2014年06月30日

10成分のみでできています✿

こんにちは、もうすぐ発売1周年を迎えるナールスピュアです。





このブログでも何度かご紹介しているように、ナールスピュアの主成分は
京都大学化学研究所 平竹潤教授と大阪市立大学大学院 小島明子准教授らによって
開発されたナールスゲン®です。

お肌の線維芽細胞を活性化して、
コラーゲンの生産能力を約2~3倍に
コラーゲンをしっかり束ねる役わりのエラスチンを約1.5倍に
さらに、コラーゲンの質を高める
HSP(ヒートショックプロテイン)47
約1.3 倍に増やすことがわかっています。


ナールスピュアは、この画期的なエイジングケア成分の効果を最大限に高めるため、
また、お肌が敏感な方たちにも安心してお使いいただきたいとの思いから、

クローバーきわめてシンプルな処方にする
クローバーナールスゲンとの相性のよい成分を配合する
クローバー安全性に十分配慮する

という方針のもとに開発を進め、さまざまな検討を重ねた結果、
10成分のみで構成されたスキンケア化粧品として、昨年7月5日に誕生しましたバラ

今回は、その一つひとつの成分についてご説明します。

1.精製水
製品の形状を決める原料のことを基材(基本成分)といいますが、これは基材として
配合しています。

2.グリセリン
保湿や保水を目的に配合。価格的には幅広いのですが、ナールスピュアには最高品質の
グリセリンを入れています。

3.BG
これも保湿を目的に配合。うるおいを保ち、みずみずしい肌にする目的で、化粧品に
広く用いられています。

4.1,2-ヘキサンジオール
刺激性の低い保湿成分です。

5.カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル
これがナールスゲン®ですicon12
この長い名称が「国内表示名称」で、ナールスゲンというのは商標登録名になります。

ナールスピュアの化粧箱や説明書などには、国内表示名称を表記する必要があるのですが、
ふだんは覚えていただきやすいように、「ナールスゲン」の名称を使っています。





真皮中の線維芽細胞に働きかけ、肌の弾力や角質の水分量を改善することを
目的に配合しています。

6.アスコルビルリン酸Na
ビタミンC誘導体です。ビタミンCはお肌に吸収されにくい性質があり、
浸透しやすい形に改良したものがビタミンC誘導体。
角質層へ浸透しやすく、お肌から吸収された後、酵素反応によってビタミンCに変化します。

保湿、美白が目的ですが、ナールスゲンとの相加効果を期待して配合。
ナールスゲンにビタミンCを加えると、コラーゲンが増えることがデータで示されています。

7.トコフェリルリン酸Na
ビタミンE誘導体です。ビタミンE は油に溶けやすい脂溶性のビタミンですが、
これを水溶性にしたのがビタミンE誘導体です。
ビタミンCと働いて、紫外線などで引き起こされる酸化ストレスから皮膚を守ります。

抗酸化、抗炎症、保湿が目的です。

8.ベタイン
ビート(砂糖大根)から分離精製される天然物質。乳化を目的に配合しています。

9.PEG-20ソルビタンココエート
これも乳化を目的に配合。ヤシ脂肪酸とソルビトールを化学合成した、ヤシ脂肪酸ソルビタンに
酸化エチレンを付加重合したもので、非イオン性の界面活性剤です。

10.フェノキシエタノール
防腐を目的に、薬事法で定められている0.1%以下の含有量で配合しています。
お茶など自然界に天然物として存在する成分であり、パラベンなどと比較して毒性は
弱いものです。
 ※化粧品・食品の成分では、エタノール類はアルコールとして定義されていません。


さらにいえば、ナールスピュアには
パラベン、合成香料、アルコール、石油系界面活性剤、鉱物油、動物性原料、シリコン、
旧指定成分(薬事法が改正される以前、アレルギー症状を引き起こす可能性があるとされた
102種類)は使用していません。


ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体については
このブログでも成分紹介していますので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。
http://nahls.citylife-new.com/d2014-02-11.html
http://nahls.citylife-new.com/d2014-02-22.html  


Posted by ナールス広報部員 at 10:13Comments(0)成分

2014年03月04日

ヒートショックプロテインを増やしましょう!

こんにちは、ナールス広報部員です。

今、ヒートショックプロテイン(HSP)が、メディアでも話題になっていますねicon14icon14
みなさんは、どんなものかご存知ですか?

HSPとは、「熱ショックたんぱく質」とも呼ばれる私たちの体にあるたんぱく質のこと。

なぜHSPが話題になっているかというと、健康やアンチエイジングに関係が深いことが明らかになってきたからです。

HSPには、傷ついた細胞の修復や再生を促すという効果があり、医療の現場でもこの働きを活かそうとする研究が進んでいます。

さらに、お肌のしわやしみにも効果的で、美肌をもたらしてくれることもわかってきたのですicon12

HSPにはいくつか種類があるのですが、そのひとつにHSP47というものがあります。
このHSP47は、コラーゲンと結びついて、コラーゲンを正しい形に導き、質の高いコラーゲンにするのを助ける働きがあるのです。

お肌のコラーゲンは、量を増やすだけでなく、正しく働けるように質を高めることも重要なのですね。

そのことを活かした美容法があるので、ご紹介しますね。

ひとつは、蒸しタオルと冷水で洗顔することで、その温度差によりヒートショックプロテインを増やす方法。比較的、お手軽で効果の高い美容法です。

もうひとつは、42度温浴

通常より高い温度のお風呂でしっかり体を温めることによって、HSPを高めるために入浴法です。
42度だと5~10分でHSPが高まり、41度なら15分、40度なら20分の入浴が必要だとのデータがあるそうですよ。
(ただし、高齢の方、心臓疾患があったり体調がすぐれない方などは、無理は禁物。HSPのために、健康を損なっては、本末転倒です)

そして、3つ目の選択肢は、ナールスピュアビックリ
ナールスピュアの成分、ナールスゲン®には、コラーゲンやエラスチンを増やすだけでなく、HSP47を1.3倍に増やすという科学データがあるのです!

加齢によって減少してしまうHSPicon15icon10
最近ではHSPを配合した化粧品も登場していますが、健やかでイキイキしたお肌を取り戻すためには、やはり自分の肌がHSP47を作り出す機能を高めてあげることが大切ですよね。

美肌力をアップする習慣づくりに、ぜひナールスピュアをお役立てくださいね。
http://www.nahls.co.jp/pure_hsp/






  


Posted by ナールス広報部員 at 20:45Comments(0)成分

2014年02月22日

ビタミンEは「若さのビタミン」!(成分のお話‐その4)

こんにちは、ナールス広報部員です。

今回は、先日のビタミンCに続き、ナールスピュアに配合されているビタミンEを取り上げてみます。
名前としてはよく耳にする成分ですが、みなさんはどんな印象をお持ちでしょうか?

実はこのビタミンE、「若さのビタミン」とも呼ばれるエイジングケアの強い味方なのです!
これは、ぜひ知っておきたいですよね。


では、まず基本から

ビタミンE (Vitamin E) は、脂溶性ビタミンの1種です。トコフェロール(tocopherol)とも呼ばれ、医薬品、化粧品、食品、飼料、食品添加物の酸化防止剤としてよく使われています。

ナールスピュアに入っているのは「トコフェリルリン酸Na」でビタミンEの誘導体
もともとビタミンEは水に溶けにくく、水中で不安定なため分解しやすい性質があります。でも、リン酸基を加えることで水に溶けやすくなり、化粧品でも使いやすくなった優れた原料なのです。

これで、高濃度配合の処方もできるようになりました。


次に、その働きとは?

ビタミンEの役割は、全てお肌のエイジングケアと関係が深いものといえます。

まずは抗酸化。ビタミンEは紫外線やストレスなどで発生する活性酸素を減少させる働きがあります。

また、肌表面で皮脂の酸化を防止し、紫外線や大気汚染物質など外界の刺激から肌を守る
バリア機能を果たしています。

さらに、注目されているのが血行促進作用
血液の循環を促し、皮膚の新陳代謝を高めることで、肌荒れやシミやそばかすを予防する美肌効果も期待できるのです。

このようにビタミンEは、エイジングケアには欠かせない成分。
ちなみに、食品の中ではアーモンドなどのナッツ類、オリーブオイルや大豆油などの油脂類、青魚、いくらやたらこなどの魚卵類、日本茶にも多く含まれています。








食生活は美肌づくりの基本。化粧品だけでなく、日々の食事にうまく取り入れてみてくださいね。


いっしょなら、パワーがアップ!?

ナールスピュアにビタミンEを配合した理由は、もうひとつの配合成分ビタミンCとの関係性から。ビタミンCを配合した理由は、ナールスゲン®とコラーゲンとの相乗効果からなのですが、さらにビタミンEの消費を節減する効果もあるのです。

ビタミンEが抗酸化作用を発揮することで消費されても、ビタミンCが豊富にあると、ビタミンCがビタミンEを再生して抗酸化作用を復活させることができるのです。
なので、EとC単独で働くより、2つがいっしょに働けば、より強い抗酸化作用や相乗効果を期待できるというわけなんですね。

ナールスゲン®を主成分に、極めてシンプル処方のナールスピュアですが、効率的にエイジングケアをサポートするicon12究極のレシピicon12ともいえるのです。
  


Posted by ナールス広報部員 at 10:33Comments(0)成分

2014年02月11日

ビタミンCは美肌サポーター!(成分のお話-その3)

こんにちは、ナールス広報部員です。

みなさんは、ビタミンCと聞くと、どんなことを思い浮かべますか?

レモンにたくさん含まれている
健康には欠かせない成分
化粧品に配合されている
清涼飲料水やお菓子にも入っている

などでしょうか。
こうして見ると、ふだんの生活になじみのある成分といえますね。

でも、実は誤ったイメージを持たれていることもあり、レモンとの関係でいえば、ビタミンC含有量はグレープフルーツやユズよりも低いのです。
ということで、今回は私たちにとって身近だけれど、知られていないことも多いビタミンCについてお話いたします。






ビタミンCは、水溶性ビタミンのひとつで、私たちが生きていく活動のさまざまな場面で重要な働きをしています。
たとえば、血管や皮膚、粘膜などを強くし、血液中の白血球の働きを助けてウィルスから守ってくれるのもビタミンC。よく風邪予防にはビタミンCといわれるのは、このためなのですね。

また、美肌との関係も深く、
*活性酸素からお肌の細胞を守り、肌の老化を防ぐ
*メラニン色素を抑制、分解することでシミを予防、改善する
コラーゲンの生成をたすけ、肌にハリと弾力を与える
抗炎症作用があり、ニキビを予防
*皮脂分泌や皮脂腺の広がりを抑え、毛穴を目立たなくする
といった大切な役わりを果たしてくれます。

ただ、ビタミンCはもともと不安定で、壊れやすい性質があります。そのため、熱や光、空気などに対しても壊れにくく安定させる必要があり、さらに肌への浸透性や体内での持続性を高めたのが、
「ビタミンC誘導体」と呼ばれるものです。多くの化粧品には、このビタミンC誘導体が配合されています。

ビタミンC誘導体にはたくさんの種類がありますが、サプリメントや化粧品の成分表示に、「アスコルビン酸○○」、「○○アスコルビル△△」などとあれば、ビタミンC誘導体が入っていると覚えておいてくださいね。

ちなみに、ナールスピュアに入っているのは、アスコルビルリン酸Na
吸収に優れ、皮膚中でビタミンCになってさまざまな効果を発揮します。






ちょっと専門的になりますが、美肌成分コラーゲンはたんぱく質のひとつで、アミノ酸から作られます。このアミノ酸がコラーゲンになるには酵素の助けが必要で、その酵素を助けるのがビタミンCなのです。
ナールスピュアの主成分「ナールスゲン®」は、線維芽細胞にアプローチしてコラーゲンを2~3倍に増やす作用が実証されていますが、ビタミンCとナールスゲンの両方を線維芽細胞に加えると、効果が相乗的に高まることもわかっています。

(もっと詳しく知りたいという方は、こちらを参考にしてくださいね)

ですから、ナールスピュアにはナールスゲン®に相加的に働くビタミンC、抗酸化成分ビタミンEを配合。選び抜かれた成分が、まっすぐ素肌に届くようにシンプル処方になっているのです。


付け加えると、ビタミンCは人の体では作れないため、美肌はもちろん健康のためには必ず食事から摂る必要があります。ピーマン(特に赤や黄)、ゆず、アセロラ、芽キャベツ、ケールなどがビタミンCを豊富に含む食品なので、日ごろから意識して摂取したいものですねクローバー

 


  


Posted by ナールス広報部員 at 11:47Comments(0)成分

2014年01月07日

コラーゲンだけではダメ!?「たるみ」予防の真実(成分のお話-その2)

こんにちは。ナールス広報部員です。

さて、みなさんは「エラスチン」という成分をご存知でしょうか?
コラーゲンが美肌のカギを握っていることはよく知られていますが、実はエラスチンも同じくらい重要なことは意外と知られていないのです。

というわけで、今日はエラスチンについてお話しますね。

エラスチンは、コラーゲン同様体内にあるたんぱく質のひとつ。肌のハリや弾力に関係する真皮に多く存在しています。
真皮を構成しているのは、コラーゲンが約70%と圧倒的に多く、エラスチンは2%前後。ですが、弾力繊維とも呼ばれるエラスチンがコラーゲン同士を束ねることで皮膚の弾性が維持され、若々しくハリのある美肌が保たれているのです。




このエラスチンですが、突如として皮膚だけが老化したようになる「後天性皮膚弛緩症」という病気の患者さんでは、すごく減少することがわかっています。
昨年11月20日のTV番組「 世界が仰天」でも放映されていたので、記憶に新しい方もおられるかもしれません。

こうしたことからも、エラスチンがアンチエイジングにとってとても重要なことがわかりますね。

残念なことに、お肌のエラスチンの数は20代後半をピークに、その後は加齢とともに数が減少し、伸縮性も弱まっていきます。また、紫外線によってもエラスチンは劣化し、コラーゲンを支えることができなくなると、肌の弾力がなくなってしまいます。

これが、いわゆる「たるみ」の原因です。

「くすみ」や「小ジワ」は毎日のスキンケアで改善できるものもありますが、たるみは、一度できてしまうと、なかなか修復することはできません。なので、若いうちからたるみをつくらないように心がけることが大切。また、今以上にたるみが進行しないためのケアも必要なのです。

エラスチンが配合されたサプリメントや化粧品が販売されていますが、コラーゲンと同様にエラスチンを塗っても、飲んでも、肌のエラスチンを増やすことにはつながりません。

最近話題の方法としては、再生医療の一種である「線維芽細胞注入療法」というものがあります。これは、自分自身の線維芽細胞を増やし、コラーゲンやエラスチンを作り出すという方法ですが、効果はあるものの実施している施設が少なく、費用もかなり高め。
誰もがすぐにできる対策とはいえませんね。

そこで、おすすめしたいのが、毎日のスキンケアに手軽に取り入れられる
ナールスピュアです。(宣伝ですビックリ





ナールスピュアの主成分は、線維芽細胞にアプローチし、コラーゲンを2~3倍、エラスチンを1.5倍に増やす科学的データがある新規アミノ酸誘導体「ナールスゲン®」。さらに、「ナールスゲン®」との相乗効果の高いビタミンC、ビタミンEなどを配合し、エイジングケアをじっくり、しっかりサポートします!

恐怖のエイジングサイン「たるみ」対策に、ナールスピュア習慣を始めてみてはいかがですか?

ナールスピュアの詳細はこちらをどうぞ。
  


Posted by ナールス広報部員 at 19:02Comments(0)成分

2013年10月30日

知っておきたいスキンケア成分のお話(その1)

いきなりですが、ナールスピュアの主成分「ナールスゲン®」は、画期的なアミノ酸誘導体です!

といっても、何のことかわからない!?という方が、きっと多いのでは。
そこで今回は、「ナールスゲン®」のことをよく知っていただくためにも、化粧品を選ぶときの参考にしていただくためにも、「アミノ酸誘導体」についてご説明します。

最近では、さまざまな美容成分がブームになったり、雑誌で特集されたりしていますね。その中で「アミノ酸配合」とか「アミノ酸コスメ」といったことばを聞いたり、見かけたりすることはありませんか?

そもそもアミノ酸とは、あらゆるたんぱく質の原料となるもので、いわば「たんぱく質のもと」。私たち人間のカラダは、60%が水分、20%がたんぱく質で構成されていますが、そのもっとも小さな成分の単位がアミノ酸なのです。

ちなみに、女性なら誰もが知っているコラーゲンもたんぱく質。アミノ酸からできています。
ということは、アミノ酸は美肌にとって重要な成分、ということがわかってきますね。




スキンケアの基本は「保湿」といわれていますが、アミノ酸には肌の角層に水分を溜め込む働きがあり、保湿力を高めてくれます。逆にアミノ酸が不足すると、潤いがなくなり、肌荒れをおこしたりすることも。なので、化粧品成分としてアミノ酸が重視されているのです。

では、その「アミノ酸」の「誘導体」って何?ってことですが、
誘導体とは、もとの成分が持つ形(構造)や性質を大きくは変えない程度に変化させた成分(化合物)のことをいいます。

ちょっとややこしいですねface04icon10

要は、形はもとの成分に近くて性質も似ているけど、どこかがちょっと違う成分、と覚えておいてくださいね。
わざわざ誘導体にするのには、不安定なものを安定化させたり、体内での吸収率を高めるといった理由があります。

で、はじめに言ったように、「ナールスゲン®」はこのアミノ酸誘導体です。自然界にあるものではなく、大学の研究室で誕生した成分。アミノ酸に近い形、性質を持っていて、保湿をはじめ美肌のために重要な働きをします。

「ナールスゲン®」を配合したナールスピュアは、いわばアミノ酸コスメの仲間。どうぞ毎日のスキンケアにお役立てください!

「ナールスゲン®」には、さらに秘めたパワーがあるのですが、それはこれから少しずつご紹介していきますね。

「ナールスゲン®」についての詳しい情報を知りたい方は、こちらをどうぞ。


  


Posted by ナールス広報部員 at 07:15Comments(0)成分