ナールスでキレイ習慣 › ナールスピュア › 肌悩み別対策 › 消してしまいたいほうれい線!効果的なエイジングケア方法は?

2016年01月26日

消してしまいたいほうれい線!効果的なエイジングケア方法は?

こんにちは、ナールス広報部員です。

寒さによる血行不良、乾燥などが、お肌にダメージを与えてしまうこの季節。
みなさん、いや~なほうれい線、目立ってきていませんか?

ほうれい線は、多くの女性があげている肌悩みの1つ。
口元にくっきりと現われるラインは、老け顔の一番の要因ともいわれていますね。


消してしまいたいほうれい線!効果的なエイジングケア方法は?



ほうれい線が目立つ原因として指摘されているのが、お肌の「乾燥」
でも、実は、乾燥に加えていくつかの要素が複雑に絡み合い、
そもそも根本的な原因は、お肌の「たるみ」といわれています。

年齢とともに頬の厚い脂肪を支える皮膚や皮下組織がたるんでしまい、
顔全体が下がってくるのです。


では、その「たるみ」は、なぜ起こるのでしょうか?

まず、顔の筋肉の衰えがひとつ。
私たちは、表情筋を伸縮させて笑ったり、怒ったりという表情をつくっています。
加齢によってその表情筋やお肌を土台から支える筋膜が衰えてくると、
頬にたるみが出てしまうのです。

もうひとつ、お肌の細胞にあるコラーゲンやエラスチンも影響しています。
お肌のハリ、弾力にかかわっているコラーゲンやエラスチン。
これらをつくり出す細胞が元気な20代の頃は、ほうれい線なんて気になりませんよね。

しかし、加齢や紫外線によるダメージ、不規則な生活習慣などによって、
コラーゲンが弾力を失ったり、コラーゲンを支える弾性線維エラスチンが減少。


消してしまいたいほうれい線!効果的なエイジングケア方法は?



消してしまいたいほうれい線!効果的なエイジングケア方法は?




さらに、細胞自体も傷ついて生成が減ってしまうことでたるみが引き起こされ、
口元に溝が深く刻まれてしまうというわけです。

こうしたことから、ほうれい線ケアには、保湿成分に加えて
お肌の中のコラーゲンやエラスチンにはたらきかけ、その産生をサポートする成分配合の
エイジングケア化粧品を取り入れるのがポイント。

乾燥対策を考えて、保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸を補給するだけでは
ほうれい線ケアとしては不十分といえます。


では、ほうれい線ケアには、どのようなエイジングケア化粧品を取り入れれば
いいのでしょうか?


正しいエイジングケアを一緒に学ぶ情報サイト
nahlsエイジングケアアカデミーでは、
30代~40代でほうれい線を消す?エイジングケア化粧水の選び方!
50代からのほうれい線ケアの化粧水はどう選ぶ?
などの記事で、ほうれい線ケアのための化粧水の役割や選び方を紹介しています。

それぞれの年代にふさわしいエイジングケア化粧品成分についても、説明していますよ花丸

ぜひ、お読みいただき、ほうれい線ケアへの知識を高め、
より効果の高いエイジングケアicon12を実践してくださいね。


また、ほうれい線ケアにおすすめのナールス製品「ナールスピュア」の情報はこちらです。
ほうれい線を消すエイジングケアローション(化粧水タイプ)


消してしまいたいほうれい線!効果的なエイジングケア方法は?



ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」



♥ナールス製品のこと、スキンケアのこと、何でもお答えいたします。 お気軽にお電話ください。  0120-700-535(平日9:00~18:00) エイジングケア化粧品ナールスピュア
同じカテゴリー(ナールスピュア)の記事画像
2021年も健やかな素肌づくりはナールスブランドで✨
美肌の大敵!顔冷えに注意しましょう
いよいよ12月☆今年を美肌でしめくくるためのスキンケアポイントは?
クイズに応募して新しいナールスピュアを体験☆
冷えを解消して冬の美肌をキープしましょう☆
ナールスピュアがリニューアル新発売☆
同じカテゴリー(ナールスピュア)の記事
 2021年も健やかな素肌づくりはナールスブランドで✨ (2020-12-31 15:55)
 美肌の大敵!顔冷えに注意しましょう (2020-12-21 18:38)
 いよいよ12月☆今年を美肌でしめくくるためのスキンケアポイントは? (2020-11-27 18:15)
 クイズに応募して新しいナールスピュアを体験☆ (2020-11-20 09:40)
 冷えを解消して冬の美肌をキープしましょう☆ (2020-11-13 11:03)
 ナールスピュアがリニューアル新発売☆ (2020-11-06 15:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。