ヒアルロン酸化粧品の保湿にはデメリットがあった!秘密と安全性

  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)成分ナールスエークレンズナールスリジェ

2023年12月29日

一年の肌疲れ解消には✨フェイスマスク✨を

こんにちは、ナールス広報部員です。


いよいよ今年も残り少なくなってきました。

皆さまにとって、2023年はどんな1年だったでしょうか?


気忙しい時ではありますが、この1年を振り返りつつ、がんばってきたお肌を十分に労ってあげたいですね。

大掃除や買い出しに疲れた夜は、ぜひicon12フェイスマスクのスペシャルケアicon12でゆったりと肌疲れを癒しましょう。






フェイスマスクは、マスクやシートによる密封効果で美容成分が肌の奥へ浸透しやすくなるため、保湿効果に優れています。


さらに、エイジングケア向きのフェイスマスクには、機能性の高い美容成分が凝縮されているので、より高い効果が期待できます。


即効性も高く
*お肌にハリがない
*くすみがちで顔色もさえない
*メイクのノリがイマイチ


そんな肌悩みの解消をサポートしてくれる頼もしいアイテムです。


新年を健やかな素肌で迎えるためにも、年末のスペシャルケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。






おすすめしたいのは、ナールスのエイジングケアフェイスマスクicon12ナールス リジェ パーフェクトマスク icon12

話題のヒト幹細胞培養液を配合したエイジングケアフェイスマスクです!


ヒト幹細胞培養液には、700種類以上のたんぱく質をはじめ、糖質と脂質、さらにEGF、FGF、VEGF、HGF、IGF、アディポネクチンなど、30種類以上の成長因子が含まれています。


もちろん、ナールス リジェにはナールスゲンを推奨濃度で配合。


このほか、プラセンタエキス、カルノシン、キュアパッション、ヒメフウロエキスといった最先端の美容成分がたっぷり美容液1本分(25ml)も入った贅沢なマスクです。


1年の肌疲れ解消にピッタリですよ花丸


詳しくは、こちらをチェックしてくださいね。
ナールスゲン&ヒト幹細胞培養液配合 ナールス リジェ パーフェクトマスク


また、ヒト幹細胞培養液を配合しリニューアルした商品として、エイジングケアローション ナールスピュアもおすすめです!


ハリ・ツヤ活性成分配合 エイジングケア化粧水ナールスピュア






さて、今年も1年ナールス製品をご愛顧いただき、また「ナールスでキレイ習慣」をお読みいただき、本当にありがとうございました 2ハート


2024年もより一層、みなさまの健康や美肌づくりをサポートできるように努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

どうぞ良いお年をお迎えください。

  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)成分ナールスリジェ

2023年12月16日

話題の幹細胞コスメ⭐️どんな効果が期待できる?

こんにちは、ナールス広報部員です。


さて、スキンケア化粧品がどんどん進化していく中、美容に関心の高い女性の間で話題になっているのがicon12幹細胞コスメicon12

聞いたことがある、使ったことがある、という方も多いのではないでしょうか。







そもそも「幹細胞」とは、自身を複製する能力(自己複製能)と、自身とは異なる細胞を作り出せる能力(多分化能)の2つを兼ね備えている細胞のことをいいます。


私たちの体は数多くの細胞で構成されています。

細胞の多くには寿命があり、古くなったものは死んでしまいますが、それでも体の機能を維持できるのは幹細胞のはたらきがあるからです。


こうした幹細胞の能力を応用しているのが再生医療で、損傷した臓器などに増殖させた幹細胞を移植することで病気やケガの治療を行っています。

また、幹細胞の再生能力は、美容医療でも応用が進み、肌の若返りを目的とした治療に活かされています。







さらに、幹細胞への期待は化粧品業界でも。


今、話題を集めているのがいわゆる幹細胞コスメですが、これは幹細胞を増殖する際に使う培養液を配合した化粧品のことで、幹細胞そのものが入っているわけではありません。


増殖した幹細胞を取り除いた後の培養液には、グロスファクター(成長因子)やサイトカインなどが含まれているため、幹細胞コスメには肌のターンオーバーを促す、ハリやツヤをアップさせるといった効果が期待できるのです花丸







気をつけておきたいのは、幹細胞には大きく次の3つの種類があること。
◎ヒト由来幹細胞
◎植物由来幹細胞
◎動物由来幹細胞



この中で、医療や美容医療で使われているのがヒト由来のもので、アレルギーが起きにくく、安全性が高いのが特徴です。

幹細胞コスメには、ヒトの脂肪細胞や臍帯血、胎盤などから採取したものが使われていますが、肌への効果が高い反面、高価なものが多くなっています。






植物由来の幹細胞コスメは、ヒト由来のものよりアレルギーが出やすいので敏感肌の人などは注意が必要です。

動物由来のものは、安全性の面から日本では流通していません。


幹細胞コスメを選ぶ際には、どのようなものが配合されているのか、表記をしっかりと確認するようにしましょう。

このように、幹細胞コスメは注目度が高い反面、品質や価格はさまざまなので、正しい知識のもとに自分の肌にあったものを選びたいですねicon12


ナールスエイジングケアアカデミーの記事もぜひ参考にしてください。

美意識の高い30代~50代女性のエイジングケアとヒト幹細胞培養液
美容医療後にヒト幹細胞培養液配合フェイスマスク「ナールスリジェ」

  


Posted by ナールス広報部員 at 18:35Comments(0)美容最新情報製品情報ナールスリジェ

2023年10月14日

バイオセルロースの効果でメイクが映える素肌に⭐️

こんにちは、ナールス広報部員です。

ひと雨ごとに秋の深まりを感じる今日この頃です紅葉
みなさん、お肌の調子はいかがですか?


さて、秋は何かと行事やイベントが多い季節ですね。

行事に合わせてファッションやメイクを考えるのは楽しいですが、疲れが溜まっていたり睡眠不足が続いていると、当日のメイクのノリが気になるのではないでしょうか。

メイクが映える肌状態にするには、もちろん基本のスキンケアが大切ですが、即効性を求めるならフェイスマスクフェイスパックが頼りになります。







マスクやシートで肌表面を覆うことで密封効果がはたらき、化粧水や美容液だけでケアするよりも高い保湿効果が期待できます。

というのも、マスクやシートで表皮の角質層を覆うことで、水分の蒸散を防ぐとともに、美容成分や保湿成分の浸透がよくなるのですicon12



最近では、ファイスマスク、フェイスパックと呼ばれるものの種類が増え、シートタイプのほか、ピールオフタイプ、洗い流すタイプ、拭き取りタイプ、温感タイプなどもあります。


美容成分についても、保湿を基本に美白、毛穴の引き締め、小顔(!)効果などを目的に、さまざまな成分が配合されています。


即効性を求めて使用するなら、やはり密閉効果の高いフェイスマスクが凝縮した美容成分をいち早く浸透させるという点からおすすめです花丸







中でも、おすすめしたいのがココナッツからできた密閉効果の高い素材を使ったバイオセルロース製のマスク


バイオセルロースとは、ココナッツウォーターとナタ菌を原料として培養発酵でつくられた、繊維がとても細かく、透明感のある素材です。

微生物の発酵技術を用いて作られているので、エコでお肌に優しいことも特徴です。


また、一般的な不織布と比べて着け心地が良く、美容成分の浸透力や保湿力がアップicon14

さらに、肌ざわりはナタデココのようにプルンとしていて、顔の目尻、鼻、あごなど凹凸がある形状にもしっかりと密着します。

このほか
◎美容成分が下へ流れることが少ない
◎マスクが乾燥してしまうことがない
◎洗濯、掃除などで動いている時もはがれにくい

などのメリットも。

秋のスペシャルケアにバイオセルロースマスクを取り入れ、メイクの映えるお肌を目指しませんか?


バイオセルロースマスクの詳細については、下記の記事を参考にしてください。
バイオセルロースマスクの特徴は?密閉効果と浸透力でモチモチ美肌

  


Posted by ナールス広報部員 at 19:00Comments(0)美容最新情報製品情報ナールスリジェ

2023年10月01日

秋の肌トラブルを解消するスキンケアのコツは?

こんにちは、ナールス広報部員です。


さて、10月に入り、ようやく秋らしい気候になってきました。







秋は過ごしやすい季節ですが、お肌にとってはくすみカサカサごわつきなどの肌トラブルに悩まされる時期でもあります。


秋枯れ肌とも呼ばれるこの時期特有のさまざまな肌の不調icon15
小じわやシミが目立って気になる、という方も多いのではないでしょうか。







実は、この時期は夏の疲れの影響が現れ出し、お肌の老化を進めてしまいます。


なかでも、目立ってくるのがお肌のくすみ

というのも、くすみはメラニン色素の沈着やお肌の乾燥、また血行不良などが原因の肌トラブルなのですが、ちょうどこの時期は、

夏の強い紫外線ダメージ
気温の低下による血行不良
湿度の低下による乾燥


といった影響を受けやすく、お肌のくすみが目立ってしまうのです。


くすみがあると、顔色が悪く見えたり、お肌の透明感やツヤも失われるので、メイクも映えませんね。


また、そのまま放っておくと、むくみなどほかの肌トラブルにもつながる可能性があるので、早い改善を心がけましょう 花丸


では、そのためのスキンケアやエイジングケアはどうすればいいのかといえば、
お肌のターンオーバーを整えてバリア機能の低下を防ぐ
というのが基本です。


古い皮脂や汚れを落とすための正しいクレンジングと洗顔を実践するほか、美容液や保湿クリームによるていねいな保湿、フェイスマスクやマッサージなどのスペシャルケアといった、くすみ対策を意識してくださいねicon12icon12







また、お肌のごわつきが気になる場合は、酵素洗顔を取り入れてみてもいいでしょう。


天然パパインを配合した酵素洗顔パウダーなどは、不要な角質や角栓を取り除くことで、ターンオーバーを正常に保ちます。



スキンケアに加えて、エイジングケア世代の女性は、女性ホルモンのバランスの乱れにも注意が必要です。

十分な睡眠や栄養バランスのよい食事、適度な運動など、美肌を意識した生活習慣を意識してくださいね花丸







この時期の困った肌悩みの解消には、ナールスエイジングケアアカデミーの記事が参考になります!
記事はこちらです↓↓↓

秋に多い肌トラブル・肌悩みの種類と解決法

秋に多い肌のくすみ!原因と改善のスキンケア&エイジングケア

秋枯れ肌の原因と解消のエイジングケア


  


2023年09月23日

いよいよ保湿の秋⭐️

こんにちは、ナールス広報部員です。


今日は二十四節気の秋分

日暮れがだんだん早くなり、これからしだいに秋が深まっていく季節となりました。
みなさんお肌の調子はいかがですか?







9月も終わりに近づき、まもなく秋本番の10月がやってきますねハロウィン


秋といえば、実りの秋、スポーツの秋、読書の秋など、秋と結びつくことばがたくさんありますが、お肌にとってどんなことばと結びつくかといえば、

icon12保湿の秋icon12

どの季節であっても、保湿は清潔、紫外線対策と並んでスキンケアの基本ですが、特に秋本番へと向かうこの時期は、気温の低下によって皮脂の分泌量が少なくなるなど、お肌の乾燥を感じやすくなってしまいます。


深まる秋に備えて、スキンケアやエイジングケアで気をつけておきたいポイントが保湿なのです。






また、さらに乾燥が進む冬に備えて、保湿力の高いお肌を育んでおくための大切な時期でもあります。


というのも、今お肌は

*夏に受けた紫外線ダメージによって、ターンオーバーが乱れがち
*そのため、お肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすい
*季節の変わり目でお肌がゆらぎやすく、敏感な状態
*秋の花粉の影響や乾燥によるかゆみで肌あれしがち


こんな状態になっている可能性があります。


保湿といえば、乾燥肌のリスクが高まる冬のものと考えがちですが、夏の肌疲れを解消しておきたい秋こそ、ていねいな保湿を心がけ、バリア機能を高めておくことで本格的な乾燥の季節に備えたいですね。


保湿効果の高い美容液や保湿クリームでのスキンケアはもちろん、フェイスマスクでのスペシャルケアも保湿力アップには効果的です花丸







ナールスエイジングケアアカデミーでは、保湿力アップのための実践方法を
秋に見直したい保湿ケアのポイント3選|遠藤幸子さま寄稿
秋(9月・10月・11月)に気になる乾燥肌!予防・改善の対策とは?
などの記事にまとめ、ご紹介しています。

この時期にふさわしいスキンケア、エイジングケアのポイント、また日常生活で気をつけたい点などもわかりやすく説明していますので、ぜひ参考にしてくださいね。


  


2023年09月02日

シワを改善する新たな有効成分VEP-Mって?

こんにちは、ナールス広報部員です。

加齢とともに目立つエイジングサインといえばシワ

多くの女性が抱える代表的な肌悩みですね。







これまで、レチノールナイアシンアミドニールワンという3種がシワ改善の有効成分として効能が認められていました。

これらの成分が配合された美容液などを使って、エイジングケアされている方も多いのではないでしょうか。





さて、今年、その中に新たな有効成分が加わったのをご存知ですか?

その成分はicon12安定化ビタミンE誘導体「dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウムM(VEP-M)icon12
今年、日本メナード化粧品がシワ改善の効能を取得した医薬部外品です。


日本メナード化粧品は、長年光老化の研究やコラーゲンの立体構造の研究など、さまざまな方向からシワの研究を重ね、今回「dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウムM(VEP-M)」によるシワ改善効果を調べる臨床試験を行なった結果、目尻の深いシワが顕著に改善するという結果が得られたそうです。



シワができる原因のひとつは、肌の水分量が減少すること。

肌の水分量が減少すると肌表面の柔軟性が低下し、イヤなシワにつながってしまいます。


VEP-Mは表皮において、水分を逃がさないはたらきを担う「セラミド」と水分を保持するはたらきを担う「ヒアルロン酸」の産生を促進。


その作用によって肌の水分量を増加させて柔軟性を高め、シワを改善するというのがVEP-Mのメカニズムです。







もともと、ビタミンE(トコフェロール)は油溶性のビタミンで高い抗酸化能を持ち、からだのさまざまな老化を防ぐはたらきがあります。

一方、光や空気などにより変化しやすく、また、水に溶けにくいため、化粧品には配合しにくい成分でした。


「dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウムM (VEP-M)」は、ビタミンEの安定性、溶解性を高め、高い安定性と水への溶解性を持ったビタミンE誘導体として、シワを改善する医薬部外品有効成分の承認を得ています。

さらに、真皮にもアプローチするはたらきがあり、より幅広いシワ悩みに対応できると期待されています。


エイジングケア世代にとって、肌悩みを改善する化粧品の選択肢が増えていくのはうれしいことですね花丸


「dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウムM (VEP-M)」の詳しい情報については、ナールスエイジングケアアカデミーの記事もぜひ参考にしてください。
安定化ビタミンE誘導体VEP-Mは4番目のシワ改善の医薬部外品


  


Posted by ナールス広報部員 at 19:38Comments(0)ナールスユニバナールスネオナールスリジェ

2022年12月30日

がんばったお肌にフェイスマスクのスペシャルケアを⭐️

こんにちは、ナールス広報部員です。

2022年が終わろうとしています。

皆さまにとって、この今年はどんな1年だったでしょうか?


この1年を振り返りつつ、仕事に家事に育児に(介護も!)と、がんばってきたお肌を十分に労ってあげたいですね。

今日の夜は、ぜひ、icon12フェイスマスクのスペシャルケアicon12でゆったりと肌疲れを癒しましょう。






フェイスマスクは、マスクやシートによる密封効果で美容成分が肌の奥へ浸透しやすくなるため、保湿効果に優れています。

また、水分蒸散を防ぐ力もあります花丸


さらに、エイジングケア向きのフェイスマスクには、機能性の高い美容成分が凝縮されているので、より高い効果が期待できます。

即効性も高く
*お肌にハリがない
*くすみがちで顔色もさえない
*メイクのノリがイマイチ


そんな肌悩みの解消をサポートしてくれる頼もしいアイテムです。


新年を健やかな素肌で迎えるためにも、年末のスペシャルケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。







おすすめしたいのは、ナールスのエイジングケアフェイスマスクicon12ナールス リジェ パーフェクトマスクicon12

話題のヒト幹細胞培養液を配合したエイジングケアフェイスマスクです!


ヒト幹細胞培養液には、700種類以上のたんぱく質をはじめ、糖質と脂質、さらにEGF、FGF、VEGF、HGF、IGF、アディポネクチンなど、30種類以上の成長因子が含まれています。


もちろん、ナールス リジェにはナールスゲンを推奨濃度で配合。


このほか、プラセンタエキス、カルノシン、キュアパッション、ヒメフウロエキスといった最先端の美容成分がたっぷり美容液1本分(25ml)も入った贅沢なマスクです。


1年の肌疲れ解消にピッタリですよ花丸


詳しくは、こちらをチェックしてくださいね。
ナールスゲン&ヒト幹細胞培養液配合 ナールス リジェ パーフェクトマスク



さて、今年も1年ナールス製品をご愛顧いただき、また「ナールスでキレイ習慣」をお読みいただき、本当にありがとうございました2ハート


2023年もより一層、みなさまの健康や美肌づくりをサポートできるように努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

どうぞ良いお年をお迎えください。







  


Posted by ナールス広報部員 at 19:37Comments(0)美容最新情報肌悩み別対策ナールスリジェ

2022年12月24日

メイクを落とさずに寝てしまった!翌朝どうする?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、今年も残り少なくなってきました。

ここ数年は、クリスマスパーティーや忘年会など、大勢で集まるイベントは自粛傾向にありましたが、今年は3年ぶりに復活!という方もいらっしゃるのではないでしょうかクリスマスツリー


2022年の締めくくりとして、職場やサークルの仲間、親しい人たちとの集いを久しぶりに楽しみたいですね。







ただし、気をつけたいのがお酒の飲み過ぎ。


お酒は、飲み過ぎると二日酔いになったり、翌朝顔がむくんだり、化粧のノリが悪くなったりと、美肌にも悪影響が出てしまいます。


さらに注意したいのが、夜遅く帰宅してそのままメイクを落とさず寝てしまうこと!

みなさんの中にも、そんな経験をした人もいらっしゃるのではないでしょうか。








メイクをしたまま寝てしまうことは、肌老化や肌悩みの原因になってしまいます。


というのも、朝にしたメイクをそのままにして寝てしまうと、20時間くらいメイクアップ料やいろんな汚れがお肌の表面についた状態に。

そのため、粉末の成分が肌の水分を奪ってしまい、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。


さらに、ファンデーションなどの油性の成分は、時間が経過すると酸化してしまいます。


酸化とは、メイク汚れが酸素と結合して活性酸素を引き起こし、過酸化脂質へと変化すること。
過酸化脂質は周りの細胞も酸化させるため、お肌のダメージになるのです。







では、うっかり寝落ちしてしまった翌朝、どうリカバリーすればいいのでしょうか。

ポイントは、
◎しっかり水分補給する
◎素早く、しかもやさしくクレンジングする
◎美容液や保湿クリームでいつもより念入りに保湿ケアをする
◎フェイスマスクで美容成分を浸透させるのもおすすめ
◎食事や睡眠にも気を配り、体の疲れを回復させる


以上のことを実践してくださいね花丸






ナールスエイジングケアアカデミーでは、
メイクを落さず寝落ちした私!翌朝のスキンケアと対策は?
の記事に、メイクを落とさずに寝てしまった翌朝のスキンケアや改善対策を詳しくご紹介しています。


「うわっ!大変!!」と思った時は、ぜひ参考にしてくださいね花丸


お酒の飲み過ぎは、腸内環境にも美肌にも大ダメージ!

こちらも記事もご参考に!



  


2022年11月09日

冷えを解消して寒い季節も健やかな素肌で⭐️

こんにちは、ナールス広報部員です。


立冬も過ぎ、いよいよ冬の足音が間近に聞こえてきました。
みなさんお肌の調子はいかがですか?


さて、吹く風も冷たくなるこの時期、多くの女性を悩ませるのは、お肌の乾燥に加えて
からだの冷えではないでしょうか?






指先や足先がいつも冷たい
体温が低く、よく風邪をひいてしまう
冬場は肩こりや頭痛に悩んでいる


そんな冷えによるからだの不調を感じる方は多いですよね。



なかでも、気をつけたいのは顔冷え
みなさんは、朝起きたときに、顔が冷たいと感じたことはありませんか?


からだや手足と違って顔の冷えは意識されにくく、寒い時期にはあたりまえと見過ごされることが多いといいます。

でも、顔の冷えをそのままにしておくと、お肌の老化を進めてしまう大きな要因になるので、注意が必要なのです。


というのも、顔が冷える主な原因は、血行不良
血の巡りが悪くなると、酸素や栄養分が十分に細胞に届かなくなり、新陳代謝が悪くなって体温が下がってしまいます。


そのため、老廃物が排出されにくくなって、古い角質がたまりがちに。
キメの乱れやくすみ、むくみ、目の下のクマなど、さまざまな肌悩みを引き起こしてしまいます。








顔の中でも、目の周りは毛細血管が細かく通っていることから、血行の状態が見えやすく、顔冷えのダメージが目立ってしまうとか。

目元は年齢が現れやすいパーツでもあるので、気をつけたいですね花丸


顔冷えの予防や対策は、スキンケアやエイジングケアだけではできないので、まずは生活習慣の中で冷え性を改善することから始めましょう。


体を温める食べ物を摂取する
マフラーやストールで首周りを冷やさない


などはとても大切です!








また、マスクをすることも顔冷えには効果的とか。

新型コロナウイルス感染対策のため、マスク生活が日常的になっていますが、この時期は保温にも役立ちそうですね。







ただし、マスクの刺激やムレは肌荒れにつながることもあるので、スキンケアでは
十分な保湿を心がけましょう。


ナールスエイジングケアアカデミーの記事を参考に、冷えを解消して美肌をキープしてくださいねicon12
顔冷え対策は肌の老化を予防や解消するためのエイジングケア



  


2022年09月09日

いよいよ秋本番!乾燥を感じる前に保湿ケアを⭐️

こんにちは、ナールス広報部員です。


9月も早初旬が過ぎ、ようやく残暑も落ち着いてきましたね。
日中は汗ばんだりすることはあるものの、朝晩はずいぶん過ごしやすくなってきました。







秋は、気候が和らいで、お肌にとっても良い環境にあります。

ただし、一方で、夏の影響を受けて肌トラブルが表面化しやすい時期でもあるのです。


スキンケアの基本は、保湿、清潔、紫外線対策ですが、特に秋本番へと向かうこの時期に気をつけておきたいのは保湿ケア


というのも、秋は気温や湿度の低下によって皮脂の分泌量が少なくなるなど、お肌の乾燥を感じやすくなってしまうからです。


とくに、30代以降のエイジングケア世代ではお肌のバリア機能は低下しがちなので、乾燥が進んだり、さらに敏感肌になってしまうこともあるため、しっかりと保湿することが大切ですicon12






今のお肌の状態を整理すると

*夏に受けた紫外線ダメージによって、ターンオーバーが乱れがち
*そのため、お肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすい
*季節の変わり目でお肌がゆらぎやすく、敏感な状態
*秋の花粉の影響や乾燥によるかゆみ、マスクによる刺激で肌あれが目立つ


こんな状態になっている可能性が。


保湿といえば、乾燥肌のリスクが高まる冬のものと考えがちですが、夏の肌疲れを解消しておきたい秋こそ、ていねいな保湿を心がけ、バリア機能を高めておくことで本格的な乾燥の季節に備えたいですね。






ナールスエイジングケアアカデミーでは
秋に見直したい保湿ケアのポイント3選|遠藤幸子さま寄稿
の記事で、秋の保湿ケアで見直したいポイントをご紹介しています。


たとえば、お肌のうるおいを守るクレンジングや洗顔の見直しポイント、これからの季節におすすめの保湿成分秋の保湿にぴったりのフェイスマスクなど、すぐに取り入れたいスキンケアポイントが満載です。


ぜひお読みいただき、秋のスキンケアで実践してみてくださいね花丸


記事はこちらです。
秋に見直したい保湿ケアのポイント3選|遠藤幸子さま寄稿



  


2022年08月18日

浴びてしまった紫外線はアフターケアでリセット!

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、お盆も過ぎ、8月も後半戦ですね。

今年は、3年ぶりに行動制限のない夏休み。
久しぶりに帰省したり、海や山のレジャーを楽しまれたのではないでしょうか。


夏のレジャーでの心配事といえば、やはり日焼け

しっかり紫外線対策していても、アウトドアで長時間強い日差しを浴びてしまうと、紫外線ダメージが気になりますね。

ということで、今回は日焼けのアフターケアについておさらいしてみましょう花丸







実は、紫外線対策は、日焼け止めを塗るなどの予防以上にアフターケアが重要だといわれています。


紫外線が怖いのは、ダメージが少しずつ蓄積され、5年後10年後のシミやしわ、たるみ、ほうれい線などの原因になること。

夏休み中、屋外でたっぷり陽ざしを浴びてしまったというみなさんは、以下のアフターケアをぜひ意識してみてくださいねicon12


*十分な睡眠でダメージを回復しましょう

眠っている間に分泌がさかんになる成長ホルモンは、日中に受けたダメージを回復させてくれます。

うっかり日焼けによる紫外線ダメージの回復には、まずは十分な睡眠で活性酸素で疲れたお肌や体を回復させましょうicon14







*抗酸化食品をしっかり摂取しましょう
 
健やかなお肌や体へと回復させるカギとなるのは、色素沈着の原因であるメラニン色素やシミ、しわの原因となる活性酸素を抑える栄養素を含む食品を摂取することです。

食事のポイントは、ビタミンエース(A・C・E)の摂取
同時に取るとさらに効果アップが期待できるので、効率よく食べたいですね。

たとえば、にんじん、ほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれるβ―カロテン(体内でビタミンAに変わる)には活性酸素を消すはたらきが。

また、メラニン色素の生成も抑制してくれます。

抗酸化物質の代表といえばビタミンC
いちごやアセロラ、オレンジ、グレープフルーツなどの果物の他、ブロッコリー、ジャガイモ、赤ピーマンやゴーヤなどに多く含まれています。







*ビタミンA、C、Eを配合した化粧品でスキンケア!

とはいえ、食べるビタミンA、C、Eは、すぐに皮膚まで届かなかったり、すべてがお肌に使われるわけではありません。

うっかり紫外線を浴びてしまった後には、食事に加えてこれらの成分を配合したエイジングケア化粧品でていねいなお手入れを心がけましょう花丸


紫外線のアフターケアにおすすめしたいのは、
光老化抑制効果のあるエイジングケア成分ナールスゲンを配合するとともに

ビタミンC誘導体(VCエチル、VCIP、APPS)
ビタミンA誘導体(レチノール、レチノイン酸トコフェリル)
ビタミンE誘導体(トコフェリルリン酸Na)


などの抗酸化成分が配合されたナールスブランドのエイジングケア化粧品です!







紫外線のアフターケアについて、もっと詳しく知りたいという方はこちらの記事を参考にしてくださいね。
外出時の紫外線による日焼けのアフターケアはビタミンACEで!


  


2022年08月03日

夏の肌疲れはフェイスマスクのスペシャルケアでリセット!

こんにちは、ナールス広報部員です。

夏真っ盛りの厳しい暑さが続いていますね。
みなさんお肌の調子はいかがですか?

暑さで寝苦しくて睡眠不足になったり、食欲が落ちたりしている方も多いのではないでしょうか?


こうなると、お肌も疲れ気味になりますよね。
紫外線ダメージによるハリ不足やしみ、お肌のごわつきなども気になります。

さて、こんな時におすすめしたいのは、フェイスマスクでのスペシャルケアicon12 icon12







マスクやシートによる密封効果で美容成分が肌の奥へ浸透しやすくなるため、即効性が高く、たとえば
*お肌にハリがない
*くすみがちで顔色もさえない
*メイクのノリがイマイチ

といったこの季節の肌悩みの解消をサポートしてくれます。


もちろん、保湿効果も高いのでお肌のうるおいもアップします。


とくに、エイジングケア向きのフェイスマスクには、高価な機能性の高い美容成分が凝縮されているため、より高い効果が期待できます花丸







おすすめしたいのは、ナールスのエイジングケアフェイスマスクicon12ナールス リジェ パーフェクトマスクicon12


話題のヒト幹細胞培養液を配合したエイジングケアフェイスマスクです!


ヒト幹細胞培養液には、700種類以上のたんぱく質をはじめ、糖質と脂質、さらにEGF、FGF、VEGF、HGF、IGF、アディポネクチンなど、30種類以上の成長因子が含まれています。


もちろん、ナールス リジェにはナールスゲンを推奨濃度で配合。


このほか、プラセンタエキス、カルノシン、キュアパッション、ヒメフウロエキスといった最先端の美容成分がたっぷり美容液1本分(25ml)も入った贅沢なマスクなですface05


マスクの素材はバイオセルロース製で、お肌にピッタリと密着するため、夜にゆっくりパックする時間がないという方も、朝の時間にお出かけの準備をしながら、という使い方もOKですよ!


夏の肌疲れが気になったら、ナールス リジェのスペシャルケアを試してみませんか?


詳しくはナールスエイジングケアアカデミーの次の記事も参考にしてくださいね花丸

フェイスマスクやシートマスクの上手な使い方で美肌になろう!
バイオセルロースマスクでモチモチ美肌!密閉効果による浸透力の秘密



  


Posted by ナールス広報部員 at 08:24Comments(0)肌悩み別対策ナールスリジェ

2021年12月28日

フェイスマスクのスペシャルケアで今年の肌疲れをリセット!

こんにちは、ナールス広報部員です。

年の瀬寒波の襲来!厳しい寒さが続いています。

予定していた大掃除や迎春準備も、寒さにひるんで(笑)なかなか進まないのではないでしょうか。


さて、慌ただしい年末の中でも、今年1年、自粛生活やマスク生活にがんばったお肌を十分に労ってあげたいですね。

こんな時におすすめしたいのは、フェイスマスクでのスペシャルケアicon12


フェイスマスクの保湿効果が高いのは、マスクやシートによる密封効果で美容成分が肌の奥へ浸透しやすくなるからです。また、水分蒸散を防ぐ力もあります花丸







さらに、エイジングケア向きのフェイスマスクには、高価な機能性の高い美容成分が凝縮されているため、より高い効果が期待できます。

速攻性が高いので、
*お肌にハリがない
*くすみがちで顔色もさえない
*メイクのノリがイマイチ


そんな肌悩みの解消をサポートしてくれる頼もしいアイテムですね。


新年を健やかな素肌で迎えるためにも、年末のスペシャルケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。







おすすめしたいのは、今年新発売したナールスのエイジングケアフェイスマスク
icon12 ナールス リジェ パーフェクトマスクicon12

話題のヒト幹細胞培養液を配合したエイジングケアフェイスマスクです!


ヒト幹細胞培養液には、700種類以上のたんぱく質をはじめ、糖質と脂質、さらにEGF、FGF、VEGF、HGF、IGF、アディポネクチンなど、30種類以上の成長因子が含まれています。


もちろん、ナールス リジェにはナールスゲンを推奨濃度で配合。


このほか、プラセンタエキス、カルノシン、キュアパッション、ヒメフウロエキスといった最先端の美容成分がたっぷり美容液1本分(25ml)も入った贅沢なマスクなんです。


マスクの素材はバイオセルロース製で、お肌にピッタリと密着するため、夜にゆっくりパックする時間がないという方も、朝の時間にお出かけの準備をしながらという使い方もOKですよ!






さて、今年も1年ナールス製品をご愛顧いただき、また「ナールスでキレイ習慣」をお読みいただき、本当にありがとうございました花束


2022年もより一層、みなさまの健康や美肌づくりをサポートできるように努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。


  


Posted by ナールス広報部員 at 11:38Comments(0)成分美容最新情報ナールスリジェ

2021年09月28日

保湿の秋がやってきました!

こんにちは、ナールス広報部員です。


日暮れがだんだん早くなり、日一日と秋の深まりを感じる今日この頃です。
みなさんお肌の調子はいかがですか?







9月も終わりに近づき、いよいよ10月ハロウィン

日中は汗ばんだり、朝晩は肌寒く感じたりすることはあるものの、10月は気温や湿度ともに安定していて、基本的には過ごしやすく、お肌にとっても良い環境にあります。

ただし、深まる秋に備えてスキンケアやエイジングケアで気をつけておきたいポイントがあります。


それは、保湿







どの季節であっても、保湿清潔紫外線対策と並んでスキンケアの基本ですが、特に秋本番へと向かうこの時期は、気温の低下によって皮脂の分泌量が少なくなるなど、お肌の乾燥を感じやすくなってしまいます。


また、乾燥がさらに進む冬に備えて、保湿力の高いお肌を育んでおくための大切な時期でもあるのですicon12


というのも、今お肌は

*夏に受けた紫外線ダメージによって、ターンオーバーが乱れがち
*そのため、お肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすい
*季節の変わり目でお肌がゆらぎやすく、敏感な状態
*秋の花粉の影響や乾燥によるかゆみ、マスクによる刺激で肌あれが目立つ


こんな状態になっている可能性が。


保湿といえば、乾燥肌のリスクが高まる冬のものと考えがちですが、夏の肌疲れを解消しておきたい秋こそ、ていねいな保湿を心がけ、バリア機能を高めておくことで本格的な乾燥の季節に備えておきたいですね。


保湿効果の高い美容液や保湿クリームでのスキンケアはもちろん、フェイスマスクでのスペシャルケアも保湿力アップには効果的です花丸







また、食事や睡眠などにも気を配り、乾燥の原因をつくらない生活習慣を心がけるなど、お肌内側からの工夫も大切ですね。



ナールスエイジングケアアカデミーでは、保湿力アップのための実践方法を
秋が深まる!2021年10月のスキンケアとエイジングケア
の記事にまとめ、ご紹介しています。


この時期にふさわしいスキンケア、エイジングケアのポイント、また日常生活で気をつけたい点などもわかりやすく説明していますので、ぜひ参考にしてくださいねicon12


記事はこちらです。
秋が深まる!2021年10月のスキンケアとエイジングケア




  


2021年09月13日

ヒト幹細胞培養液配合☆ナールス リジェ パーフェクトマスク新発売!

こんにちは、ナールス広報部員です。


さて、今回はナールスの新商品icon12ナールス リジェ パーフェクトマスクicon12のご紹介です。





お肌にハリがない
くすみがちで顔色もさえない
メイクのノリがイマイチ


そんな肌悩みの解消をサポートしてくれる頼もしいアイテムがフェイスマスクですね。


大切なお仕事や行事がある日の前には、フェイスマスクでお肌も気分もアップさせている、という方も多いのではないでしょうか。


icon12ナールス リジェ パーフェクトマスクicon12は、話題のヒト幹細胞培養液を配合したエイジングケアフェイスマスクです。


ヒト幹細胞培養液には、700種類以上のたんぱく質をはじめ、糖質と脂質、さらにEGF、FGF、VEGF、HGF、IGF、アディポネクチンなど、30種類以上の成長因子が含まれています。


もちろん、ナールス リジェにはナールスゲンを推奨濃度で配合。


このほか、プラセンタエキス、カルノシン、キュアパッション、ヒメフウロエキスといった最先端の美容成分がたっぷり美容液1本分(25ml)も入った贅沢なマスクなんです。






マスクをつけている時間は、10分〜15分程度。

外した後は、まるで肌細胞がよみがえったように、肌のハリを実感できます。
マスクのパッケージに残った美容液は、デコルテや手肌のケアにもお使いいただけますよ花丸


また、マスクの素材はバイオセルロース製で、お肌にピッタリと密着するため、忙しい朝の時間にもお出かけの準備をしながという使い方もOK!


今日は1日がんばるぞ!という日の朝のスキンケアに、また週末のご褒美として夜のスキンケアに、いろいろなシーンでお使いいただけるアイテムです。



ナールス リジェの詳しい商品情報は、こちらをご覧ください。
ナールスゲン&ヒト幹細胞培養液配合ナールス リジェ パーフェクトマスク


また、ナールスエイジングケアアカデミー
バイオセルロースマスクでモチモチ美肌!密閉効果による浸透力の秘密
美意識の高い30代~50代女性のエイジングケアとヒト幹細胞培養液
美容医療後にヒト幹細胞培養液配合フェイスマスク「ナールスリジェ」

などの記事も参考にしてください。

  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)美容最新情報ナールスリジェ

2021年09月05日

9月のプレゼントはヒト幹細胞培養液配合 ナールス リジェ パーフェクトマスク

こんにちは、ナールス広報部員です。

毎月恒例!ナールス製品があたる icon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12


月ごとに、その季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!

楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけましょう花丸


さて、ようやく厳しい暑さもやわらぎ、秋風が心地よい9月を迎えました。


過ごしやすい季節ですが、この時期のお肌は夏の間の紫外線ダメージの影響で、ターンオーバーが乱れがち。

くすみが目立ったり、ハリ不足や乾燥を感じるという方も多いのではないでしょうか。


そんな時に頼れるのが、スペシャルケアのフェイスマスク

ナールスでは、8月にヒト幹細胞培養液配合「ナールス リジェ パーフェクトマスク」を新発売しました!







ということで、今月のクイズは、「ナールス リジェ パーフェクトマスク」に配合されている「ヒト幹細胞培養液」からの出題です。


ヒト幹細胞培養液は、多様な成長因子やサイトカインを含み、肌の細胞の活性化やコラーゲンを増やすはたらき、ターンオーバーを促進するはたらきなどを担う化粧品成分。

医療や美容分野での応用が進み、ヒト幹細胞コスメへの期待も高まりを見せていますicon12


ただ、ヒト幹細胞培養液やそのコスメについて、正しい知識をお持ちの方は少ないのでは?

ぜひ、クイズにチャレンジしてしっかりと知識を身につけ、ご自身のスキンケアにいかしてくださいね!






クイズの詳細や応募方法については、ナールスエイジングケアアカデミーの
2021年9月のエイジングケアクイズ!テーマは、「ヒト幹細胞培養液とは?」です。
をご覧ください。


また、クイズのヒントは、
ヒト幹細胞コスメとは?効果と役割、安全性を知ろう!
を参考にしてください。



今月のプレゼントは、もちろん、「ヒト幹細胞培養液」高濃度配合のエイジングケアフェイスマスク ナールス リジェ


ナールスゲンも推奨濃度で配合していて、エイジングケアにパーフェクトなバイーセルロース製のマスクです。

今回は、3名様にプレゼントいたしますicon27


たくさんのご応募お待ちしています!

  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)活動ナールスリジェ