ナールスでキレイ習慣 › 成分 › 夏に摂りたい美肌栄養素は? vol.2

2014年07月22日

夏に摂りたい美肌栄養素は? vol.2

こんにちは、ナールス広報部員です。

セミの声がにぎやかになってきました。
いよいよ、夏も本番ですねicon19かき氷

さて、今回も前回に続き、体の中からキレイをつくるicon12食事についてのお話です。

vol.1ではたんぱく質を取り上げましたが、今回はビタミン

たんぱく質と同様、美肌のためには積極的に摂りたい成分ですね。


ビタミンが豊富な食べ物といえば、野菜や果物がその代表ですが、ビタミンの種類によって、
役割りも違えば多く含まれる食べ物も違います。

ビタミンの中でも、ビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫にする栄養素で、肌荒れや老化を予防する
効果が期待されています。
植物性食品の中では、β-カロテンとして存在し、体内でビタミンAとして働きます。

β-カロテンは、植物ならではの栄養素であるファイトケミカルの1種。よく耳にするポリフェノールなどとともに、その抗酸化作用が注目されています。


豊富に含まれているのは、にんじんやほうれん草、かぼちゃ、モロヘイヤといった緑黄色野菜
また、夏が旬のピーマンやパプリカ、トマトにも多く含まれています花丸





さらに、トマトにはシミやソバカスなどの皮膚の色素沈着を予防するリコピン、老化を防ぎ、
寿命を延ばすとして注目のケルセチンなど、機能性成分がたっぷりですよ。

このビタミンAの誘導体がレチノールで、化粧品では抗しわ成分として使われます。


もうひとつ、美肌との関係が深いのがビタミンC

高い抗酸化力で、紫外線などによる活性酸素からお肌を守り、老化を防いでくれます。
また、コラーゲンの生成メラニン色素の抑制・分解など、
エイジングケア効果が期待できます。

ビタミンCといえば、レモンなどの柑橘類を連想されがちですが、前述のピーマン、パプリカ、
トマトのほか、ゴーヤ、ブロッコリーなどに豊富。
また、じゃがいもやカリフラワーにも多く含まれています花丸





果物では、アセロラやキウイがビタミンCの宝庫として知られていますね。

このビタミンCの誘導体がアスコルビン酸で、化粧品では美白成分抗しわ成分として
使われます。

ビタミンAビタミンCともに、人の体では作ることができないため、美肌はもちろん、
健康のためにも食事から摂らなければなりません。
また、野菜の多くは1年中出回るようになっていますが、やはり旬の方がハウス栽培よりも
風味、栄養価ともに高くなります。

これから暑さの盛りを迎えますが、旬の野菜でバランスのよい食事を心がけ、
健やかな体クローバーと素肌キラキラを維持したいですね。


もちろん、スキンケアには、ナールスゲン®を主成分にビタミンCとビタミンEを配合した、
究極の美肌レシピナールスピュアをお役立てくださいね。








♥ナールス製品のこと、スキンケアのこと、何でもお答えいたします。 お気軽にお電話ください。  0120-700-535(平日9:00~18:00) エイジングケア化粧品ナールスピュア
同じカテゴリー(成分)の記事画像
10 月のプレゼントはエイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ☆
女性の健康と美肌を支えるエクオールって?
美肌のためには、まずは成分をチェック!
ブレイクタイムの飲み物で美肌をつくる☆
ナールスパッションのプラセンタは馬由来⭐️
エイジングケアに注目の成分「ヒト型セラミド」って?
同じカテゴリー(成分)の記事
 10 月のプレゼントはエイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ☆ (2018-10-05 08:00)
 女性の健康と美肌を支えるエクオールって? (2018-08-16 11:45)
 美肌のためには、まずは成分をチェック! (2018-04-12 08:00)
 ブレイクタイムの飲み物で美肌をつくる☆ (2017-10-03 08:30)
 ナールスパッションのプラセンタは馬由来⭐️ (2017-04-17 13:05)
 エイジングケアに注目の成分「ヒト型セラミド」って? (2017-03-27 11:15)

Posted by ナールス広報部員 at 11:05│Comments(0)成分
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。