ナールスでキレイ習慣 › 2014年10月31日

2014年10月31日

その症状、秋の花粉症かも!?

こんにちは、ナールス広報部員です。

みなさん、最近風邪をひいたわけでもないのにくしゃみが出たり、
また眼がかゆくなったりすることはありませんか?

こういった症状、実は花粉によるアレルギー症状かもしれないのですface08

え?花粉症!秋なのに??
そう思われる方も多いかもしれませんね。

花粉症といえば、春のスギやヒノキの花粉がよく知られていますが、
秋の花粉症はブタクサ、大ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉が主な原因です。
(各植物の写真はこちら http://www.geocities.co.jp/NatureLand/6452/sigoto9.htm


発症しやすい時期は、8月~11月頃。
くしゃみ、ねばりけの無い鼻水、眼のかゆみや充血、涙目が代表的な症状です。

お肌の症状としては、上まぶたが赤くはれたりカサカサになることがあります。
また、花粉のつきやすいあごから首に症状がでることもあるそうですicon15icon15


対策としては、花粉を吸い込まないようにマスクをしたり、帽子や花粉対策めがねが有効とか。
春の花粉症対策と同じですね。

外出から戻ってきた際には、玄関に入る前に洋服についた花粉を手で払っておく、
またお肌は洗顔やシャワーで早く落とすようにするとよいでしょう。

さらに、この時期に化粧品に敏感になってしまうこともあるので、
「花粉症かも?」と感じたら、皮膚科やアレルギー専門クリニックを受診すると安心ですね花丸


ヨモギは草地や土手で育ち、ブタクサ大ブタクサカナムグラは野原や道ばたで育ちます。
スギ花粉とは違ってこれらの花粉は広範囲に飛散しないため、
ご自宅の近くや通勤範囲にこれらの植物が生育していなければあまり心配ありませんし、
こういった場所に近づかないようにするのも対策のポイントといえます。


ちなみに、花粉症の検査には、血液検査、花粉エキスを使った皮膚テスト、
涙でアレルギー反応をチェックする涙液検査などがあります。

不安のある方は、検査しておくことで対策もできるので、受診してはいかがでしょうかクローバー





  


Posted by ナールス広報部員 at 12:10Comments(0)周辺情報