ナールスでキレイ習慣 › ナールスユニバ › クリームで叶える冬の美肌*,゜.:。+゜*,゜.:。+゜*

2014年12月11日

クリームで叶える冬の美肌*,゜.:。+゜*,゜.:。+゜*

こんにちは、ナールス広報部員です。

朝晩の冷え込みに、本格的な冬の訪れを実感する今日この頃。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?


クリームで叶える冬の美肌*,゜.:。+゜*,゜.:。+゜*




冬は、温度・湿度の低下に加え、暖房による室内の乾燥、また屋外と室内の温度差なども
負担となって、お肌の健康機能そのものが低下しがちになりますicon15

つまり、冬は他の季節より、スキンケアの必要性が高まる時期でもあるのです。

そんな冬場のスキンケアの必須アイテムといえば、クリームicon12
みなさんの中には、美容液や乳液は使っているけど、クリームは使わないという方も
いらっしゃるでしょうね。

油分で肌がベタベタするのが苦手
クリームはこってりしていて重い
乾燥肌ではないので、必要ない


などが、その理由のようです。


ただ、冬場はどんな肌質の人であっても、皮脂の分泌量は減ってしまいます。
せっかく化粧水や美容液で水分や保湿成分を補給しても、天然のクリームといわれる
皮脂膜に代わるものがないと、肌の水分は蒸散しやすくなるのです。

使った化粧品の効果を持続させるためにも、
また乾燥を防ぎ刺激から肌を守るためにも、
スキンケアの最後にはクリームで油分を補っておきたいですね。
適度な油分は、お肌をやわらかく、なめらかに保ってくれますクローバー


そこで、おすすめしたいのがナールス ユニバ(宣伝ですface02


クリームで叶える冬の美肌*,゜.:。+゜*,゜.:。+゜*




ナールスゲンⓇをはじめ、3種の天然型セラミドやシアバター、
持続型ビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体などの有用成分を
ぎゅっとひとまとめにした高機能美容クリームです。

即効性のある保湿力で冬場の乾燥を防ぐとともに、
衰えがちなお肌本来の機能を高めて、エイジングケアをサポートしますicon14icon14


軽~いつけ心地もおすすめポイント花丸
少量でも驚くほどよく伸び、エイジングケアクリームにありがちな固さや重さがありません。
クリームが苦手という方にこそ、すっと肌になじむ心地よい感触を
ぜひお試しいただきたいと思っています。


クリームで叶える冬の美肌*,゜.:。+゜*,゜.:。+゜*




大好評の初回限定キャンペーンも継続して実施中!!
ナールス ユニバの詳細およびお申し込みはこちらからどうぞ。

ナールス ユニバをご愛用のブロガーさんたちも、お使いいただいた実感を
ブログにアップしてくださっています。
こちらもご参考にしてくださね。
http://ameblo.jp/r-nak1218/entry-11957117476.html
(みいたくママの生き生きライフ♪)
http://ameblo.jp/keitan-chobi-shiawase/entry-11957765428.html
(けいたんの ちっちゃい しあわせ み~つけたぁ)



♥ナールス製品のこと、スキンケアのこと、何でもお答えいたします。 お気軽にお電話ください。  0120-700-535(平日9:00~18:00) エイジングケア化粧品ナールスピュア
同じカテゴリー(ナールスユニバ)の記事画像
フェイスマスクでセレモニーメイクが映える美肌へ!
2月のプレゼントは☆エイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ☆
保湿ケアで春に備える!2月のスキンケアポイント
早めの対策がポイント!花粉による肌荒れを防ぐ方法
子供も乾燥肌対策が必要?保湿でケアしましょう!
2020年☆新春の美肌づくりは保湿から!
同じカテゴリー(ナールスユニバ)の記事
 フェイスマスクでセレモニーメイクが映える美肌へ! (2020-02-13 08:30)
 2月のプレゼントは☆エイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ☆ (2020-02-06 12:15)
 保湿ケアで春に備える!2月のスキンケアポイント (2020-02-02 11:45)
 早めの対策がポイント!花粉による肌荒れを防ぐ方法 (2020-01-19 10:23)
 子供も乾燥肌対策が必要?保湿でケアしましょう! (2020-01-12 10:00)
 2020年☆新春の美肌づくりは保湿から! (2019-12-28 09:45)

Posted by ナールス広報部員 at 10:30│Comments(0)ナールスユニバ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。