ナールスでキレイ習慣 › 美容最新情報 › 美肌の鍵!?タイトジャンクションとは

2016年07月19日

美肌の鍵!?タイトジャンクションとは

こんにちは、ナールス広報部員です。

紫外線の強さに、夏本番を感じる今日この頃です。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?


美肌の鍵!?タイトジャンクションとは




さて、今日は、あまり聞いたことがないかもしれない
「タイトジャンクション」についてのお話です。

難しそうな名前ですが、お肌のうるおいなどにも深く関わっているので
ぜひ覚えておいてくださいね。


まず、タイトジャンクションとは、細胞と細胞とを密着させてすき間をふさぎ、
細胞のすき間を通して物質が出入りするのを防ぐはたらきをする
ベルト状の「細胞接着装置」のようなものです。

従来、タイトジャンクションは、気管や腸管、血管などにあり、
皮膚には存在しないと考えられてきました。
しかし近年、皮膚にも存在することがわかり、美容関連の業界などでも
注目されるようになってきたのです。


皮膚においては、タイトジャンクションは表皮の顆粒層にあり、

*お肌の水分や栄養分が外に出ていくのを防ぐ
*外部から異物が入ってくるのを防ぐ

という、お肌のバリア機能を維持するための役割を担っています。

つまり、タイトジャンクションは、角層とともにバリア機能の正常化に関わる、
エイジングケアの要といえるのです。


美肌の鍵!?タイトジャンクションとは




このように美肌に大切なタイトジャンクションも、加齢をはじめ、紫外線ストレスなど
さまざまな要因によって機能が低下してきます。

タイトジャンクションが弱まると、細胞が密着できず、隙間から水分が失われていくことで
乾燥の原因になってしまいます。
さらに、タイトジャンクションが緩むことによって、皮膚の神経線維が表皮にまで達し、
敏感肌になりやすいということもわかってきました。

乾燥肌や敏感肌に悩んでいる方、エイジングケア世代の方にとっては
タイトジャンクションを意識したスキンケアや生活習慣が大切なのです。


では、どうすればいいのか
「タイトジャンクションとは?敏感肌との関係を考える」の記事に
そのポイントをまとめています。

タイトジャンクションとバリア機能の関係についても、わかりやすく説明していますよ花丸


「タイトジャンクションとは?敏感肌との関係を考える」
をぜひお読みいただき、
毎日のスキンケアにお役立てくださいね。






♥ナールス製品のこと、スキンケアのこと、何でもお答えいたします。 お気軽にお電話ください。  0120-700-535(平日9:00~18:00) エイジングケア化粧品ナールスピュア
同じカテゴリー(美容最新情報)の記事画像
うっかり日焼けもアフターケアで美肌をキープ!
ブルーライトは朝に浴びると◎
夏まっ盛り!8月に気をつけたいスキンケアポイントは?
ブルーライトの影響はお肌にも!?
紫外線よりも怖い近赤外線って!?
夏の化粧水選びは、成分に気をつけて!
同じカテゴリー(美容最新情報)の記事
 うっかり日焼けもアフターケアで美肌をキープ! (2019-08-17 11:15)
 ブルーライトは朝に浴びると◎ (2019-08-10 11:35)
 夏まっ盛り!8月に気をつけたいスキンケアポイントは? (2019-07-31 09:45)
 ブルーライトの影響はお肌にも!? (2019-07-25 08:00)
 紫外線よりも怖い近赤外線って!? (2019-07-18 08:00)
 夏の化粧水選びは、成分に気をつけて! (2019-07-11 08:00)

Posted by ナールス広報部員 at 09:00│Comments(0)美容最新情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。