ナールスでキレイ習慣 › 2018年01月19日

2018年01月19日

冬はなぜか便秘がちに?美肌の大敵を解消するには!

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、みなさん、ふだんは順調なのに、冬の寒い時期はなぜか便秘がちになってしまう。

そんな悩みはありませんか?

便秘の原因はさまざまですが、偏った食事や運動不足、ストレスや生活習慣の乱れによって、腸内環境が悪化し、腸の動きが低下することで生じやすいといわれています。







腸の中には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌などの腸内細菌が棲んでいて、腸内フローラ(腸内細菌叢)を形成しています。
腸内フローラのバランスがよいのは善玉菌が優勢の状態です。


便秘で腸の中にいつまでも便が溜まってしまうと、便が腐敗して悪玉菌が優勢になり有害物質が発生します。
この有害物質は腸から吸収され、血液中に溶け込み、全身を巡って基礎代謝や免疫力を低下させ、ニキビの原因菌に感染しやすくなったりと、お肌にも影響を与えてしまうのです。







また、便秘は肌の不調を招くだけでなく、お腹が張って不快なうえ、おなかも出て太った印象に。
美肌や美ボディを目指す女性にとって、便秘は大敵なのです。


さらに、便秘は冷えとも関係していて、寒くなると手足が冷えるのと同じように内臓も冷え、腸内温度が下がることで便を押し出す腸の動きが鈍くなり、便秘がちになります。

加えて、冬場は水分の摂取量が減り、空気も乾燥していることから、体内が水分不足になることも冬の便秘の原因と考えられています。


便秘を解消するには、食事を見直し、善玉菌を活発にする食べ物を摂取することが第一ですが、冬場は冷え対策や乾燥対策水分補給などにも気をつけたいですね。







ナールスエイジングケアアカデミーでは、美肌の大敵 便秘を解消するための腸内環境の整え方を記事にまとめ、詳しくご紹介しています。

ぜひ参考にしていただき、腸内環境とお肌の健康に役立ててくださいねクローバー


記事はこちらです。
花丸腸内フローラを整え便秘解消!肌荒れを改善して美肌へ

花丸便秘を解消して美肌へ!腸内環境は食物繊維や乳酸菌で整える

花丸便秘からくる肌荒れ 解消には食事の見直しから


  


Posted by ナールス広報部員 at 10:30Comments(0)肌悩み別対策周辺情報