ナールスでキレイ習慣 › 2017年05月12日

2017年05月12日

気になる紫外線についておさらいしましょう!

こんにちは、ナールス広報部員です。

最高気温が軽く夏日を超えてきました。
紫外線もぐんぐん強さを増していますね。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?






5月のスキンケアポイントでもご紹介しましたが、
この時期気をつけたいのは、何といっても紫外線対策です。

ということで、今回は紫外線についておさらいしてみましょう。


まず、紫外線にはUVA波UVB波UVC波の3種類があって、
そのうち地表に届くのがUVAとUVBです。







その中の大部分を占めているのがUVA

エネルギー自体は弱いので、お肌に急激な変化は与えないものの、
照射量が多く、また雲や窓ガラスも通り抜けてしまうため、
じわじわと光老化を進ませてしまう主な原因になっています。

光老化とは、紫外線を浴びることによって生じる、
シミ、しわ、たるみなどのお肌の老化のこと。
UVAはお肌の奥の真皮層にまで達し、ハリや弾力を生み出すコラーゲンや
エラスチン、ヒアルロン酸などをつくる線維芽細胞にダメージを与えてしまうと
考えられているのです。







一方、UVBは、真皮層にまで達することはないのですが、強いエネルギーで
お肌の表皮に影響を与え、お肌を赤くする日焼け(サンバーン)の現象を引き起こします。

これは、紫外線からお肌を守ろうとする防御反応ですが、
メラニン色素が沈着すると、シミやソバカスの原因になったり、
また皮膚がんの原因の可能性も指摘されています。


お肌への現れ方は違っても、UVA、UVBのどちらからもお肌を守ることが
皮膚の老化を防ぐためにはとても大切。

イヤなエイジングサインを目立たせないためにも、特に紫外線量が増すこれからの季節は、
日焼け止めを塗る日傘や帽子、サングラスなどのUVケアグッズを活用する
また紫外線を浴びた後のアフターケアを徹底するなどの紫外線対策が重要です。






いくつになっても健やかな素肌でいるための紫外線対策については
50歳になる前に!「希望」が見えるスキンケア物語
の情報サイトに詳しい内容をまとめています。

意外と知られていない紫外線のアフターケアについても詳しくご紹介していますので、
これからの季節のエイジングケアには必見ですよ!