ナールスでキレイ習慣 › 2015年03月15日

2015年03月15日

カシコク紫外線対策【グッズ編】

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、先日のファッション編に続き、
今回は、紫外線対策に効果的なグッズを取り上げてみます帽子

外に出る時には日焼け止めを塗る、は鉄則として、
みなさんは降り注ぐ紫外線からお肌を守るために
どのようなアイテムを活用していますか?






日傘で紫外線をブロック!

日傘は、頭、顔、首など、上半身のほとんどを
紫外線から守ってくれるので、UVケア効果の高いアイテムといえます。

色、柄、折りたたみや長傘タイプ、晴雨兼用などなど、
バリエーションも豊富なので、洋服とのコーディネートを楽しんだり、
その日の行動、天候に合わせて使い分けるのもいいですね。

では、どんな日傘を選べばより効果的かというと


①傘の表面は白やシルバー系
 一般的に、濃い色は紫外線を通しにくいといわれていますが
 黒い生地は熱を吸収しやすく、傘をさしているだけで
 暑さを感じる原因にもなります。
 逆に、白色やシルバーは、光を反射する性質があるので、
 生地の温度の上昇も抑えられます。

 また、最近はUV加工のものも多いので、製品に付いている
 UVカット率(紫外線をカットする比率)
 遮光率(可視光線を遮る比率)
 の値を参考にして選ぶといいでしょう。
 
②傘の内側は暗めのカラーを
 注意したいのは、地表面の反射光です。
 傘の内側にシルバーでコーティングをしたものなどをみかけますが
 これでは照り返しの紫外線を顔に集めているようなもの。
 内側の色は、白や薄い色のものは避け、黒や紺など濃い色がおすすめです。

 また、内側に暗めの色を使った二重張りの日傘も増えているので
 購入する時には必ず傘を広げてみて、内側の色もチェックしましょう花丸






帽子で美肌&美髪をキープ!

何も紫外線対策をしていない場合、最も紫外線を浴びる部分は頭皮や髪の毛です。
頭皮が紫外線ダメージを受けると、髪の毛が傷むのはもちろん、
抜け毛の原因にもなるというので気をつけたいですね。

買い物で両手がふさがっていたり、混雑している場所で日傘が迷惑な時などに
日傘の代わりに紫外線から守ってくれるのが帽子。
直射日光を遮り、また熱中症の予防にもなるので上手に活用したいものです。

紫外線対策として帽子を選ぶ際のポイントは

①つばの広いタイプ
 麦わら帽子のように、頭、顔、首まで覆ってくれるつばの広いものが理想です。

②折りたためるタイプ
 脱いだ時に、帽子がじゃまになることもありますよね。
 そんな時のためには、コンパクトに折りたためるものがおすすめ。
 バッグに入れて持ち歩くこともできるので便利です。


日傘同様、帽子にもUVカット率などのラベルが付いているので
しっかりチェックして選んでくださいね。

かえって暑い、むれるなど、帽子が苦手という人は
ひんやり感じる涼感素材や通気性のよいメッシュタイプを選ぶとよいのでは?

また、UV対策用のヘアスプレー、髪の分け目専用のUVプロテクターなど
便利なアイテムも登場しているので、カシコク利用しましょう花丸


さて、スキンケアには、
紫外線による光老化抑制効果のあるナールスゲン配合
ナールスピュアがおすすめです。

シンプルな処方ながら、日焼けのアフターケアに効果的とされる
ビタミンC、Eも配合されていますicon12

商品の詳細は、こちらをどうぞ。
紫外線ケアやエイジングケアについて、わかりやすく説明しています。





  


Posted by ナールス広報部員 at 09:18Comments(0)ナールスピュア美容最新情報