ナールスでキレイ習慣 › 2014年10月14日

2014年10月14日

HSPパワーでキレイをめざす! Part1

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、今回は、最近注目度がアップしているHSP(ヒートショックプロテイン)についてのお話です。

雑誌やTV番組でも取り上げられているので、みなさんも1度は耳にされているかもしれませんね。


HSPとは、「熱ショックたんぱく質」とも呼ばれる、人間の細胞の中にあるたんぱく質のひとつ。

そもそも、私たちの体は、皮膚や筋肉、血管など、あらゆる組織や細胞がたんぱく質でできていて、紫外線やウィルス、気温の変化、精神的ストレスなど、外部から過度のストレスを受けると、
たんぱく質が傷ついて正常な働きができなくなってしまいます。

それが、体の不調や肌トラブルにつながっているんですね。


一方で、たんぱく質が傷つくと、それを修復しようと働くたんぱく質が生まれるのですが、
それがHSP(ヒートショックプロテイン)
私たちの体に備わっている自己回復力を呼び覚まし、健康をサポートしてくれる
頼もしい存在ですicon14icon14






最近では、「HSP療法」という治療法の研究も進み、HSPを増やすことで痛みやつらい症状を
緩和し、また傷ついた細胞の修復や再生を促すという試みが、医療の現場で実践されるケースが
増えているそうです。


さらに、たんぱく質を正常な状態に導くというHSPの働きは、
しわやシミなどの予防にも効果を発揮。
美肌をもたらしてくれることもわかってきたのですicon12

HSPの美肌パワーの中でも、注目したいのがコラーゲンへの作用。

HSPにはいくつかの種類があって、そのひとつ、HSP47(分子量47のヒートショックプロテイン
という意味だそうですが、ちょっとむずかしいですねface02)はコラーゲンと結びついて、
コラーゲンを正しい形に導き、質の高いコラーゲンにするのを助ける働きがあります。


コラーゲンはお肌のハリや弾力を保ち、しわやたるみと深く関わっていることはご存知ですね。

つまり、日頃から体内にHSPを増やしておけば、コラーゲンへの働きを高めて
いや~なエイジングサインの予防につながるというわけなのです花丸

「HSPって、どうしたら増やせるの?」と思われた方、その方法はPart2でお届けしますね。
どうぞお楽しみに!!

ところで、HSP47は、ナールスピュアととっても関係が深いんですよ。
もっと詳しく知りたいという方は、こちらを参考にしてください。

  


Posted by ナールス広報部員 at 19:48Comments(0)ナールスピュア成分美容最新情報