ナールスでキレイ習慣 › ナールスエークレンズ

2024年07月12日

梅雨明け間近⭐️夏本番のスキンケアポイントとは?

こんにちは、ナールス広報部員です。

梅雨空が続いていますが、天気予報によると来週には本州も梅雨明けするとか。

いよいよ夏到来!暑さも本番を迎えますねひまわり







さて、どの季節でも、スキンケアやエイジングケアの基本は常に清潔保湿紫外線対策です。

ただし、素肌を健やかな状態に保つためには、気温や湿度、紫外線量といったその季節特有の環境を考えたスキンケアを取り入れることも大切です。


たとえば、7月は平均気温が8月に次いで2番目と高く、紫外線量はピークに達します。
暑さで汗や皮脂が過剰に分泌されるため、まずは清潔に保つことが第一。

とはいえ、暑いからと何度も洗顔したり、ゴシゴシ洗ったりするのは避け、お肌にやさしいクレンジング&洗顔を心がけましょう花丸







さらに、日焼け止めやUVカット機能のファッションアイテム、サングラス、美白化粧品などによる紫外線対策も日々欠かせませんね。

また、7月にはどれだけ紫外線対策をしても、外出後のお肌は疲れた状態になっています。


そこで大切なのが、紫外線のアフターケアです。

ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ナールスゲンなどを配合したエイジングケア化粧品を使って、夏の肌疲労を回復させましょう。


化粧品だけでなく、icon12ビタミンACE(エース)icon12を含む野菜や果物などの食べ物をしっかり摂ることも大切。

食べ物から抗酸化成分を補うことで、体の内側からの紫外線対策も意識したいですね。







このほか、暑い夏はエアコンの効いた室内にいることが多くなります。

そのためお肌が乾燥してしまい、気づかないうちにインナードライ肌に陥っていることも。


インナードライ肌は、脂性肌のような症状ですが、その本質はバリア機能の低下によってターンオーバーが乱れている状態です。

暑いからといって保湿を怠らず、しっかりとした保湿でバリア機能を正常に保ってくださいねicon12


ナールスエイジングケアアカデミーでは、
夏本番!2024年7月のスキンケアとエイジングケアのコツ
の記事に、7月の季節的な特性とスキンケアに関する情報をまとめています。

気をつけたい日常生活のポイントについてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

記事はこちらです。
夏本番!2024年7月のスキンケアとエイジングケアのコツ

  


2024年06月01日

高温多湿な6月⭐️スキンケアポイントは?

こんにちは、ナールス広報部員です。


さて、爽やかで過ごしやすい季節からジメジメとした雨の季節へ、夏に向けて季節がまた一歩進んでいます。

みなさん、お肌の調子はいかがですか?






6月から7月にかけての雨の季節は、気温・湿度とも高く、ジメジメした毎日が続きます涙

皮脂腺から出る皮脂の分泌が活発になり、汗と混じって皮脂膜ができるため、お肌にとっては潤いが保たれる時期といえます。

一方、皮脂が多くなるので、肌のべたつきやテカリが気になることも。

そうなると、皮脂を餌とする顔ダニをはじめ、カビや雑菌なども繁殖しやすくなります。







本来、顔ダニは余分な皮脂を分解するため、お肌は弱酸性の状態を保つことができるのですが、異常に繁殖すると皮膚常在菌のバランスが崩れ、肌のバリア機能やターンオーバーの周期を乱すきっかけになってしまいます。


ということで、これからの季節は、スキンケアではまずお肌を清潔に保つことを心がけるようにしましょうicon12


同時に、乾燥しにくい季節とはいえ、スキンケアでは肌に刺激を与えるのは禁物。


そのため、クレンジング料は、毛穴の汚れをしっかり落とすとともに、お肌に負担をかけない成分配合のものを選びたいですね花丸

また、洗顔の際にもゴシゴシ洗いは避け、たっぷりの泡で汚れを落とすようにしましょう!







ゴシゴシ洗いは、シワやたるみインナードライ肌の原因にもなりますので、注意してくださいね。


メイクの時に使うファンデーションのパフやスポンジ、アイシャドウのチップやパウダー用フェイスブラシにも、雑菌が繁殖しやすくなっています。

雑菌が繁殖したままの状態で使うと肌トラブルの原因となってしまうので、メイク道具も清潔を心がけましょう。







雨の季節のスキンケアや美肌のための食習慣については、
ナールスエイジングケアアカデミーの次の記事をぜひ参考にしてください。

あめ2梅雨に気をつけたい!スキンケア&エイジングケアのコツ
あめ2梅雨の季節6月におすすめの美肌の食べ物とレシピご紹介


  


2024年04月08日

春の乾燥肌 その原因は?

こんにちは、ナールス広報部員です。


桜の花も見ごろになり、麗らかな春がやってきました
みなさん、お花見は楽しまれましたか?







心が華やぐ季節ですが、心配なのは春の肌トラブル。


春は3月頃から気温や湿度が徐々に高くなり、冬場と比べて乾燥肌にはなりにくい季節です。

というのも、肌からの水分蒸散が減って、皮脂の分泌が増えるからです。

ただし、ストレス花粉日々の寒暖差紫外線が強くなるなど、春特有の乾燥肌の原因があります。

そのため、ゆらぎ肌のリスクもあるのです。


ゆらぎ肌とは、季節の変わり目などの急激な気温の変化や、環境変化によるストレスなどでお肌が敏感になってしまう状態のこと。

バリア機能の低下やターンオーバーの乱れをまねいて、お肌がゆらぎやすくなってしまうのです。







では、こういった乾燥による春の肌荒れを予防したり、改善するにはどのようなスキンケアを心がければいいのでしょうか。



◎しっかり保湿
毎日のスキンケアでお肌にしっかり潤いを届けてあげることによって、もともと自分自身のもつお肌のバリア機能を高め、お肌が生まれ変わる力をサポートしましょう。


◎優しい洗顔
花粉や黄砂、ホコリなどの影響も大きいため、外出後はすぐに手を洗う、洗顔するなどで皮膚を清潔に保ちましょう。

その際は、お肌に刺激の少ないクレンジング剤や洗顔料を選ぶ、優しく洗うなどを心がけましょう。





◎紫外線対策を十分に
これからの季節は、紫外線量が徐々に強いレベルになるため、紫外線対策を一層意識しましょう。


◎寒暖差に注意を
春は寒暖差が大きいため、冷えによる血行・代謝の悪化、また寒暖差アレルギーにも注意しましょう。



春の乾燥肌対策についての詳しい情報は、ナールスエイジングケアアカデミーの次の記事を参考にしてください。
春(3月・4月・5月)の乾燥肌対策は正しいスキンケアで!


乾燥による肌トラブルを防いで、健やかな素肌で春を楽しみましょうicon12



  


2024年01月18日

進化するヒアルロン酸⭐️その可能性とは?

こんにちは、ナールス広報部員です。


さて、ヒアルロン酸といえば保湿成分の代表選手ですねicon12

化粧水をはじめ、美容液、フェイスマスクなど、さまざまなスキンケアアイテムに配合されているので、多くの方になじみのある美容成分といえます。







ご存知のように、ヒアルロン酸の特徴は高い保水力

ヒアルロン酸1gでなんと6リットルもの水分を保持できるといわれています。

もともと、ヒアルロン酸は私たちの皮膚にもあるもので、真皮の主要構成要素であるコラーゲンとエラスチンの隙間を埋めて肌に弾力をもたらし、関節や眼、血管などにも存在してそれらのスムーズなはたらきを担っています。







残念ながら、年齢とともにヒアルロン酸の生成量は減っていき、60代では20代の半分程度。

そのため、肌や眼の乾燥関節の炎症などの原因になってしまうのです。


最近では、化粧品やスキンケア製品の成分が注目されることが多く、新しい成分、珍しい成分が話題になりがちですが、一方で、ヒアルロン酸のように昔から知られている成分の進化にも注目が集まっています。


たとえば、ヒアルロン酸はもともと高分子ですが、肌に浸透しやすいようにナノ化ヒアルロン酸やさらに小さな分子の浸透型ヒアルロン酸が開発されるとともに、肌内部からの水分蒸散を防いだり、紫外線を浴びた後の炎症を抑制する効果などの新たな機能も確認されています。


また、分子の大きさを調整する技術や分子の異なるヒアルロン酸を組み合わせた有用成分なども開発され、化粧品メーカーからはこれまでにない機能を持ったヒアルロン酸美容アイテムが登場しています。


ヒアルロン酸の研究や知見は、まだ未開拓の領域ともいわれているため、今後さらに研究が進んでいくと、新たな美肌や健康への効果に期待が高まりますね。






ヒアルロン酸のさまざまな機能、メリット・デメリットについては、ナールスエイジングケアアカデミーの各記事を参考にしてください。

ヒアルロン酸の新しい効果を発見!日焼けによるお肌の炎症を抑制
超低分子ヒアルロン酸なら角質に浸透してバリア機能を改善
ヒアルロン酸化粧品の保湿にはデメリットがあった!秘密と安全性

  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)成分ナールスエークレンズナールスリジェ

2023年12月03日

冬の肌トラブルは保湿で乗り切る⭐️

こんにちは、ナールス広報部員です。

いよいよ、2023年も最後の1カ月となりましたクリスマスツリー





ようやくコロナ規制もなくなり、街に活気が戻ってきた今年の冬。

これまで通りの忘年会やクリスマスパーティーを楽しむという人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、インフルエンザの流行もあり、冬は風邪をひきやすい季節でもあるので、基本の手洗いやうがいによる予防に努め、健康第一で1年を締めくくりましょう花丸


ということで、2023年を締めくくる12月のスキンケアポイント情報をお届けします。







季節を問わず、スキンケアやエイジングケアの基本は「清潔」「保湿」「紫外線対策」ですが、寒さが本格化する12月は、

*気温、湿度ともに大きく低下するため、乾燥肌のリスクが高まる
*顔だけではなく、手足や首、デコルテ、かかとなども乾燥しがち
*食べ過ぎ飲み過ぎ、また睡眠不足で体調を崩しやすい
*年末の忙しさによるストレスや疲れで肌荒れなどの肌悩みが増える
*冬本番の寒さで冷えがすすみ、体調不良になりがち

このような点に注意することが必要です。


そのため、12月のスキンケアポイントとしては、まずは保湿を徹底しましょうicon12

乾燥が進むため、保湿化粧水や美容液を使った保湿ケアに加えて「水分の蒸発を防ぐ」はたらきをする乳液保湿クリームを活用するのがポイントです。

この時期は、美容オイルを使うことも効果的ですね。


また、潤いが逃げやすい毎日のクレンジングや洗顔にも気をつけ、お肌に負担の少ないクレンジング料や洗顔料を選び、やさしく洗うように心がけましょう。


飲み会が増える楽しい時期ですが、夜遅く帰ってクレンジングしないで寝てしまったというのも厳禁です。

その日のメイクはその日のうちにすっきり落とし、その後の保湿ケアもしっかりしてから眠ってくださいね。






さらに、顔と比べて皮脂の少ないひじ・ひざ・かかとの乾燥のリスクが高くなり、角質も厚くなりがちです。

顔のスキンケアだけでなく、からだ全体の保湿を心がけ、乾燥によるかゆみなどから素肌を守りましょう。

良質のたんぱく質、ビタミン類、ミネラルなどの摂取を心がけ、からだの内側からもうるおいを補給することも大切です。







ナールスエイジングケアアカデミーでは、冬の乾燥肌や敏感肌対策の記事をたくさんご用意しています。

スキンケアやエイジングケアだけでなく、日常生活で気をつけていただきたいポイントなどもご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね花丸


記事はこちらです。
冬に多い肌トラブル・肌悩みの種類と解決法
冬(12月・1月・2月)の乾燥肌対策は保湿とエイジングケア
冬が来た!12月のスキンケアとエイジングケア





  


2023年08月26日

汗による肌トラブル「汗荒れ」を防ぎたい!

こんにちは、ナールス広報部員です。

もう少しで9月を迎えるというのに、厳しい暑さが続いていますね。

みなさん、毎日たくさん汗をかいているのではないでしょうかicon10icon10






汗は「天然の化粧水」「最高の美容液」などともいわれ、上手に汗をかけば美肌にもなれるともいわれていますicon12

体温調節という重要な役割も担っていて、健康維持にも大切な存在です。


しかし、この夏のように猛暑が続くと、大量にかいた汗で肌トラブルを起こしてしまうことも。

汗に含まれる塩分や乳酸、尿素といった老廃物がたくさんの汗によって多く分泌され、お肌の刺激となってしまうのです。


健やかな肌にとっては問題がなくても、お肌のバリア機能が低下している場合には、汗の刺激によってかゆみを引き起こしてしまいます。

まだマスク着用の場面もあるため、マスクと汗の刺激で肌荒れが続いているという方もおられるのではないでしょうか。






このように、汗が刺激となって皮膚に生じるかぶれや炎症は汗荒れ汗かぶれともいわれます。


また、小さな発疹、水ぶくれなどが主な症状の汗疹は、汗が一因となって起こる代表的な肌トラブルです。






こうした汗による肌トラブルを防ぐには
◎かいた汗は肌への刺激や汗管のつまりの原因になるため、こまめに拭き取る
◎通気性や吸湿性の良い天然素材のインナーを身につけ、汗で肌が濡れた状態を避ける
◎入浴後はボディローションなどによる保湿ケアで肌環境を整える

これらの対策を心がけましょう。


また、かゆみを感じるとかきたくなってしまいますが、肌のバリア機能をさらに悪化させてしまいます。

薬局などで相談して、炎症を抑えたり症状を和らげる塗り薬の使用を検討しましょう。


体温の上昇を防ぎ、お肌の新陳代謝にも大切なはたらきをしてくれる汗涙

ちょっとした工夫で汗を味方につけ、トラブルのない肌でこの夏を乗り切りたいですね花丸


ナールスエイジングケアアカデミーの記事もぜひ参考にしてください。
汗腺の力で美肌のエイジングケア!最高の化粧水&美容液は汗




  


2023年06月02日

雨の季節☔️気をつけたいスキンケアポイントは?

こんにちは、ナールス広報部員です。

6月になりました。
今年はすでに梅雨入りしている地域が多く、例年よりも早く雨の季節がやってきています涙

みなさん、お肌の調子はいかがですか?






梅雨時は
*ジメジメして蒸し暑く、不快指数が高い
*湿度が高いので髪が広がり、ヘアスタイルが決まらない
*お肌がベタベタして、メイクも崩れがち…


そんな悩みが出てくる季節ですね。







また、雨が降ると肌寒い日があったり、晴れると強い紫外線の影響を受けたりと気候が定まらないために、春先と並んでお肌が揺らぎやすい時期でもあります。

いつもの化粧品に刺激を感じる
汗ばんでいるのにカサカサ感がある
化粧崩れもしやすい


こういったお肌の変化には注意が必要です。



では、どんな点に気をつければいいのかicon126月のスキンケアのポイントicon12をおさらいしてみましょう。


どの季節であってもスキンケアやエイジングケアの基本は、清潔保湿、紫外線対策です。


この中で、まず高温多湿の6月に意識しておきたいのはお肌を清潔に保つこと。


梅雨に入れば細菌やカビなどが繁殖しやすくなり、お肌の表面にも付着するリスクが高くなります。

また、温度、湿度ともに高いと、寝ている間も皮脂がたくさん分泌されます。

なので、梅雨時の6月はクレンジングや洗顔をしっかり行なって、肌に付着している皮脂や汚れをしっかり落としましょう!


クレンジング料や洗顔料は、お肌への刺激が少ないものを選び、優しく洗ってくださいね花丸







次に気をつけたいのはやはり紫外線対策

梅雨だからといって、日焼け止めを塗らなかったり、日傘を持たないで外出したりするのは危険です。

この時期は紫外線量もだんだん多くなり、また紫外線の中でもUVAは雨の日でも私たちの肌に到達してダメージを与えます。


雨や曇りの日も油断しないで日焼け止めやUVカット機能のある化粧下地、ファンデーションを塗るようにし、紫外線対策を心がけましょう花丸







また、紫外線によってお肌のバリア機能が乱れると、乾燥肌をもたらすことにも。


梅雨の時期はムシムシして、室内ではエアコンを使い出すこともあるので、スキンケアではしっかりと保湿することも大切ですicon12



ナールスエイジングケアアカデミー
季節別のエイジングケアの「6月のスキンケア&エイジングケア」の記事も参考にしてくださいね。


  


2023年05月27日

毛穴の悩み解消にはセルフケア+美容医療!

こんにちは、ナールス広報部員です。

少しずつ夏の気配を感じる季節になりました。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?


暑くなるにつれ、これからは毛穴の悩みが増えていく頃ではないでしょうか。

というのも、気温の上昇とともに皮脂分泌が活発になり、皮脂の出口となる毛穴に汚れがたまって角栓が生じたり、紫外線などによる皮脂の酸化で毛穴の黒ずみが気になったり。

夏に向かうこの時期は、毛穴を目立たせる要因がたくさんあるからです。






目立つ毛穴にもいろいろあって、毛穴の開き黒ずみたるみ毛穴いちご鼻、さらにはすり鉢やクレーター毛穴といった手強そうな毛穴の症状もあります。







毛穴ケアの基本は、清潔保湿紫外線対策


これは、スキンケアやエイジングケアの基本icon12

毛穴のトラブルを予防したり、改善するためには、クレンジングや洗顔から化粧水や美容液まで、さまざまなアイテムを正しく選んで正しく使うことが大切です。

また、毛穴ケアは、スキンケア以上に食べ物や日常生活の見直しも大切なので、日々の生活習慣をチェックしましょう。







ただ、こうしたエイジングケア化粧品や食事などのセルフケアでは、改善できない毛穴の悩みもあります。

たとえば、すり鉢毛穴やたるみ毛穴でボコボコした肌を劇的に改善したり、目立たなくすることはとても難しいのです。


だから、セルフケアではなかなか効果が得られないような毛穴を改善するには、医師による治療が近道といえます。


皮膚科には、一般の皮膚科と美容皮膚科がありますが、皮膚科の主な目的は「病気の治癒」。たとえば、アトピー性皮膚炎やかぶれ、じんましんなどの治療が該当します。

一方、美容皮膚科は「肌を美しくすること」を目的としていて、しみやニキビ跡、肝斑など、美容目的の治療が中心です。

美容皮膚科には、毛穴治療の種類もさまざまあり、悩みに合わせた施術を選択することができます。

また、医師による診断で専門的な治療を受けることができ、その効果も早く、ホームケアにはないメリットがあるのです花丸







ナールス美容医療アカデミーでは
ボコボコ毛穴を改善したい!おでこや鼻など顔のパーツ別の治療法
の記事に、毛穴の悩みに合わせた美容医療の治療法を幅広くご紹介しています。


スキンケアによる予防法や対策もあわせて紹介していますので、毛穴の悩みを解消したいとお考えの方は、ぜひお読みくださいね。

記事はこちらです。
ボコボコ毛穴を改善したい!おでこや鼻など顔のパーツ別の治療法


  


2023年04月20日

間違ったスキンケアは要注意!ビニール肌になっていませんか?

こんにちは、ナールス広報部員です。


さて、みなさんはビニール肌って聞いたことがあるでしょうか?

美容好きな方なら耳にしたことがあるかもしれませんね。

ビニール肌とは、医学用語ではなく、美容業界で使われていることば。


角層が薄くなってしまった状態の肌のことで、見た目は毛穴も目立たず、その名の通りツルツルとしたビニールのような肌をしています。







見た目がきれいなら良いのでは?と思われがちですが、ビニール肌は何らかの原因で肌のキメが失われ、血管が透けて見えたり、赤ら顔になりやすい傾向が。

また、バリア機能も低下しているため、紫外線ダメージや外部刺激を受けやすく、肌トラブルを起こしやすいのも特徴です。

では、どうしてそんな肌になってしまうのか。


実は、美容好きでスキンケアに熱心な人ほどビニール肌を招きやすいともいわれ、次のようなスキンケアをしていないかどうかをまずチェックしてみましょう。

●洗浄力の強い洗顔料
●過度な洗顔
●洗顔時の摩擦
●ピーリングやスクラブ、酵素洗顔などの角質ケア


このほか、生活習慣の乱れやホルモンバランスの変化も原因と考えられています。







自分の肌がビニール肌かどうかわからないという人は、次の項目が当てはまるかどうかをチェックしてみてください。

*肌にキメがない
*肌表面はツルツルでピンと張っている
*皮脂分泌は少ないのに、肌がテカる
*普段のスキンケアが刺激に感じる
*乾燥しやすい
*肌の弾力が少ない
*肌に赤みやかゆみがある
*洗顔後の肌はツッパリやすい
*化粧水がしみる
*コットンが刺激に感じる


1つでも当てはまれば、今は肌トラブルがなくても「ビニール肌予備軍」かもしれないので、健やかな肌を保つためにも原因を取り除き、基本の保湿や紫外線対策などで予防を心がけましょう花丸


ナールスエイジングケアアカデミーでは
美肌と間違えやすい「ビニール肌」とは?見分け方から対策まで
の記事に、ビニール肌の原因やメカニズムをわかりやすく解説するとともに、予防のためのスキンケア対策や日常生活のポイントをご紹介しています。


ビニール肌が気になる方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

記事はこちらです。
美肌と間違えやすい「ビニール肌」とは?見分け方から対策まで

  


2023年03月22日

春先のゆらぎ肌を防ぐには?

こんにちは、ナールス広報部員です。

桜便りも聞かれるようになり、麗らかな春がやってきましたチューリップ







心が華やぐ季節ですが、心配なのは春先の肌トラブルではないでしょうか。


春は花粉の影響による皮膚炎など、何かと肌トラブルが多い時期ですが、特に多いのがゆらぎ肌といわれています。


ゆらぎ肌とは、季節の変わり目などの急激な気温の変化や、環境変化によるストレスなどでお肌が敏感になってしまう状態のこと。

寒暖差や紫外線量の増加などによって、バリア機能の低下やターンオーバーの乱れをまねき、お肌がゆらぎやすくなってしまうのです。


では、こういった春の肌荒れを予防したり、改善するにはどのようなスキンケアを心がければいいのでしょうか。








◎しっかり保湿
毎日のスキンケアでお肌にしっかり潤いを届けてあげることによって、もともと自分自身のもつお肌のバリア機能を高め、お肌が生まれ変わる力をサポートしましょう。


◎優しい洗顔
花粉や黄砂、ホコリなどの影響も大きいため、外出後はすぐに手を洗う、洗顔するなどで皮膚を清潔に保ちましょう。その際は、お肌に刺激の少ないクレンジング剤や洗顔料を選ぶ、優しく洗うなどを心がけましょう。







◎紫外線対策を十分に
これからの季節は、紫外線量が徐々に強いレベルになるため、紫外線対策を一層意識しましょう。


◎寒暖差に注意を
春先は寒暖差が大きいため、冷えによる血行・代謝の悪化、また寒暖差アレルギーにも注意しましょう。


ナールスエイジングケアアカデミーの記事も参考にしてくださいね。
春の肌トラブルや肌悩みはスキンケア&エイジングケアで解消!


春先に起こりやすい肌トラブルを防いで、健やかな素肌で春を楽しみましょうicon12



  


2023年02月20日

早めの対策で花粉症皮膚炎を予防しましょう!

こんにちは、ナールス広報部員です。


少し暖かい日が続いたかと思うと、また寒の戻りがあったり、この時期は寒暖差が大きく気候が定まりませんね。

そんな中、寒さで油断しがちですが、じわじわと近づいているのが春の花粉症

すでに目がかゆくなったり、くしゃみが出たりと、症状が出始めている方もおられるのではないでしょうか。








春は、スギやヒノキなどの花粉が原因となり、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど、主に「アレルギー性鼻炎」「アレルギー性結膜炎」の症状が現れます。


現在、日本人のおよそ4人に1人が花粉症だといわれていますが、2023年の花粉飛散量は非常に多くなる見込みで、昨シーズンの2.7倍との予報も!


これまで花粉症ではなかった人にも症状が出る可能性があるという指摘もあり、注意が必要です。






花粉は鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみの原因になるだけでなく、アレルゲンとなって肌荒れになる症状、つまり「花粉症皮膚炎」の原因にもなります。

花粉症皮膚炎になると、バリア機能が低下するため、ゆらぎ肌や乾燥性敏感肌になってしまうことも。


また、肌の乾燥、ピリピリ感、かゆみや赤みを感じたり、お化粧のノリが悪くなることもあるので、早めの予防を心がけたいですね花丸


対策としては、
◎外出時は、マスクや花粉症専用のメガネを着用し、なるべく花粉をあびないようにする
◎肌の保湿を心がけ、刺激の少ないスキンケア化粧品を使用する
◎アレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの放出を抑える抗ヒスタミン薬の飲み薬が有効






さらに、紫外線のダメージによって花粉症皮膚炎が悪化する場合もありますので、外出時は花粉対策と同時に紫外線対策もしっかりと行ってくださいね。


花粉対策や肌荒れ予防の詳しい情報は、ナールスエイジングケアアカデミーの次の記事を参考にしてください。

花粉による肌荒れ「花粉症皮膚炎」は治療とスキンケアで保湿
春になる前から要注意!花粉対策ですっきりと美肌を(飯塚美香さん)

  


2022年12月24日

メイクを落とさずに寝てしまった!翌朝どうする?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、今年も残り少なくなってきました。

ここ数年は、クリスマスパーティーや忘年会など、大勢で集まるイベントは自粛傾向にありましたが、今年は3年ぶりに復活!という方もいらっしゃるのではないでしょうかクリスマスツリー


2022年の締めくくりとして、職場やサークルの仲間、親しい人たちとの集いを久しぶりに楽しみたいですね。







ただし、気をつけたいのがお酒の飲み過ぎ。


お酒は、飲み過ぎると二日酔いになったり、翌朝顔がむくんだり、化粧のノリが悪くなったりと、美肌にも悪影響が出てしまいます。


さらに注意したいのが、夜遅く帰宅してそのままメイクを落とさず寝てしまうこと!

みなさんの中にも、そんな経験をした人もいらっしゃるのではないでしょうか。








メイクをしたまま寝てしまうことは、肌老化や肌悩みの原因になってしまいます。


というのも、朝にしたメイクをそのままにして寝てしまうと、20時間くらいメイクアップ料やいろんな汚れがお肌の表面についた状態に。

そのため、粉末の成分が肌の水分を奪ってしまい、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。


さらに、ファンデーションなどの油性の成分は、時間が経過すると酸化してしまいます。


酸化とは、メイク汚れが酸素と結合して活性酸素を引き起こし、過酸化脂質へと変化すること。
過酸化脂質は周りの細胞も酸化させるため、お肌のダメージになるのです。







では、うっかり寝落ちしてしまった翌朝、どうリカバリーすればいいのでしょうか。

ポイントは、
◎しっかり水分補給する
◎素早く、しかもやさしくクレンジングする
◎美容液や保湿クリームでいつもより念入りに保湿ケアをする
◎フェイスマスクで美容成分を浸透させるのもおすすめ
◎食事や睡眠にも気を配り、体の疲れを回復させる


以上のことを実践してくださいね花丸






ナールスエイジングケアアカデミーでは、
メイクを落さず寝落ちした私!翌朝のスキンケアと対策は?
の記事に、メイクを落とさずに寝てしまった翌朝のスキンケアや改善対策を詳しくご紹介しています。


「うわっ!大変!!」と思った時は、ぜひ参考にしてくださいね花丸


お酒の飲み過ぎは、腸内環境にも美肌にも大ダメージ!

こちらも記事もご参考に!



  


2022年10月08日

秋の乾燥肌対策はクレンジングの見直しから!

こんにちは、ナールス広報部員です。

ひと雨ごとに秋の深まりを感じる今日この頃ですね。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?






気温や湿度の低下とともに、お肌の乾燥が気になるという方も多いのではないでしょうか。


乾燥肌を予防するためには、しっかりと保湿をすることが基本ですが、その前にチェックしておきたいのがクレンジングです。

油性のメイクを落とすために大切なクレンジングですが、ゴシゴシ肌を擦ったり、時間をかけ過ぎるクレンジングはお肌の負担になり、乾燥肌の原因になってしまいます。







また、クレンジング料にはさまざまなタイプがあり、自分のお肌にあっていないクレンジング料を使い続けていると、洗顔後の化粧水や美容液、保湿クリームなどでいくら保湿成分を補っても、乾燥肌や敏感肌を招いてしまうのです。


お肌は、年齢とともにうるおいを保つ保湿の3大因子と呼ばれる「皮脂膜」「角質細胞間脂質」「天然保湿因子(NMF)」の3つの減少が始まります。


肌の水分保持に重要な役割を担っている角質細胞間脂質などが減少することで、うるおいが失われがちに。

クレンジングではNMFやセラミドといったうるおい成分を流し過ぎないクレンジング料を選びましょう花丸


また、選び方だけでなく、使い方の基本を守ことも大切。

どんなタイプのクレンジング料を使っても、メイクによくなじませ

◎優しく丁寧にしっかりメイクを落とす
◎素早く行ってお肌の負担を減らす


この2つのポイントを守って正しく行いましょう。







ナールスエイジングケアアカデミーでは、クレンジング料やクレンジングの方法に関する記事をたくさんご用意しています。

私のクレンジング料選びって正しい?
年齢に合ったクレンジング料を選びたい!
どんなクレンジング方法がお肌に優しいの?

こうした答えが知りたい方は、ぜひこちらの記事をチェックしてくださいね↓↓↓


30代におすすめのクレンジングのランキング不要の選び方
40代におすすめのクレンジングはランキングだけで選ばない!
50代におすすめのクレンジングはランキングより優しさで!
クレンジングの正しい方法と使い方で美肌を目指す!10のポイント
秋におすすめのクレンジング料を正しく使ってエイジレスな美肌へ!



  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)ナールス フォームナールスエークレンズ

2022年09月09日

いよいよ秋本番!乾燥を感じる前に保湿ケアを⭐️

こんにちは、ナールス広報部員です。


9月も早初旬が過ぎ、ようやく残暑も落ち着いてきましたね。
日中は汗ばんだりすることはあるものの、朝晩はずいぶん過ごしやすくなってきました。







秋は、気候が和らいで、お肌にとっても良い環境にあります。

ただし、一方で、夏の影響を受けて肌トラブルが表面化しやすい時期でもあるのです。


スキンケアの基本は、保湿、清潔、紫外線対策ですが、特に秋本番へと向かうこの時期に気をつけておきたいのは保湿ケア


というのも、秋は気温や湿度の低下によって皮脂の分泌量が少なくなるなど、お肌の乾燥を感じやすくなってしまうからです。


とくに、30代以降のエイジングケア世代ではお肌のバリア機能は低下しがちなので、乾燥が進んだり、さらに敏感肌になってしまうこともあるため、しっかりと保湿することが大切ですicon12






今のお肌の状態を整理すると

*夏に受けた紫外線ダメージによって、ターンオーバーが乱れがち
*そのため、お肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすい
*季節の変わり目でお肌がゆらぎやすく、敏感な状態
*秋の花粉の影響や乾燥によるかゆみ、マスクによる刺激で肌あれが目立つ


こんな状態になっている可能性が。


保湿といえば、乾燥肌のリスクが高まる冬のものと考えがちですが、夏の肌疲れを解消しておきたい秋こそ、ていねいな保湿を心がけ、バリア機能を高めておくことで本格的な乾燥の季節に備えたいですね。






ナールスエイジングケアアカデミーでは
秋に見直したい保湿ケアのポイント3選|遠藤幸子さま寄稿
の記事で、秋の保湿ケアで見直したいポイントをご紹介しています。


たとえば、お肌のうるおいを守るクレンジングや洗顔の見直しポイント、これからの季節におすすめの保湿成分秋の保湿にぴったりのフェイスマスクなど、すぐに取り入れたいスキンケアポイントが満載です。


ぜひお読みいただき、秋のスキンケアで実践してみてくださいね花丸


記事はこちらです。
秋に見直したい保湿ケアのポイント3選|遠藤幸子さま寄稿



  


2022年07月12日

マスクによる夏の肌トラブルを防ぎましょう☀️

こんにちは、ナールス広報部員です。

7月も早半ば、いよいよ夏本番を迎えますね。


暑さも本格的になってくる中で心配なのは、マスクによる肌トラブルではないでしょうか?






人との接触が少ない屋外ではマスクを外すことが推奨されていますが、お店の中や公共交通機関、オフィスなどでは、まだまだマスク生活が続いています。


そんな夏のマスク生活で気をつけたいポイントといえば

◎マスク肌荒れ

長時間マスクを着けていると、肌がカサカサしたり、痒くなったり、あるいはニキビができたりと、さまざまな肌のトラブルに悩まされますね。


マスクによる肌荒れの原因は、実はお肌の乾燥や摩擦

マスクを着けているとお肌が潤っているように感じますが、マスクの内側の水分が蒸発する時に、肌の表面にある角質層に含まれている水分まで奪ってしまうため、乾燥が進んでいまいます。


さらに、着脱時の温度差が刺激になったり、マスクとお肌の摩擦によってバリア機能が低下すると、肌荒れが起こりやすくなるのです。







対策としては、自分の顔のサイズに合ったマスクや通気性の良い素材のマスクを選ぶこと。

また、マスク内の汗はこまめに拭き取るようにしましょう。


不織布のマスクなどは、内側にガーゼを挟んで、湿ったら取り替えるといった工夫も効果的です花丸


◎マスク焼け

みなさんはマスクを着けるときにもしっかり日焼け止めを塗っておられるでしょうか?


ご存じのように、日焼け止めやUVカット効果のある化粧下地などは、紫外線対策の重要なアイテムicon12

シミをはじめ、光老化による顔のたるみやしわ、ほうれい線の予防には欠かせないものです。


ただ、マスクを着けていると、直接紫外線のダメージを受けないことから、マスクに覆われているパーツには日焼け止めを塗らない人もいるとか。

ですが、ほとんどのマスクは、100%紫外線をカットするものではないため、やはり日焼け止めは必要なのです。


マスクで覆われているパーツの紫外線対策を怠ると、露出している部分と隠れている部分の日焼けに差が出る「マスク焼け」を招くことにも。


こうしたトラブルを防ぐためにも、紫外線対策の基本、日焼け止めをしっかりと塗りましょう花丸







ナールスエイジングケアアカデミーでは
マスクによる肌荒れ・肌ダメージを防ぐ!選び方と使用時のスキンケア
マスク焼けに注意!紫外線は通るので日焼け止めは必要?

などの記事に、詳しい情報をご紹介しています。


ぜひご覧いただき、icon12夏の美肌づくりicon12の参考にしてくださいね。




  


Posted by ナールス広報部員 at 12:20Comments(0)肌悩み別対策ナールスエークレンズ

2022年05月30日

雨の季節到来!6月のスキンケアポイントは?

こんにちは、ナールス広報部員です。


爽やかな気候の5月から、雨の季節6月へと移っていますあめ2
みなさん、お肌の調子はいかがですか?






梅雨といえば、

*ジメジメして蒸し暑く、不快指数が高い
*湿度が高いので髪が広がり、ヘアスタイルが決まらない
*お肌がベタベタして、メイクも崩れがち…


そんな悩みが出てくる季節ではないでしょうか。


また、雨が降ると肌寒い日があったり、晴れると強い紫外線の影響を受けたりと気候が定まらないために、春先と並んでお肌が揺らぎやすい時期でもあります。

いつもの化粧品に刺激を感じる
汗ばんでいるのにカサカサ感がある
化粧崩れもしやすい

こういったお肌の変化には注意が必要です。






では、どんな点に気をつければいいのかicon126月のスキンケアのポイントicon12をおさらいしてみましょう。


どの季節であってもスキンケアやエイジングケアの基本は、清潔、保湿、紫外線対策です。


この中で、まず高温多湿の6月に意識しておきたいのはお肌を清潔に保つこと。


梅雨に入れば細菌やカビなどが繁殖しやすくなり、お肌の表面にも付着するリスクが高くなります。

また、温度、湿度ともに高いと、寝ている間も皮脂がたくさん分泌されます。

なので、梅雨時の6月はクレンジングや洗顔をしっかり行なって、肌に付着している皮脂や汚れをしっかり落としましょう!


クレンジング料や洗顔料は、お肌への刺激が少ないものを選び、優しく洗ってくださいね。







次に気をつけたいのはやはり紫外線対策

梅雨だからといって、日焼け止めを塗らなかったり、日傘を持たないで外出したりするのは危険です。

この時期は紫外線量もだんだん多くなり、また紫外線A波は雨の日でも私たちの肌に到達してダメージを与えます。


雨や曇りの日も油断しないで日焼け止めやUVカット機能のある化粧下地、ファンデーションを塗るようにし、紫外線対策を心がけましょう。







また、紫外線によってお肌のバリア機能が乱れると、乾燥肌をもたらすことにも。


梅雨の時期はムシムシして、室内ではエアコンを使い出すこともあるので、スキンケアではしっかりと保湿することも大切です花丸



ナールスエイジングケアアカデミーでは
梅雨の季節!2022年6月のスキンケアとエイジングケア!
の記事に、6月の季節的な特性とスキンケアポイントをまとめ、詳しくご紹介しています。


日常生活で気をつけておきたいこと、さらにこの季節にオススメのUV化粧下地などの情報も満載!

ぜひ、ご覧くださいね。


記事はこちらです。
梅雨の季節!2022年6月のスキンケアとエイジングケア!


  


2022年03月10日

春先の肌トラブルを防ぎたい!

こんにちは、ナールス広報部員です。

ようやく暖かくなってきましたね。
桜の季節もすぐそこまで近づいてきているようです。







ただ、春先は何かと肌トラブルを起こしやすい時期です。

その原因の一つは、お肌だけでなくからだに不快な症状をもたらす花粉症皮膚炎

毎年、春先には花粉症が原因となる肌荒れなどの肌トラブルに悩む方が多くなります。


また、かゆみがでてしまって、それを掻くことで状態が悪化したり、お肌が敏感になってしまったり、炎症性色素沈着によるシミになってしまうこともあるのです。







また、冬から春へと向かうこの季節に多いのが、ゆらぎ肌ではないでしょうか。


ゆらぎ肌とは、季節の変わり目などの急激な気温の変化や、環境変化によるストレスなどでお肌が敏感になってしまう状態のこと。

特に春先は、花粉の影響や紫外線量の増加などによって、バリア機能の低下やターンオーバーの乱れをまねき、お肌がゆらぎやすくなってしまうのです。



加えて、新型コロナウイルス対策のマスク生活も続いています。

マスクに覆われている部分がかゆくなったり
ガサガサに肌荒れしたり
ニキビができたり

そんな症状は、通称「マスク皮膚炎」と呼ばれているそうですが、マスクの刺激による肌荒れに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。







では、こういった春の肌荒れを予防したり、改善するにはどうすればいいのかというと

◎まずは保湿
毎日のスキンケアでお肌にしっかり潤いを届けてあげることによって、もともと自分自身のもつお肌のバリア機能を高め、お肌が生まれ変わる力をサポートしましょう。

◎優しい洗顔
花粉や黄砂、ホコリなどの影響も大きいため、外出後はすぐに手を洗う、洗顔するなどで皮膚を清潔に保ちましょう。その際は、お肌に刺激の少ないクレンジング剤や洗顔料を選ぶ、優しく洗うなどを心がけましょう。

◎紫外線対策もしっかり
これからの季節は、紫外線量が徐々に強いレベルになるため、紫外線対策を一層意識しましょう。

◎寒暖差に注意を
春先は寒暖差が大きいため、冷えによる血行・代謝の悪化、また寒暖差アレルギーにも注意しましょう。



春先に起こりやすい肌トラブルを防いで、健やかな素肌で春を楽しみましょうicon12icon12




  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)ナールスエークレンズナールスヴェール

2022年02月01日

2月のプレゼントは肌に優しいクレンジングジェル☆ナールス エークレンズ☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

毎月恒例!ナールス製品があたるicon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12


月ごとに、その季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!

楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけましょう花丸


さて、2022年も早1月が過ぎ、2月を迎えました。






まだまだ極寒の季節が続きますが、2月は光の春キラキラキラキラ
少しずつ明るさ、力強さを増す陽ざしに、春の到来を感じ始める頃ですね。


さて、そんな2月のクイズのテーマは、お肌のくすみです。

くすみの原因はさまざまですが、乾燥や冷えといった、寒さが厳しいこの時期ならではの肌環境が原因の場合も多いのです。







たとえば、冷えによる血行不良はその一つ。

また、乾燥によってキメが乱れると、肌表面に凹凸をつくり、それが影になって暗く見えてしまいます。


お肌がくすんでいると、顔全体の印象も暗くなるので早く改善したいですね。


今月のプレゼントは、乾燥肌や敏感肌の方も安心してお使いいただけるクレンジングジェル ナールス エークレンズ


主成分のアミノ酸系洗浄成分がお肌のバリア機能を守りながら、優しくメイクや汚れをオフ。

この時期のくすみケアをサポートします!







今回は、クイズの正解者の中から3名様にプレゼントいたしますicon27


クイズの詳細や応募方法については、ナールスエイジングケアアカデミー
2022年2月のエイジングケアクイズ!テーマは、「くすみのケア」
をご覧ください。


なお、今回のクイズのヒントは、
肌のくすみの原因と改善・解消の7つのエイジングケア対策!
を参考にしてください。


たくさんのご応募お待ちしていますクラッカー


  


Posted by ナールス広報部員 at 11:25Comments(0)活動肌悩み別対策ナールスエークレンズ

2021年12月07日

健やかな素肌で2021年の締めくくりを!

こんにちは、ナールス広報部員です。

いよいよ、2021年も最後の1カ月となりましたクリスマスツリー






昨年に引き続き、今年も新型コロナウイルスの影響が大きな一年でしたね。


ようやく全国的に感染者数が落ち着きホッとしていたら、新しい変異株オミクロン株が世界中で広まり、なかなか安心できませんね。

いつものような忘年会やクリスマスパーティーを楽しむことはできないかもしれませんが、マスクや手洗いによる予防に努め、健康第一で1年を締めくくりましょう。


また、寒さも一段と厳しくなる時期なので、体調管理はもちろん、お肌のコンディションも整えておきたいですねicon12







ということで、2021年を締めくくる12月のスキンケアポイント情報をお届けします。



どの季節でも、スキンケアやエイジングケアの基本は「清潔」「保湿」「紫外線対策」ですが、寒さが本格化する12月は、

*気温、湿度ともに大きく低下するため、乾燥肌のリスクが高まる
*顔だけではなく、手足や首、デコルテ、かかとなども乾燥しがち
*食べ過ぎ飲み過ぎ、また睡眠不足で体調を崩しやすい
*年末の忙しさによるストレスや疲れで肌荒れなどの肌悩みが増える
*冬本番の寒さで冷えがすすみ、体調不良になりがち


このような点に注意することが必要です。


そのため、12月のスキンケアポイントとしては、

まずは、保湿
乾燥が進むため、保湿化粧水や美容液を使った保湿ケアに加えて「水分の蒸発を防ぐ」はたらきをする乳液や保湿クリームを活用しましょう花丸

この時期は、美容オイルを使うことも効果的ですね。


また、潤いが逃げやすい毎日のクレンジングや洗顔にも気をつけ、お肌に負担の少ないクレンジング料や洗顔料を選び、やさしく洗うように心がけましょう。


顔だけでなく、手肌やひじ、ひざ、かかとなどの乾燥も進むので、ハンドクリームやボディクリームを使ってからだ全体を保湿することも大切です。







次に、冷え性対策
冷えは、万病の元といわれていますね。

からだを温めて冷え症を予防することは、健康や美肌にとってとても大切です。
お風呂で温まる、温かな食べ物を摂ることに加え、下着や靴下、手袋などによる温活を取り入れてみましょう。







もう1つ、お酒の飲み方にも気をつけましょうワイングラス

今は、ふだんのよりもみんなが集まってお酒を飲む機会は少ないかも知れませんねが、家飲みでもつい飲み過ぎて翌朝顔がむくんでしまった!なんてことのないよう、注意しましょう。


また、夜遅く帰って、クレンジングしないで寝てしまったというのも厳禁です。
その日のメイクはその日のうちにすっきり落とし、その後の保湿ケアもしっかりしてから眠ってくださいね。


さて、ナールスエイジングケアアカデミーでは
冬が来た!2021年12月のスキンケアとエイジングケア
の記事に、12月のスキンケアやエイジングケア、また日常生活で気をつけていただきたいポイントをまとめ、ご紹介しています。


美肌に効果的な旬の食べ物もご紹介していますので、ぜひご覧くださいね花丸


記事はこちらです。
冬が来た!2021年12月のスキンケアとエイジングケア


  


2021年06月04日

6月のプレゼントはクレンジングジェル⭐️ナールス エークレンズ⭐️

こんにちは、ナールス広報部員です。

毎月恒例!ナールス製品があたる icon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12


月ごとに、その季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!

楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけましょう花丸


さて、梅雨本番の6月を迎えましたあめ2
蒸し暑い日も増えてきましたね。






梅雨の季節は高温多湿になっているので、皮脂の分泌が活発化します。

そのため、気になって来るのが毛穴の悩みではないでしょうか。






スキンケアではまずお肌を清潔に保つことを心がけるようにしましょう。

また、乾燥しにくい季節とはいえ、スキンケアでは肌に刺激を与えるのは禁物です。


クレンジング料は、毛穴の汚れをしっかり落とすとともに、お肌に負担をかけない成分配合のものを選びたいですね。

また、洗顔の際にもゴシゴシ洗いは避け、たっぷりの泡で汚れを落とすようにしましょう!








ということで、今回のテーマは、「梅雨のスキンケアのコツ」です。

クイズの詳細や応募方法については、ナールスエイジングケアアカデミーの
2021年6月のエイジングケアクイズ!テーマは、「梅雨のスキンケアのコツ」
をご覧くださいね。


今月のプレゼントは、お肌のうるおいは残しつつ、メイクや毛穴汚れをしっかり落とす
ナールス エークレンズです。

正解者の中から3名様にお届けしますicon27


なお、今回のクイズのヒントは、
「梅雨に気をつけたい!スキンケア&エイジングケアのコツ」を参考にしてください。


たくさんのご応募お待ちしていますさくらんぼさくらんぼ

  


Posted by ナールス広報部員 at 10:16Comments(0)活動肌悩み別対策ナールスエークレンズ