ナールスでキレイ習慣 › 2015年06月08日

2015年06月08日

気になる目元、口元のエイジングサインに☆☆☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、今回は新製品のお知らせですicon12

本気のエイジングケアをサポートする化粧品ブランド ナールス
7月下旬新たなアイテムが登場します。





名前は、nahls Neo(ナールス ネオ)
目元、口元など、特に気になるエイジングサイン専用の美容液ですバラ


Neo(ネオ)というネーミングは
特に意識して配合した成分「ネオダーミル」のネオ
また、「新しい」という意味を持つネオ
に由来しています。

ネオダーミルって初めて聞くけど、どんな成分?
って思われた方も多いでしょうね。


ネオダーミルは、
コラーゲンやエラスチンの産生を強力にサポートし、使用後2週間で
花丸しわの体積を13%減少
花丸しわの深さを15%減少
させるエビデンス(臨床データ)があるという、今注目の成分!

スイスのインデュケム社が開発し、
2013年にパリで開催された、世界中の化粧品原料企業が集う
国際展示会「in-cosmetics 2013」でキラキライノベーションアワード金賞キラキラに輝いた
最新バイオテクノロジーによって開発された成分なのです。


nahls Neo(ナールス ネオ)には、このネオダーミルに加え、
さらに、産学連携で開発された成分を3つ配合しています。

そのひとつは、もちろんナールス製品の主成分「ナールスゲン」
2つめは、弘前大学と企業の共同研究で開発された「プロテオグリカン」
そして、3つめは信州大学とゲオール化学の共同研究から生まれた
「ダイダリンA」という成分です。


各成分をちょこっとご説明しますと、

プロテオグリカンは、もともとお肌の真皮にある成分ですが
年齢とともに失われてしまいます。
今回、配合するプロテオグリカンは、鮭の鼻軟骨から抽出したもので
花丸極めて高い保湿力
花丸EGF(上皮細胞成長因子)に近い作用
花丸コラーゲン、ヒアルロン酸の産生をサポート
するという特徴があります。

ダイダリンAは、「ホウロクタケ」というキノコの菌糸から抽出した成分。
花丸ビタミンEとよく似た構造
花丸強い抗酸化作用
花丸コラーゲンやエラスチンを分解する酵素の働きを阻害
といった、エイジングケアにとって大切なはたらきをサポートすることで
注目度が高まっています。


これら特徴ある4成分をひとつにした美容液は、世界で初めてのもの。
だから、ネオ(新しい)なのです。


ようやくボトルのデザインや色なども決まり、いよいよ生産!
という段階にきていますので、
発売日も近々ご案内できる予定です。

気になる目元、口元専用のエイジングケア美容液nahls Neo(ナールス ネオ)

みなさま、どうぞご期待くださいねバラバラ






  


Posted by ナールス広報部員 at 09:00Comments(0)製品情報