ナールスでキレイ習慣 › 美容最新情報 › 5月の紫外線量は真夏と同じ!?

2014年05月07日

5月の紫外線量は真夏と同じ!?

こんにちは、ナールス広報部員です。

日に日に陽ざしがまぶしく感じられますね晴れ


5月の紫外線量は真夏と同じ!?



一般的に、紫外線量がもっとも多くなるのは、7月~8月の真夏だといわれています。
これは、紫外線の中でもオゾン層に吸収されるUV-Bにあてはまり、上空のオゾン量が
夏から秋にかけて少なくなるという季節変化が関係しています。

ですが、UV-Aはオゾン層にはほとんど吸収されないため、UV-Aの紫外線量についていえば、
5月はすでに真夏とほぼ同じなのだそうです。

UV-Aといえば、肌の真皮まで到達して、コラーゲン繊維を切断したり、
エラスチンを変性させてしまう光老化の主な原因。
肌のハリや弾力を守る機能が低下して、しわやたるみを引き起こしてしまいますface07icon10

散歩をしたり、ガーデニングを楽しんだりと、屋外にいるのが気持ちのいい5月ですが、
「ついウッカリ‥」がないよう、紫外線リスクに備えたいですね。

対策としては、このブログでも紹介しましたが、まずはPA値(Protection Grade of UVAの略でUV-Aの防止効果を示す指標)の高いUVケア化粧品を選ぶのが効果的。
日焼け止めなどは、肌への浸透を考え、外出の30分前には塗っておくようにしましょう。

また、日傘をはじめ、帽子や手袋、ストール、UV加工のサングラスなどの紫外線対策グッズ
上手に活用するといいですね。
日傘は、内側が白っぽい色だと地面からの照り返しによって紫外線を顔に集めることになるため、
選ぶ際には内側の色に注意が必要です。


5月の紫外線量は真夏と同じ!?




実は、紫外線がお肌の中の過酸化水素にあたると活性酸素が発生し、
それがしわやたるみの原因になるのです。
ナールスピュアの主成分ナールスゲン®には、線維芽細胞内の過酸化水素の量を抑制する働き
があり、皮膚のターンオーバーを促して、みずみずしく、明るいお肌に保つことが期待されています。
(詳細はこちらをどうぞ)

ということで、紫外線グッズに加え、基本のスキンケアには真皮の線維芽細胞に働きかけて
コラーゲン、エラスチン、HSP47を増やすサポート
をするナールスピュアをお役立てくださいねicon12



♥ナールス製品のこと、スキンケアのこと、何でもお答えいたします。 お気軽にお電話ください。  0120-700-535(平日9:00~18:00) エイジングケア化粧品ナールスピュア
同じカテゴリー(美容最新情報)の記事画像
うっかり日焼けもアフターケアで美肌をキープ!
ブルーライトは朝に浴びると◎
夏まっ盛り!8月に気をつけたいスキンケアポイントは?
ブルーライトの影響はお肌にも!?
紫外線よりも怖い近赤外線って!?
夏の化粧水選びは、成分に気をつけて!
同じカテゴリー(美容最新情報)の記事
 うっかり日焼けもアフターケアで美肌をキープ! (2019-08-17 11:15)
 ブルーライトは朝に浴びると◎ (2019-08-10 11:35)
 夏まっ盛り!8月に気をつけたいスキンケアポイントは? (2019-07-31 09:45)
 ブルーライトの影響はお肌にも!? (2019-07-25 08:00)
 紫外線よりも怖い近赤外線って!? (2019-07-18 08:00)
 夏の化粧水選びは、成分に気をつけて! (2019-07-11 08:00)

Posted by ナールス広報部員 at 10:07│Comments(0)美容最新情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。