ナールスでキレイ習慣 › 肌悩み別対策

2020年07月01日

7月のプレゼントは日焼け止め&UV化粧下地ナールス ヴェール☆

こんにちは、ナールス広報部員です。


毎月恒例!ナールス製品があたるicon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12

今月も季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!


楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけ、美肌をキープしましょう花丸



さて、いよいよ7月ひまわり

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、生活が様変わりした半年が終わり、今年も後半戦がスタートしました!

まだまだジメジメした梅雨の時期ですが、新しい生活様式を取り入れながら健やかに過ごしたいですね。






7月といえば、本格的な夏の訪れも間近ですね。

紫外線量は1年のうちでもっとも多くなり、日焼けによる肌ダメージが深刻になってきます。


ということで、今月のクイズのテーマは夏の紫外線対策です。


スキンケアの基本は、清潔(洗顔)保湿紫外線対策ですが、夏場はとくに紫外線対策をしっかり行い、シミ、しわ、ほうれい線などの光老化によるエイジングサインを防ぎましょう!


日焼け止めを塗るなどのスキンケアに加えて、帽子や日傘、サングラス、UVカット効果のある衣類など、さまざまな手段で紫外線をブロックすることが大切です。







今月のプレゼントは、そんな夏の紫外線対策にぴったりの
ナールスゲン配合日焼け止め&UV化粧下地ナールス ヴェールです。


ナールス ヴェールは、エイジングケアも保湿もできるエイジングケア世代のためのお肌にやさしい日焼け止め&UV化粧下地。


SPF40PA+++と紫外線の防御効果もありながら、紫外線吸収剤は不使用、紫外線散乱剤だけを使用することでお肌に負担をかけず、しかも白浮きすることもなく、肌の色を美しく整えますicon12






クイズの正解者の中から抽選で3名の方にプレゼントしますicon27


クイズや応募に関する詳細については
2020年7月のエイジングケアクイズ!テーマは、「夏の紫外線対策」をご覧ください。



なお、今回のクイズのヒントは、「夏の紫外線対策はエイジングケアの要!UVカットで美肌キープ」を参考にしてくださいね。



たくさんのご応募お待ちしていますひまわり


  


Posted by ナールス広報部員 at 14:50Comments(0)活動肌悩み別対策ナールスヴェール

2020年06月25日

夏の毛穴トラブルを防ぎたい!おすすめの化粧水とは?

こんにちは、ナールス広報部員です。


さて、夏に向かうこの時期の肌悩みといえば、やはり毛穴のトラブルでしょうか?

毛穴の悩みには、詰まり毛穴黒ずみ毛穴開き毛穴などがありますが、とくに毛穴の黒ずみは、春から夏にかけてよく目立ちますね。


主な原因は、気温の上昇などによって皮脂の分泌が過剰になることで、お肌が酸化して角栓ができてしまうことや、メイクなどの汚れが十分に落とし切れていないことなどです。


鼻で目立つと、いちご鼻とも呼ばれる毛穴のトラブルの代表ですね。


そんな毛穴は、正しい洗顔やクレンジング、また化粧水などのエイジングケア化粧品でスキンケアすれば防ぐことができます。

今回は、毛穴のケアには、どんな化粧水を使えばよいのかをご紹介します。








まず、毛穴ケアの化粧水にはどんな成分が配合されていればよいかというと

*皮脂をコントロールする成分
*酸化を防ぐ(抗酸化)成分
*炎症を鎮める(抗炎症)成分
*乾燥肌のスキンケアができる保湿成分


などがバランスよく配合されていることが大切です。


たとえば、皮脂をコントロールする成分としては、水溶性ビタミンC誘導体がありますね。
なかでも、浸透性の高いVCエチルや両親媒性のAPPS(アプレシエ)などがおすすめです。


また、抗酸化成分のレスベラトロール金コロイド両親媒性ビタミンE誘導体トコフェリルリン酸ナトリウムなどは、毛穴の黒ずみケアにとくにおすすめしたい成分です。


毛穴の黒ずみや開きに加えて、さらにたるみ毛穴の予防を考えれば、化粧水には水溶性のエイジングケア化粧品成分を含んだアイテムを選びましょう。








ナールスエイジングケアアカデミーでは、
おすすめしたい人気の毛穴の黒ずみ対策化粧水!11アイテムをご紹介
の記事に、毛穴対策化粧水の選び方のポイントやおすすめしたい化粧水11 選の特徴と全成分をご紹介しています。


エイジングケア成分のナールスゲンをはじめ、抗酸化成分、保湿成分をバランスよく配合したナールスブランドのエイジングケア化粧水ナールスピュアもご紹介していますので、ぜひ上手な化粧水選びにご活用くださいね。



記事はこちらです。
おすすめしたい人気の毛穴の黒ずみ対策化粧水!11アイテムをご紹介


  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)肌悩み別対策

2020年06月17日

夏の化粧水は成分にこだわって選びましょう!

こんにちは、ナールス広報部員です。


梅雨の晴れ間、元気な太陽の下では本格的な夏の気配を感じる頃となりました。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?






高温多湿でたくさん汗をかいたり、Tゾーンがテカったりと、肌トラブルが増えるこの時期、スキンケアにも気を遣いますね。

今回は、スキンケアアイテムの中でも、ほとんどの方がお使いの化粧水について、
夏のおすすめをご紹介しますicon12icon12







一般的に、化粧水といえば保湿化粧水のこと。

お肌の角質層に水分や保湿成分を届けお肌を柔軟にしてキメを整え、次に使う美容液や乳液、保湿クリームなどのなじみをよくするという役割があります。


皮脂分泌がさかんでべたつきが気になる夏場は、さっぱりしたタイプの化粧水が使いやすいのですが、基本はしっかり保湿成分が配合されているものを選ぶことが大切です。







というのも、エアコンや紫外線の影響を受ける夏場は、お肌の乾燥対策が必要だから。


コラーゲンやヒアルロン酸、プロテオグリカンなどの水分を抱え込むモイスチャライザー成分や、保湿力の高いグリセリン、アミノ酸といった水分を吸着するヒューメクタントがバランスよく配合されたものを選ぶといいでしょう。


また、紫外線ダメージが大きい夏は、お肌の酸化を防ぐエイジングケア化粧品成分が配合されていることもポイントです。


たとえば、ナールスゲンはお肌にうるおいを与えるとともに、表皮で抗酸化成分のグルタチオンを増やし、紫外線ダメージから線維芽細胞を守って光老化を抑制します。


ビタミンC誘導体も夏におすすめの成分。

お肌の酸化を防ぐ作用に加え、コラーゲンの生成をサポートする作用やメラニンの生成を抑制する美白作用など、夏のエイジングケアをサポートします。







一方で、避けたいのはアルコール成分配合の化粧水。


清涼感があって、夏にはさっぱりして気持ちがいいのですが、刺激性があるためお肌に負担がかかってしまうのです。


収れん化粧水や拭き取り化粧水などの使いすぎには気をつけたいですね。


ナールスエイジングケアアカデミーでは、
夏はどんな化粧水がオススメ?エイジングケアのための選び方と使い方
の記事に、夏の化粧水の選び方や使い方のポイントをご紹介しています。


おすすめの化粧水もご紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね花丸


夏におすすめのナールスブランドのエイジングケア化粧水ナールスピュアについてはこちらをご覧ください。
ナールスゲン推奨濃度配合エイジングケアローション「ナールスピュア」




  


Posted by ナールス広報部員 at 16:07Comments(0)成分肌悩み別対策

2020年06月11日

汗ばむ季節こそスキンケアは保湿が大切!

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、このブログでいつもご紹介しているように、スキンケアの基本は正しい洗顔、保湿、紫外線対策です。


とはいえ、あちこちで梅雨入りの声が聞こえ、徐々に気温や湿度が高くなるこの時期、
つい怠ってしまうのがお肌の保湿ではないでしょうか。







本格的な夏に向かうこれからは、季節的には乾燥肌になりにくいのですが、実は夏場も紫外線エアコンなど、乾燥肌を招く原因はたくさんあるのです。


たとえば、汗のかき過ぎも乾燥の原因の一つ。

汗は皮脂膜の成分でもあり美肌にとって大切なのですが、たくさん汗をかいてしまうと、それが乾く際にお肌のうるおいのもとである天然保湿因子(NMF)や皮脂などを奪ってしまいます。


そのほか、アルコールや冷たい飲み物の摂りすぎにも注意が必要です。







お肌の乾燥が進むと、皮脂の分泌が活発になり、お肌の表面は皮脂でテカテカしているのに、お肌の内側はカラカラに乾燥しているインナードライ肌を招くことも。


皮脂過剰だと思って、スキンケアで皮脂を取り過ぎてしまうと、バリア機能が低下して、さらに乾燥を招くことにもなってしまいます。






とはいえ、汗や皮脂でお肌がべたつきやすい夏場は、スキンケアもさっぱり志向に。
「保湿クリームや乳液は使いたくない」という方も多いですよね。


ただし、水溶性の成分が中心の化粧水だけでは、保湿は十分ではありません。

水分を保持し、蒸発を防ぐためには、油溶性の成分を配合したスキンケアアイテムも必要なのです。


そこでこの時期に活用したいのが、美容液!


一般的に、美容液には水溶性、油溶性の保湿成分がともに配合され、保湿の要である水分保持に効果を発揮します。


また、美容液には、エイジングケアをサポートする抗酸化成分、また美白成分などがスキンケアの目的に合わせて凝縮して配合されています。


そのため、紫外線によるお肌の酸化を予防したり、ハリ・ツヤ不足などもサポートしてくれる心強いアイテムなのですicon12icon12



おすすめしたいのは、ナールスブランドのエイジングケア美容液ナールス ネオ






ナールス ネオは、水分保持のパターンが異なる3種の保湿成分、コラーゲンやエラスチンにアプローチするエイジングケア化粧品成分、レスペラトロールなどの抗酸化作用のある成分をバランスよく配合し、安全性にも配慮した美容液。


これからの季節に、ぜひお使いいただきたいエイジングケア美容液です花丸



ナールス ネオの詳しい情報は、
ナールスゲン推奨濃度配合エイジングケア美容液ナールス ネオ
をご覧くださいね!

  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)美容最新情報肌悩み別対策ナールスネオ

2020年06月03日

6月のプレゼントは☆酵素洗顔パウダーナールス フォーム☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

毎月恒例!ナールス製品があたるicon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズ icon12

今月も季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!


楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけ、美肌をキープしましょう花丸


さて、6月が始まり、いよいよ梅雨の季節を迎えます。
蒸し暑い日も増えてきましたね。







高温多湿のこの時期は、皮脂の分泌が活発になり、Tゾーンなどがテカリがちに。

また、余分な皮脂は角栓の原因になったり、酸化によって毛穴の黒ずみなどの肌悩みを引き起こしてしまいます。

さらに、今年はコロナ疲れやストレスなどで、肌のターンオーバーが乱れているという方も多いのでは?
その結果、お肌がゴワゴワしたり、透明感がなくなってしまうこともあります。

そんな、この時期特有の肌悩みを解消してくれるのが酵素洗顔


酵素洗顔とは、酵素の持つはたらきによってたんぱく質や脂肪を分解し、古い角質や角栓、余分な皮脂を取り除くための洗顔のこと。

この季節の角質ケアにおすすめですicon12


ということで、今回のテーマは「酵素洗顔でツルツル美肌へ」です!







今月は、角栓や毛穴の黒ずみなどをケアしてツルツル美肌になれる酵素洗顔パウダー ナールス フォームを抽選で3名の方にプレゼントしますicon27

クイズは3択ですので、気軽にチャレンジしてくださいね!


クイズや応募に関する詳細については
2020年6月のエイジングケアクイズ!テーマは、「酵素洗顔でツルツル美肌へ」
をご覧ください。


なお、今回のクイズのヒントは「酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方」をご覧くださいね。


たくさんのご応募お待ちしています♪
  


Posted by ナールス広報部員 at 10:50Comments(0)活動肌悩み別対策ナールス フォーム

2020年05月28日

お肌も梅雨対策!6月のスキンケアポイントは?

こんにちは、ナールス広報部員です。

過ごしやすい気候の5月も終わり、いよいよ梅雨の季節6月がやってきますね。
暮らしもお肌も、今から雨の季節に備えておきましょう涙






さて、6月といえば、
ジメジメして蒸し暑く、不快指数が高い
湿度が高いので髪が広がり、ヘアスタイルが決まらない
お肌がベタベタして、メイクも崩れがち…

そんな悩みが出てくる季節ではないでしょうか。


また、雨が降ると肌寒い日があったり、晴れると強い紫外線の影響を受けたりと気候が定まらないために、春先と並んでお肌が揺らぎやすい時期でもあります。

いつもの化粧品が合わなくなったり、汗ばんでいるのにカサカサ感を感じたり、敏感肌に傾いてしまうこともあるので、注意が必要です。






スキンケア、エイジングケアの基本は、季節にかかわらず清潔保湿紫外線対策ですが、
6月で気をつけておきたいポイントとしては

クローバー湿度が急上昇するため、カビや雑菌が繁殖しやすい季節。汗もかきやすくなるので、いつも以上にお肌を清潔に保つ

クローバー皮脂の分泌が活発になり、毛穴の汚れ、詰まり、黒ずみなども目立ちやすいため、正しいクレンジングや洗顔を心がける

クローバー紫外線そのものの強さはピークを迎えるため、雨や曇りの日が多いからといって油断せず、日焼け止めなどでしっかりと紫外線対策する

などを心がけましょう。






ナールスエイジングケアアカデミーでは
梅雨の季節!2020年6月のスキンケアとエイジングケア!
の記事に、お肌を健やかに保つために実践していただきたい6月のスキンケアポイントをまとめています。


スキンケアだけでなく、カビ対策や食生活の注意点など、梅雨を快適に乗り切るための日常生活についてもご紹介していますので、ぜひお役立てください!


また、美肌を支える旬の食材とそのレシピについては、こちらをチェックしてくださいね。
梅雨の季節6月におすすめの美肌の食べ物とレシピご紹介



6月のスキンケアにお役立ていただきたいエイジングケア化粧品はこちらをどうぞicon12
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品「ナールス」



  


2020年05月22日

角質ケアにおすすめの酵素洗顔って?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、今回はこの時期におすすめしたい酵素洗顔のお話です。






酵素洗顔とは、酵素の持つたんぱく質や脂肪を分解するというはたらきによって、古くなった角質や毛穴に溜まった角栓、余分な皮脂を取り除く洗顔のこと。


毎日、しっかり洗顔しているから汚れなんてないはず!

という方も、気をつけていただきたいのは、角質や角栓は70%がたんぱく質、30%が皮脂でできているということです。
なので、通常の洗顔で皮脂や汚れは洗い流せても、たんぱく質は残ってしまうことに。


それが、お肌のくすみごわつき毛穴の黒ずみ肌荒れなどといった肌トラブルの原因につながるのです。


気温の上昇とともに皮脂分泌が盛んになり、紫外線の影響も受けやすくなるこの時期は、角質ケアのひとつとして、酵素洗顔を取り入れてみてはいかがでしょうか。






酵素の力で古い角質を分解することで、加齢とともに乱れがちなターンオーバーを促す効果も期待できます。


お肌の表面の角栓やざらつきがなくなれば、メイクのノリもよくなりますよねicon12icon12


おすすめしたい酵素洗顔料は、この5月に再発売したナールスブランドの
天然パパイン配合酵素洗顔パウダー ナールスフォーム 

これまでのボトル容器から、個別包装の使いやすい形態になって帰ってきました!







ナールス フォームには、天然の青パパイヤから抽出したパパイン酵素を配合。





「古くなった角質のみを分解して取り除く」というはたらきで、うるおいを保ちながらツルツルスベスベのお肌にicon12

酵素洗顔にありがちなつっぱり感もありません。


ただし、誤った方法で使用すると、お肌の刺激になり、バリア機能の低下を招くことも。
また、お肌の状態や肌質によっては、酵素洗顔が向かない場合もあるので気をつけてくださいね。


ナールス フォームの詳しい情報はこちらをどうぞ花丸
天然パパイン配合酵素洗顔パウダー ナールスフォーム


また、酵素洗顔を上手にエイジングケアに取り入れていただくための情報は、こちらをチェックしてくださいね。
酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方



  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)肌悩み別対策ナールス フォーム

2020年04月23日

乾燥肌のメイクはファンデーション選びがポイント!

こんにちは、ナールス広報部員です。

4月も後半となりましたが、肌寒い日があったり、朝晩の気温差が大きいなど、なかなか気候が定まりませんね。


こんな時期は、お肌も揺らぎがちに。

また、このところの外出自粛やテレワークのストレスなどで、肌荒れやお肌の乾燥が気になっている方も多いのではないでしょうか。


乾燥肌はすぐには改善しないこともあり、そんな時に困ってしまうのが毎日のメイクですね。






お肌が乾燥状態だとファンデーションのノリが悪く、仕上がりもイマイチ。
かえってカサついて見えることもありますね。


もともと乾燥肌の人や、いまお肌が乾燥状態にある人は、まずはメイクの前にしっかりと保湿を中心としたスキンケアをすることが大切。


十分に保湿されたお肌は、ファンデーションもきれいにフィットし、化粧崩れもしにくくなりますicon12


その上で、重要なのがファンデーション選び






ファンデーションには、さまざまな種類がありますが、乾燥肌の人には油分が多めで保湿力が高く、フィット感のよいリキッドタイプやクリームタイプがおすすめです花丸


ただし、油分が多いタイプは化粧崩れしやすいので、その点には注意しましょう。


また、意外な感じがするかもしれませんが、パウダータイプのファンデーションもおすすめです。

パウダータイプは、ほかのファンデーションよりお肌にやさしく、メイク落としの際もお肌に負担をかけにくいので、乾燥していたり、乾燥が進んで敏感肌になっているときにも安心なのです。






このように、ファンデーション選びに注意したり、保湿力の高いファンデーションを使っていても乾燥が気になる場合は、スキンケアに美容オイルを取り入れてみるのもおすすめですよ。


ナールスエイジングケアアカデミーでは、
乾燥肌の方のためのファンデーションの選び方・使い方の3つのコツ!
の記事に、ファンデーションの種類をはじめ、乾燥肌のための選び方のポイントを解説しています。

上手なメイク方法もご紹介していますので、ぜひお読みください!








*下記の編集部ニュースや書籍案内も参考にしてくださいね↓

都市伝説だった?ファンデーションはお肌に悪いという話

メイクの超基本テクニック キレイになるメイクのプロセス・道具がよくわかる(株式会社マイナビ出版、MANAMI)

悩みがぶっとぶ 50代からヘア&メイク術(えがお写真館、船津有史)

使いかけのメイクアイテムは細菌に汚染されている?研究で検証!

美容のプロが教えるコスメ選びの意外な落とし穴とメイク映え対策!

悩ましい50代のヘア&メイク。テク見直しでキレイ度UP!



  


Posted by ナールス広報部員 at 10:28Comments(0)美容最新情報肌悩み別対策ナールスユニバ

2020年04月16日

お肌の老化状態がわかる?エイジングインデックスって!?

こんにちは、ナールス広報部員です。


さて、今回はナールスエイジングケアアカデミーが考案した肌老化の状態を知るための指標icon12エイジングインデックスicon12をご紹介します。


悲しいことですが、私たちのお肌は年齢とともに、表皮や真皮のさまざまな機能が衰えていきます。

すると、だんだんとシミしわたるみほうれい線といったエイジングサインが目立ちはじめ、見た目も老けた印象を与えるようになってしまいます。







では、エイジングが進む過程で、お肌の内部ではどんな変化が起こっているのでしょうか?


ナールスエイジングケアアカデミーでは、本来私たちに備わっているお肌を健やかに保つ成分やはたらきが、年齢とともにどのように変化するのかについて、「見える化」を試みました。

それがお肌のエイジングインデックスです。


エイジングインデックスとは、20代〜70代までの5歳刻みの年代別で、お肌にとって大切な8つの要素がどう変化するのかをレーダーチャートでわかりやすく示したもの。





「お肌全体のエイジング」「表皮のエイジング」「真皮のエイジング」を軸に、それぞれに関連する要素を指標とし、お肌の状態を概観するものです。

●お肌全体のエイジングの指標
ターンオーバー
女性ホルモン

●表皮のエイジングの指標
水分の量
皮脂の量
セラミドの量

●真皮のエイジングの指標
コラーゲンの量
エラスチンの量
ヒアルロン酸の量


あくまで、一般的なお肌の老化の指標ではありますが、たとえばお肌のハリやつやに関わるコラーゲンやエラスチンが5歳刻みでどのように減少するのかを知っておけば、その予防のためのエイジングケアや生活習慣を意識することができますね。






このように、8つの指標の年代別の変化をしっかり把握することで、エイジングケア化粧品を選ぶ際の参考にしていただいたり、また、年齢にあったより効果的なエイジングケアを行うために活用していただくことを目的としています花丸





ナールスエイジングケアアカデミーでは、
エイジングインデックスはエイジングケアの道しるべ!肌老化を数値化
の記事に、より詳しい内容をご紹介しています。


ぜひお読みいただき、みなさんのエイジングケアのツールとしてエイジングインデックスをご活用くださいね。



ほかにも、編集部ニュースとして、エイジングに関するさまざまな記事を掲載中です↓↓↓

紫外線によるシミがあると見た目が10歳も老ける!ケアや対策は?

エイジングケア世代が最も気になる目元の加齢!アンチエイジングは?

老け声が気になる!? 喉のアンチエイジングで美声を保つ7つのコツ

老化に影響大の「オーラルフレイル」。危険性がある人は5割超え!

耳の聞こえの衰えで認知症に?エイジングケア世代約7割が知らない!




  


Posted by ナールス広報部員 at 10:28Comments(0)美容最新情報肌悩み別対策

2020年03月04日

3月のプレゼントは☆UV化粧下地 ナールス ヴェール☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

毎月恒例!ナールス製品があたる icon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12


毎月、季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!

楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけましょう花丸


さて、3月になり、本格的な春の訪れが待ち遠しい今日この頃ですね。







ということで、今月のクイズは春先に多い肌悩みの1つゆらぎ肌がテーマです。


「ゆらぎ肌」とは、季節の変わり目などの急激な気温の変化や、環境変化によるストレスなどでお肌が敏感になってしまう状態のこと。

特に春先は、花粉の影響や紫外線量の増加などによって、バリア機能の低下やターンオーバーの乱れをまねき、お肌がゆらぎやすくなってしまうのです。







いつも使っている化粧品に刺激を感じたり、肌荒れしやすくなったり。

そんな不安定な肌状態は、できれば避けたいですね。


対策として、春は特に紫外線ダメージを防ぐことが大切。

まだ春だからと油断しないで、日焼け止めやUVカット効果のあるストールや帽子などでしっかり紫外線からお肌を守り、ゆらぎ肌を予防しましょう。







3月のプレゼントは、日焼け止めとUV化粧下地の機能をあわせ持ったナールス ヴェール

SPF40、PA+++という高いUVカット力とともに、紫外線散乱剤だけのノンケミカルタイプの日焼け止めなので、敏感肌や乾燥肌の方にもおすすめです花丸



正解者の中から抽選で3名の方にプレゼントします!


クイズの詳細とご応募については、こちらをご覧ください。
2020年3月のエイジングケアクイズ!テーマは、「ゆらぎ肌」


なお、今回のクイズのヒントは「ゆらぎ肌は、正しいエイジングケアで改善!敏感肌になる前に」をご覧ください。


たくさんのご応募お待ちしていますチューリップ


  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)肌悩み別対策ナールスヴェール

2020年02月26日

気になる肌悩みはメイクでカバーしましょう☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

陽ざしの明るさや咲き出した花の色に、小さな春の訪れを感じる今日このごろですチューリップ

みなさん、お肌の調子はいかがですか?


少しずつ強くなっていく紫外線への対策をはじめ、乾燥やくすみ、ゴワゴワ感といったこの時期特有の肌トラブルを解消するためのスキンケアに、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

しみ、しわ、ほうれい線、毛穴の悩みやハリ不足

さまざまなエイジングサインの予防と改善には、日頃のスキンケアやエイジングケアが基本ですが、気になる肌悩みを効果的にカバーするメイクのテクニックも大切ですicon12







春先は、何かと行事が多く、初めての場所に出かけたり、人に会う機会も多いですね。

初対面を好印象に演出するためにも、たとえば
目元のくすみを明るくする
しみ、そばかすを自然にカバーする
毛穴の開きを目立たなくする

などのメイクのテクニックを身に着けてみませんか?







ナールスエイジングケアアカデミーでは、エイジングケアに関するさまざまな情報発信はもちろん、肌悩みやエイジングサインをカバーするメイクアップアーティスト監修によるメイク動画も配信しています。


年齢とともに、これまでのメイクでは仕上がりがイマイチ…
そんな方にもおすすめの動画コンテンツです。

コンシーラーの使い方もマスターできますよ!


ナールスのメイクレッスン動画はこちらです花丸
肌悩みを完璧カバー!美容のプロMANAMIさんに学ぶ美肌動画メイクレッスン


また、年代別・肌悩み別メイクの詳しいご紹介は、こちらをどうぞ花丸花丸
動画で見るエイジングケア




  


Posted by ナールス広報部員 at 12:30Comments(0)肌悩み別対策ナールスヴェール

2020年02月06日

2月のプレゼントは☆エイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

毎月恒例!ナールス製品があたる icon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズ icon12


各月、季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!

楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけましょう花丸


さて、記録的な暖冬といわれている今シーズンですが、やはり湿度が低下するこの時期は、お肌の乾燥が気になりますよね。

暖房の効いた室内と室外との急激な温度差も、乾燥肌の原因の一つといわれています。


みなさん、お気に入りの保湿ケアアイテムを使って、乾燥肌対策をされているのではないでしょうか?






保湿ケアといえば、冬の定番アイテムともいえるのが乳液保湿クリーム


みなさんは両方をお使いですか?
それとも、どちらか一つを選んで使っておられますか?

ふだん、何気なく(!?)使っている乳液と保湿クリームですが、その違いを理解して使っておられるでしょうか。






ということで、今回のクイズは、「乳液と保湿クリームの違い」からの出題です。

クイズは3択ですので、気軽にチャレンジしてくださいね。


2月のプレゼントは、お肌を乾燥から守りうるおいをサポートする
ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバです。


正解者の中から抽選で3名の方に、プレゼントしますよicon27



クイズの詳細とご応募については、こちらをご覧ください。
2020年2月のエイジングケアクイズ!テーマは、「乳液と保湿クリームは何が違うの?」


また、今回のクイズのヒントは、ナールスエイジングケアアカデミー
乳液と保湿クリームは、エイジングケアで両方使う必要あるの?
の記事を参考にしてくださいね。


たくさんのご応募お待ちしています花丸



  


Posted by ナールス広報部員 at 12:15Comments(0)活動肌悩み別対策ナールスユニバ

2020年01月19日

早めの対策がポイント!花粉による肌荒れを防ぐ方法

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、みなさん、今年の花粉症対策は万全でしょうか?






毎年、春になると症状が出てくる花粉症ですが、全国的に冬の気温が高めの今シーズンは、すでに花粉の飛散を観測している地域もあるとか。


目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりが花粉症の4大症状といわれていますが、人によっては咳や頭痛、不眠、全身の倦怠感など、さまざまな症状を引き起こす場合があります。





さらに、一般的な花粉症の症状はなくても、春にお肌のかゆみ、赤みなどの肌トラブルを感じる人は多く、これも花粉の影響と考えられています。

目や鼻を擦ったり、鼻のかみ過ぎによる摩擦で肌にダメージを与え、肌荒れを起こしていることもあるようですね。


花粉が原因の肌荒れは、花粉症皮膚炎と呼ばれ、遺伝的にアトピー因子を持っていてお肌のセラミドが少なかったり、天然保湿因子(NMF)のもととなるフィラグリンが少ないことがわかっています。

もともとこれらの少ない方は、表皮の角質層のバリア機能が弱いので、花粉をはじめ外部の刺激にも弱いのです。






花粉症の対策は、アレルゲンである花粉との接触を避けることが最大のポイントですが、これは難しいですね。

ですので、外出時にはマスクやゴーグル、帽子などでガードするほか、花粉の付着しにくいナイロンやポリエステル素材の衣類を身に着けるなど、心がけましょう。

花粉防止スプレーを利用するのも効果的です。


また、室内の花粉の80%以上は、衣類から持ち込まれるともいわれているので、必ず花粉を払ってから家に入るなどの習慣も大切です。


気をつけておきたいのは、さまざまな症状が花粉が原因なのか、 他の病気が原因なのかがわからないこと。
専門のクリニックを受診し、しっかり原因を突き止めることが大切です。


花粉症による肌荒れがある場合は、バリア機能が低下した状態なので、刺激のあるスキンケアは禁物です。

メイクも、肌への負担が少ないルースパウダー(粉白粉)か、パウダーファンデーションにしておきたいですね。





これから始まる花粉の季節、正しい対策で乗り切りましょう。


ナールスエイジングケアアカデミー
花粉による肌荒れ「花粉症皮膚炎」は治療とスキンケアで保湿
の記事も参考にしてくださいね花丸






  


2020年01月12日

子供も乾燥肌対策が必要?保湿でケアしましょう!

こんにちは、ナールス広報部員です。

暖冬といわれている今シーズンですが、やはり朝晩の冷え込みや風の冷たさは冬本番ですね。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?







さて、この時期の肌悩みといえば、やはりお肌の乾燥ではないでしょうか。


乾燥肌は、年間を通して女性に多い肌トラブルですが、寒い冬は気温・湿度ともに低下し、また、エアコンなどの暖房によって、さらに乾燥が進んでしまいがちです。


そして、乾燥肌が気になるのは女性ばかりではなく、赤ちゃんや小さな子供たちも同じなのです。

子供たちのお肌は、大人と比べると皮脂や天然保湿因子(NMF)の量が少ないことがわかっています。
また、子供の皮膚は、大人よりも薄いことが特徴です。


そのため、ちょっとした刺激でもダメージを受けやすく、夏場もお肌がカサカサすることがありますが、特に冬の乾燥した環境は、乾燥肌やそれが原因のかぶれやかゆみといった肌トラブルが増えてしまうのです。






このほか、子供の乾燥肌の原因には、部屋の乾燥身体の洗い過ぎ衣類の繊維の刺激です。また、花粉などのアレルゲンやストレスなどがあります。

さらに、感染対策の基本である手洗いの励行による手肌の乾燥や手荒れにも気をつけてあげたいですね。


ナールスエイジングケアアカデミーでは
子供・赤ちゃんの乾燥肌対策は正しい保湿で!NGに注意
の記事に、子供の乾燥肌の原因や予防、改善のための正しい保湿やスキンケアの方法をご紹介しています。


記事を参考にして、お子さんたちの冬のお肌を守ってあげてくださいね花丸


記事はこちらです。
子供・赤ちゃんの乾燥肌対策は正しい保湿で!NGに注意


  


Posted by ナールス広報部員 at 10:00Comments(0)肌悩み別対策ナールスユニバ

2019年12月07日

12月のプレゼントは☆エイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

毎月恒例!ナールス製品があたる icon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12


各月、季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!

楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけましょう花丸


さて、2019年の最後を飾る12月、忘年会やクリスマス、また迎春準備と忙しい時期ですが、体調を整え、健やかな素肌で過ごしたいものですクリスマスツリー






この時期は本格的な寒さを迎え、お肌の乾燥が気になりますね。

乾燥肌とは、お肌のうるおいや水分が不足し、乾燥している状態の肌のこと。

本来、お肌の水分は表皮の角質層のバリア機能によって守られ、保持されているのですが、気温や湿度が急激に低下する冬場は、その影響を受けてバリア機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。






その対策としては、なんといってもスキンケアやエイジングケアによる保湿ですが、それ以外にも食事や入浴、暖房など、ふだんの生活習慣でできる乾燥肌対策があります。


今回のクイズは、そんなスキンケア以外の乾燥肌対策からの出題です。

クイズは3択ですので、気軽にチャレンジしてくださいね。

12月のプレゼントは、冬の時期に大活躍する
ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバです。


正解者の中から抽選で3名の方に、プレゼントしますよicon27


クイズの詳細とご応募については、こちらをご覧ください。
12月のエイジングケアクイズ!テーマは、「冬を乗り切る乾燥肌対策」


今回のクイズのヒントは、「冬が来た!2019年12月のスキンケアとエイジングケア」や「冬(12月・1月・2月)の乾燥肌対策は保湿とエイジングケア」の記事を参考にしてくださいね。


たくさんのご応募お待ちしていますクラッカークラッカー


  


Posted by ナールス広報部員 at 09:40Comments(0)活動肌悩み別対策ナールスユニバ

2019年11月24日

手肌の保湿で「老け手」を予防しましょう!

こんにちは、ナールス広報部員です。


乾燥が気になる季節、冬がやってきました。
この季節は、顔のお肌と同じように、手肌も乾燥しがちですね。

手の乾燥が進めば、かゆみや痛みを伴ったり、ひび割れやあかぎれになることも。
普段から予防を心がけ、乾燥から手肌を守ることが大切です。






さらに、最近ではスマートフォンやパソコンの使いすぎによる指荒れで悩む人も増えているといいます。







手は年齢が出やすく、人からも見られやすいパーツです。

顔の肌が乾燥などによってエイジングサインが出るのと同じように、手も乾燥、あるいは紫外線などによって老化が進み、「老け手」になってしまいます。

年齢以上に老けた印象を与えないためにも、手肌のスキンケアにも気を配りたいですね花丸


ここで気をつけたいのは、手の皮膚についての知識を身につけ、正しいケアを行うこと。


手の皮膚には、
・角質層が厚い
・皮脂腺が少ないので皮脂の分泌量が少ない
・真皮が薄い

など、顔とは違った特徴があります。

そのため、 一旦手荒れになってしまうと治りにくかったり、もともと乾燥しやすいパーツなのです。


そんな手肌を日常のダメージから守るためには、

1)手が濡れたらすぐに拭く
手についた水分をそのままにしておくと、水分が蒸発する時にもともと肌が持っていた水分まで一緒に蒸発してしまいます。
手を洗ったり、水仕事をした時は、すぐに拭くようにしましょう。

2)水仕事をする時はゴム手袋を着用
ゴム手袋をすることで、洗剤に含まれている強い界面活性剤などの刺激から手肌を守ることができます。
ハンドクリームを塗ってからゴム手袋を着用すると、保湿パック効果も期待できます。








3)手洗いは優しいハンドソープでぬるま湯を使って
洗浄力の強い洗剤の使用を避け、低刺激のものを選びましょう。


手の保湿のために使うハンドクリームも、できれば香料、着色料、防腐剤などの刺激が少ないタイプを選びたいですね。


おすすめは、ナールスブランドのハンド美容ジェルナールス ロゼバラ

ブルガリア産の最高級のダマスクローズを50%もの高密度で配合し、ナールスゲンやセラミドなどのエイジングケア成分がしっかりと手肌の保湿力を高め、健やかな手肌をキープしますicon12





ナールス ロゼの詳しい情報は、こちらをご覧くださいね。

ナールスゲン&ダマスクローズ配合ハンド美容ジェル ナールス ロゼ


  


Posted by ナールス広報部員 at 14:50Comments(0)肌悩み別対策ナールス ロゼ

2019年11月15日

冬の美肌は暖かく過ごす工夫から!

こんにちは、ナールス広報部員です。

立冬も過ぎ、風の冷たさに冬の気配を感じる頃となりました。
みなさんお肌の調子はいかがですか?






さて、寒さが厳しくなるこの時期、多くの女性を悩ませるのは、お肌の乾燥に加えて
身体の冷えではないでしょうか?

指先や足先がいつも冷たい
体温が低く、よく風邪をひいてしまう
肩こりや頭痛を感じることも…


そんな冷えによる身体の不調に悩んでいる方は多いですよね。







中でも、気をつけたいのは顔冷え
みなさんは、朝起きたときに、顔が冷たいと感じたことはありませんか?

体や手足と違って顔の冷えは意識されにくく、寒い時期にはあたりまえと見過ごされることが多いといいます。

でも、顔の冷えをそのままにしておくと、お肌の老化を進めてしまう大きな要因になるので、注意が必要なのです。


というのも、顔が冷える主な原因は、血行不良
血の巡りが悪くなると、酸素や栄養分が十分に細胞に届かなくなり、新陳代謝が悪くなって体温が下がってしまいます。






そのため、老廃物が排出されにくくなって、古い角質がたまりがちに。
さらに、キメの乱れやくすみ、むくみ、目の下のクマなど、様々な肌悩みを引き起こしてしまいます。


顔の中でも、目の周りは毛細血管が細かく通っていることから、血行の状態が見えやすく、顔冷えのダメージが目立ってしまうとか。

目元は年齢が現れやすいパーツでもあるので、気をつけたいですね花丸


顔冷えの予防や対策は、スキンケアやエイジングケアだけではできないので、まずは生活習慣の中で冷え性を改善することから始めましょう。


体を温める食べ物を摂取する、マフラーやストールで首周りを冷やさない、また意外ですが、マスクをすることも顔冷えには効果的です。








この他、入浴は血の巡りがよくなるだけでなく、精神的にもリラックスでき、自律神経を整える効果も期待できるので、しっかり湯船に浸かって温まりましょう!

日々のちょっとした工夫で、冬の美肌をキープしてくださいねicon12



  


Posted by ナールス広報部員 at 09:25Comments(0)肌悩み別対策ナールスユニバ

2019年10月25日

秋の保湿ケア☆頼れるアイテムは?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、秋の深まりとともに気になってくるのがお肌の乾燥
みなさんは、乾燥対策にはどのようなスキンケアアイテムをお使いでしょうか?







乾燥を防ぐためには保湿がとても大切ですが、保湿のためのスキンケアアイテムは、化粧水、美容液、乳液、クリームなどなど、たくさんの種類がありますね。

その中でも、この時期におすすめしたいのが保湿クリーム







油溶性の成分を多く含む保湿クリームは
お肌の水分を保持する
お肌の水分の蒸発を防ぐ

という役割を担い、お肌の皮脂膜に近いはたらきをすることでうるおいを逃がさず、お肌を保護するからです。


秋は、気温や湿度の急激な変化でお肌がゆらぎやすく、夏の紫外線ダメージでバリア機能が低下している可能性があります。
また、本格的な冬の乾燥に備えるためにも、この時期はクリームによる保湿ケアを入念にしておくことをおすすめします花丸






クリームはべたつくので冬以外は使わない
化粧崩れが心配なので朝は使わない

という方もおられるようですが、実はふだんクリームを使わないことが冬の乾燥に影響を与えたり、朝にしっかりクリームを使った方が日中のメイクが崩れにくくなったりするのです。


このため、朝はベースメイクの前に、夜はお手入れのしめくくりに、しっかり保湿クリームを使って乾燥によるトラブルからお肌を守りましょうicon12








ナールスエイジングケアアカデミーでは、
秋におすすめの保湿クリームは?選び方と使い方のコツ
の記事に、保湿クリームの役割や配合される成分の特徴、また選び方・使い方のポイントをまとめ、ご紹介しています。


おすすめの保湿クリームもご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。


記事はこちらです。

秋におすすめの保湿クリームは?選び方と使い方のコツ









  


Posted by ナールス広報部員 at 11:10Comments(0)肌悩み別対策ナールスユニバナールスネオ

2019年08月24日

実はコワイ秋の紫外線!効果的な日焼け対策は?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、猛暑もようやくおさまって、季節が1歩進んだ感じがする今日この頃ですね。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?






秋が近づくにつれ気温も下がり、陽ざしの強さも和らいできますが、スキンケアで気をつけておきたいのが紫外線対策です。

紫外線量のピークは、5月〜8月といわれていますが、涼しくなって過ごしやすい9月や10月もしっかりと降り注いでいます。

その量も、真夏の40~70%に相当するとか。


加えて、気候の良い秋はレジャーシーズンということで、お出かけの機会も増える時期ですね。

紫外線量は真夏と比べて減ってはいても、行楽やスポーツなどで長時間太陽の下にいれば、紫外線ダメージは夏より大きくなることもあるのです。







さらに、夏場は太陽の位置が高く、紫外線は真上から降り注ぎますが、秋からは徐々に太陽の位置が低くなるため、額や両頬、首などにも紫外線が広く当たるようになります。

つまり、横から顔全体に当たってしまう360°紫外線の影響もicon10

このように、秋はきちんと紫外線対策しなければ、夏場以上にシミやくすみ、また光老化によるしわやたるみなどのリスクが高まるため、注意が必要です。






また、夏の間強い紫外線を受けたお肌は、ターンオーバーが乱れお肌のバリア機能が低下している可能性があるので、紫外線の影響も受けやすくなっています。

秋はお肌にとって大切な時期だということを意識して、日焼け止めによる紫外線対策や、乾燥する季節に向けての保湿ケアもしっかりと行ってくださいね花丸








ナールスエイジングケアアカデミーでは、秋の紫外線量をはじめ、紫外線対策の方法を
秋も紫外線対策は大切!斜め横からの光線を日焼け止めでブロック
の記事にまとめ、ご紹介しています。

秋におすすめのicon12UV化粧下地icon12もご紹介していますので、ぜひご覧くださいね。


記事はこちらです。
秋も紫外線対策は大切!斜め横からの光線を日焼け止めでブロック


  


Posted by ナールス広報部員 at 14:45Comments(0)美容最新情報肌悩み別対策ナールスヴェール

2019年06月17日

シミを防ぐには美白ケアよりUVケア!?

こんにちは、ナールス広報部員です。

陽ざしが強まり、降り注ぐ紫外線が気になる季節となりました。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?






紫外線は年中降り注いでいますが、紫外線量がピークを迎える夏は、やはりシミソバカスくすみが悩みのタネですね。


シミやソバカスのもとになっているのはメラニン色素
メラニンは紫外線ダメージなどによって、表皮の基底層にあるメラノサイトという細胞で、チロシンという物質からつくられます。

通常、つくられたメラニンはターンオーバーによって排出されますが、長時間紫外線を浴び続けるなどダメージが強すぎると過剰になり、お肌に溜まってしまうことでシミやソバカス、くすみの原因になってしまうのです。







予防策としては、メラニン色素の生成を抑制するはたらきのある美白成分配合の薬用化粧品を使うことが有効な手段の1つです。

美白成分としては、カモミラET、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、プラセンタエキス、トラネキサム酸などがあります。






ただし、こうした美白成分は、メラニン色素の生成を抑制するためのもので、できしまったシミやソバカスを漂白するものではありません。
刺激性もあることから、お肌が弱い方などは使用には注意が必要です。


また、メラニンには、紫外線を吸収して細胞を守るという大切なはたらきも。
紫外線によって発生する活性酸素を減らし、酸化によるお肌の老化を防いでくれます。


ですので、メラニンの生成を阻害してしまうことは、お肌の防御力を弱めることにもなるので、過度に美白化粧品に頼ってしまうのはリスクがあるのです。



では、どうすればいいのかというと、必要以上にメラニンをつくらず、お肌に溜めておかないことがポイント。

*日焼け止めなどでしっかり紫外線をブロックする
*メラニンが排出されるようターンオーバーを正常に整える

という基本のUVケアやスキンケア、正しい生活習慣を心がけましょうicon12



そこでおすすめしたいのが、ナールスゲン配合UV化粧下地ナールス ヴェールです。






ナールス ヴェールは、エイジングケアも保湿もできるエイジングケア世代のためのお肌にやさしいUV化粧下地。

SPF40、PA+++と紫外線の防御効果もありながら、紫外線吸収剤は不使用、紫外線散乱剤だけを使用することでお肌に負担をかけず、しかも白浮きすることもなく、肌の色を美しく整えますicon12







UV化粧下地ナールス ヴェールについての詳しい情報は、こちらをご覧くださいね。
ナールスゲン配合UV化粧下地ナールス ヴェール


初回ご購入の方限定のおトクなキャンペーンも実施中です花丸

  


Posted by ナールス広報部員 at 13:00Comments(0)美容最新情報肌悩み別対策ナールスヴェール