ナールスでキレイ習慣

2020年01月19日

早めの対策がポイント!花粉による肌荒れを防ぐ方法

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、みなさん、今年の花粉症対策は万全でしょうか?






毎年、春になると症状が出てくる花粉症ですが、全国的に冬の気温が高めの今シーズンは、すでに花粉の飛散を観測している地域もあるとか。


目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりが花粉症の4大症状といわれていますが、人によっては咳や頭痛、不眠、全身の倦怠感など、さまざまな症状を引き起こす場合があります。





さらに、一般的な花粉症の症状はなくても、春にお肌のかゆみ、赤みなどの肌トラブルを感じる人は多く、これも花粉の影響と考えられています。

目や鼻を擦ったり、鼻のかみ過ぎによる摩擦で肌にダメージを与え、肌荒れを起こしていることもあるようですね。


花粉が原因の肌荒れは、花粉症皮膚炎と呼ばれ、遺伝的にアトピー因子を持っていてお肌のセラミドが少なかったり、天然保湿因子(NMF)のもととなるフィラグリンが少ないことがわかっています。

もともとこれらの少ない方は、表皮の角質層のバリア機能が弱いので、花粉をはじめ外部の刺激にも弱いのです。






花粉症の対策は、アレルゲンである花粉との接触を避けることが最大のポイントですが、これは難しいですね。

ですので、外出時にはマスクやゴーグル、帽子などでガードするほか、花粉の付着しにくいナイロンやポリエステル素材の衣類を身に着けるなど、心がけましょう。

花粉防止スプレーを利用するのも効果的です。


また、室内の花粉の80%以上は、衣類から持ち込まれるともいわれているので、必ず花粉を払ってから家に入るなどの習慣も大切です。


気をつけておきたいのは、さまざまな症状が花粉が原因なのか、 他の病気が原因なのかがわからないこと。
専門のクリニックを受診し、しっかり原因を突き止めることが大切です。


花粉症による肌荒れがある場合は、バリア機能が低下した状態なので、刺激のあるスキンケアは禁物です。

メイクも、肌への負担が少ないルースパウダー(粉白粉)か、パウダーファンデーションにしておきたいですね。





これから始まる花粉の季節、正しい対策で乗り切りましょう。


ナールスエイジングケアアカデミー
花粉による肌荒れ「花粉症皮膚炎」は治療とスキンケアで保湿
の記事も参考にしてくださいね花丸






  


2020年01月12日

子供も乾燥肌対策が必要?保湿でケアしましょう!

こんにちは、ナールス広報部員です。

暖冬といわれている今シーズンですが、やはり朝晩の冷え込みや風の冷たさは冬本番ですね。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?







さて、この時期の肌悩みといえば、やはりお肌の乾燥ではないでしょうか。


乾燥肌は、年間を通して女性に多い肌トラブルですが、寒い冬は気温・湿度ともに低下し、また、エアコンなどの暖房によって、さらに乾燥が進んでしまいがちです。


そして、乾燥肌が気になるのは女性ばかりではなく、赤ちゃんや小さな子供たちも同じなのです。

子供たちのお肌は、大人と比べると皮脂や天然保湿因子(NMF)の量が少ないことがわかっています。
また、子供の皮膚は、大人よりも薄いことが特徴です。


そのため、ちょっとした刺激でもダメージを受けやすく、夏場もお肌がカサカサすることがありますが、特に冬の乾燥した環境は、乾燥肌やそれが原因のかぶれやかゆみといった肌トラブルが増えてしまうのです。






このほか、子供の乾燥肌の原因には、部屋の乾燥身体の洗い過ぎ衣類の繊維の刺激です。また、花粉などのアレルゲンやストレスなどがあります。

さらに、感染対策の基本である手洗いの励行による手肌の乾燥や手荒れにも気をつけてあげたいですね。


ナールスエイジングケアアカデミーでは
子供・赤ちゃんの乾燥肌対策は正しい保湿で!NGに注意
の記事に、子供の乾燥肌の原因や予防、改善のための正しい保湿やスキンケアの方法をご紹介しています。


記事を参考にして、お子さんたちの冬のお肌を守ってあげてくださいね花丸


記事はこちらです。
子供・赤ちゃんの乾燥肌対策は正しい保湿で!NGに注意


  


Posted by ナールス広報部員 at 10:00Comments(0)肌悩み別対策ナールスユニバ

2020年01月06日

1月のプレゼントは☆ナールスの新製品コラーゲンサプリメント☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

本年もみなさまの健やかな素肌づくりをサポートしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします花束花束






ということで、2020年最初の恒例!エイジングケア応援コスメプレゼントクイズです!


楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけ、美肌をキープしましょうicon12


さて、1月のクイズは、誰もがしっている美容成分「コラーゲン」がテーマ。


コラーゲンは、もともと人の体内にある成分ですが、年齢とともに減少していきます。そのため、バランスの良い食事や紫外線対策などでキープすることが必要なのです。







ところで、コラーゲンというと、「飲めば美肌になれる!」「飲んでも意味がない!」など、評価もさまざまですね。

ただし、最近では研究が進み、食べたコラーゲンがコラーゲンペプチドとして、細胞にまでたどり着くことがわかってきました。だから、摂取することに健康や美容上のメリットが期待されているのです花丸








そんなコラーゲンは、魚由来や動物由来など様々なタイプがありますが、果たして種類によって効果は違うのでしょうか?

ということで、ぜひクイズにチャレンジして、コラーゲンの知識を身につけてくださいね。


そして、今月は、新製品「ナールス 低分子純粋コラーゲン」(7個入り1週間分)を新春にふさわしく、なんと30名様にプレゼントします!


「ナールス 低分子純粋コラーゲン」は、日本でたった1%しか流通しない希少でプレミアムな天然魚由来のコラーゲン・ペプチド使用したサプリメントなんですよicon12



クイズの詳細や応募方法については、ナールスエイジングケアアカデミー
2020年1月のエイジングケアクイズ!テーマは、「コラーゲンって種類で効果が違うの?」
の記事をご覧くださいね。


また、今回のクイズのヒントは、「100%天然海水魚から抽出したマリンコラーゲンの秘密」や「マリンコラーゲンとフィッシュコラーゲンに大きな違い!真実は?」をご覧ください。


たくさんのご応募お待ちしていますクラッカー


  


Posted by ナールス広報部員 at 11:20Comments(0)活動製品情報

2019年12月28日

2020年☆新春の美肌づくりは保湿から!

こんにちは、ナールス広報部員です。

令和の始まりの年も、残りわずかとなってきました。

今年もナールスブランドのエイジングケア化粧品をご愛顧いただき、本当にありがとうございました2ハート


来る2020年も、みなさまの健やかなカラダや美肌づくり をサポートしてまいりますので、引き続きナールスをよろしくお願いいたします。







ということで、本年最後のブログでは、新春1月のスキンケア情報をお届けしますicon12


1年で最も寒く、乾燥する時期を迎える1月のスキンケアやエイジングケアは、
まずは保湿による乾燥肌対策を心がけましょう。


ポイントとしては、
●水分の蒸発を防ぐため、化粧水や美容液に加えクリームなどの油溶性成分を取り入れる
●顔のお肌だけでなく、手足やひじ、かかと、首やデコルテなどの乾燥も予防する
●乾燥を防ぐためにもやさしいクレンジング、洗顔を心がける
●食事や入浴など日常生活に気をつけるとともに、温活で冷えを予防・改善する








大寒を迎える1月は、寒さによる体調不良がお肌の不調をもたらすことも多いので、体調管理にはいつも以上に気をつけたいものですねicon04



ナールスエイジングケアアカデミーでは、
新春!2020年1月のスキンケアとエイジングケア
の記事に、1月の季節特性を踏まえたスキンケアやエイジングケアの実践ポイントをまとめ、詳しくご紹介しています。


旬の食べ物やおすすめの美肌レシピもご紹介していますので、ぜひお読みくださいね。


寒さに負けない素肌づくりにお役立ていただくとともに、気持ちも新たに、2020年もごいっしょにスキンケアやエイジングケに取り組んでいきましょう花丸


記事はこちらです。
新春!2020年1月のスキンケアとエイジングケア


ナールスブランドの製品については、こちらをどうぞ
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品のことならナールスコム


  


2019年12月21日

メイクしたまま寝てしまった!!翌朝のスキンケアは?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、今年も残り少なくなってきましたね。

この時期は、2019年の締めくくりとして、職場やサークルの仲間、ママ友たちとの忘年会を楽しんでいる方が多いのではないでしょうか。

また、クリスマスや年末年始もすぐそこクリスマスツリーicon27
何かとお酒を飲む機会が増える頃ですね。






お酒は、飲み過ぎると二日酔いになったり、翌朝顔がむくんだり、化粧のノリが悪くなったりと、美肌にも悪影響が出てしまうので気をつけたいですね。


さらに注意したいのが、夜遅く帰宅してそのままメイクを落とさず寝てしまうこと!

みなさんの中にも、そんな経験をした人もいらっしゃるのではないでしょうか。







メイクをしたまま寝てしまうことは、肌老化や肌悩みの原因になってしまいます。


というのも、朝にしたメイクをそのままにして寝てしまうと、20時間くらいメイクアップ料やいろんな汚れがお肌の表面についた状態に。
そのため、粉末の成分が肌の水分を奪ってしまい、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。

また、汗や皮脂と混ざり合って、雑菌などが繁殖してしまうことも。


さらに、ファンデーションなどの油性の成分は、時間が経過すると酸化してしまいます。


酸化とは、メイク汚れが酸素と結合して活性酸素を引き起こし、過酸化脂質へと変化すること。
過酸化脂質は周りの細胞も酸化させるため、お肌のダメージになってしまうのです。







では、うっかり寝落ちしてしまった翌朝、どうリカバリーすればいいのでしょうか。

ポイントは、
・しっかり水分補給する
・素早く、しかもやさしくクレンジングする
・美容液や保湿クリームでいつもより念入りに保湿ケアをする
・フェイスマスクで美容成分を浸透させるのもおすすめ
・食事や睡眠にも気を配り、体の疲れを回復させる


以上のことを実践してくださいねicon12








ナールスエイジングケアアカデミーでは、
メイクを落さず寝落ちした私!翌朝のスキンケアと対策は?

の記事に、メイクを落とさずに寝てしまった翌朝のスキンケアや改善対策を詳しくご紹介しています。


「うわっ!大変!!」と思った時は、ぜひ参考にしてくださいね。


令和元年の年の瀬を健やかな素肌でお過ごしくださいワイングラスカクテルビール



  


2019年12月14日

カラダがかゆい!これって乾燥肌?

こんにちは、ナールス広報部員です。


12月も半ばとなり、冬も本番を迎えますね。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?

この時期、やはり気になるのはお肌の乾燥ですが、

カサカサに加えてかゆみも出てきた
顔だけでなく、身体もかゆい


など、お肌のかゆみにお悩みの方も多いのではないでしょうか?






冬場は気温の低下によって血行が悪くなり、お肌の細胞に栄養が行き渡りにくくなります。
また、寒くなると汗をかかなくなるため、皮脂膜も減少傾向に。

さらに、大気の乾燥、エアコンによる室内の乾燥などによって、お肌の水分量が少なくなり、バリア機能の低下を招いてしまうのです。


バリア機能が低下したお肌は刺激を受けやすくなり、かゆみの神経が皮膚の表面にまで伸びてくることから、ちょっとした刺激でもかゆみを感じてしまうことに。

また、この時期は熱いお風呂に入ったり、身体を洗いすぎたりすることも乾燥を進ませ、かゆみが出やすくなるので注意が必要です。


こうした症状を防ぐためには、顔だけでなく、身体もボディクリームなどでしっかり保湿を心がけましょう花丸







外からのケアだけでなく、

*ビタミン類が豊富な緑黄色野菜、不飽和脂肪酸を多く含む青魚、亜鉛を含むチーズなどの乾燥肌を防ぐ食べ物を摂取する
*加湿器などを使って室内の乾燥を防ぐ
*睡眠中にはお肌の再生を促す成長ホルモンが分泌されるため、しっかり睡眠を取る

などの生活習慣にも気をつけたいですね。



ナールスエイジングケアアカデミーでは、
ボディの乾燥肌対策も大切!からだの保湿ケアを
の記事に、身体の保湿ケアを中心にした乾燥肌対策をご紹介しています。


ボディクリームの選び方や乾燥肌を防ぐ日常生活のポイントなどもご紹介していますので、お肌のかゆみが気になる方はぜひお読みくださいね。


記事はこちらです。
ボディの乾燥肌対策も大切!からだの保湿ケアを


  


Posted by ナールス広報部員 at 00:45Comments(0)

2019年12月07日

12月のプレゼントは☆エイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

毎月恒例!ナールス製品があたる icon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12


各月、季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!

楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけましょう花丸


さて、2019年の最後を飾る12月、忘年会やクリスマス、また迎春準備と忙しい時期ですが、体調を整え、健やかな素肌で過ごしたいものですクリスマスツリー






この時期は本格的な寒さを迎え、お肌の乾燥が気になりますね。

乾燥肌とは、お肌のうるおいや水分が不足し、乾燥している状態の肌のこと。

本来、お肌の水分は表皮の角質層のバリア機能によって守られ、保持されているのですが、気温や湿度が急激に低下する冬場は、その影響を受けてバリア機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。






その対策としては、なんといってもスキンケアやエイジングケアによる保湿ですが、それ以外にも食事や入浴、暖房など、ふだんの生活習慣でできる乾燥肌対策があります。


今回のクイズは、そんなスキンケア以外の乾燥肌対策からの出題です。

クイズは3択ですので、気軽にチャレンジしてくださいね。

12月のプレゼントは、冬の時期に大活躍する
ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバです。


正解者の中から抽選で3名の方に、プレゼントしますよicon27


クイズの詳細とご応募については、こちらをご覧ください。
12月のエイジングケアクイズ!テーマは、「冬を乗り切る乾燥肌対策」


今回のクイズのヒントは、「冬が来た!2019年12月のスキンケアとエイジングケア」や「冬(12月・1月・2月)の乾燥肌対策は保湿とエイジングケア」の記事を参考にしてくださいね。


たくさんのご応募お待ちしていますクラッカークラッカー


  


Posted by ナールス広報部員 at 09:40Comments(0)活動肌悩み別対策ナールスユニバ

2019年11月30日

2019年を美肌で締めくくる☆12月のスキンケアポイント

こんにちは、ナールス広報部員です。

いよいよ、令和元年も最後の1カ月がやってきました


今年も終わりと思うと気ぜわしいですが、12月は忘年会やクリスマスパーティーなどの楽しいイベントも盛りだくさんですね。


また、本格的な寒さを迎える時期でもあるので、体調管理はもちろん、お肌のコンディションもしっかり整えましょうicon12


ということで、2019年を締めくくる12月のスキンケアポイント情報をお届けします。







どの季節でも、スキンケアやエイジングケアの基本は「清潔」「保湿」「紫外線対策」ですが、寒さが本格化する12月は、

*気温、湿度ともに大きく低下するため、乾燥肌のリスクが高まる
*顔だけではなく、手足や首、デコルテ、かかとなども乾燥しがち
*飲酒の機会が増え、食べ過ぎ飲み過ぎ、また睡眠不足で体調を崩しやすい
*年末の忙しさによるストレスや疲れで肌荒れなどの肌悩みが増える
*冬本番の寒さで冷えがすすみ、体調不良になりがち


などの点に注意することが必要です。


そのため、12月のスキンケアポイントとしては、

まずは、保湿
保湿化粧水や美容液を使った保湿ケアに加え、「水分の蒸発を防ぐ」はたらきをする乳液や保湿クリームを活用しましょう。
この時期は、美容オイルを使うことも効果的ですね。






また、手肌やひじ、ひざ、かかとなどの乾燥も進むので、ハンドクリームやボディクリームを使って体全体の保湿を心がけましょう。


次に、冷え性対策
冷えは、万病の元といわれていますね。






体を温めて冷え症を予防することは、健康や美肌にとってとても大切です。
お風呂で温まる、温かな食べ物を摂ることに加え、下着や靴下による温活を取り入れてみましょう。


もう1つ、お酒の飲み方に気をつける
忘年会やパーティーが続くこの時期は、飲み過ぎで翌朝顔がむくんでしまった!なんてことのないよう、アルコールとのつきあい方に注意しましょう。







また、夜遅く帰って、クレンジングしないで寝てしまったというのも厳禁です。
その日のメイクはその日のうちにすっきり落とし、その後の保湿ケアもしっかりしてから眠ってくださいね。



さて、ナールスエイジングケアアカデミーでは
冬が来た!2019年12月のスキンケアとエイジングケア
の記事に、12月のスキンケアやエイジングケアで気をつけていただきたいポイントをまとめ、ご紹介しています。

美肌に効く旬の食べ物やおすすめレシピもご紹介していますので、ぜひご覧くださいねケーキ


記事はこちらです。
冬が来た!2019年12月のスキンケアとエイジングケア



  


2019年11月24日

手肌の保湿で「老け手」を予防しましょう!

こんにちは、ナールス広報部員です。


乾燥が気になる季節、冬がやってきました。
この季節は、顔のお肌と同じように、手肌も乾燥しがちですね。

手の乾燥が進めば、かゆみや痛みを伴ったり、ひび割れやあかぎれになることも。
普段から予防を心がけ、乾燥から手肌を守ることが大切です。






さらに、最近ではスマートフォンやパソコンの使いすぎによる指荒れで悩む人も増えているといいます。







手は年齢が出やすく、人からも見られやすいパーツです。

顔の肌が乾燥などによってエイジングサインが出るのと同じように、手も乾燥、あるいは紫外線などによって老化が進み、「老け手」になってしまいます。

年齢以上に老けた印象を与えないためにも、手肌のスキンケアにも気を配りたいですね花丸


ここで気をつけたいのは、手の皮膚についての知識を身につけ、正しいケアを行うこと。


手の皮膚には、
・角質層が厚い
・皮脂腺が少ないので皮脂の分泌量が少ない
・真皮が薄い

など、顔とは違った特徴があります。

そのため、 一旦手荒れになってしまうと治りにくかったり、もともと乾燥しやすいパーツなのです。


そんな手肌を日常のダメージから守るためには、

1)手が濡れたらすぐに拭く
手についた水分をそのままにしておくと、水分が蒸発する時にもともと肌が持っていた水分まで一緒に蒸発してしまいます。
手を洗ったり、水仕事をした時は、すぐに拭くようにしましょう。

2)水仕事をする時はゴム手袋を着用
ゴム手袋をすることで、洗剤に含まれている強い界面活性剤などの刺激から手肌を守ることができます。
ハンドクリームを塗ってからゴム手袋を着用すると、保湿パック効果も期待できます。








3)手洗いは優しいハンドソープでぬるま湯を使って
洗浄力の強い洗剤の使用を避け、低刺激のものを選びましょう。


手の保湿のために使うハンドクリームも、できれば香料、着色料、防腐剤などの刺激が少ないタイプを選びたいですね。


おすすめは、ナールスブランドのハンド美容ジェルナールス ロゼバラ

ブルガリア産の最高級のダマスクローズを50%もの高密度で配合し、ナールスゲンやセラミドなどのエイジングケア成分がしっかりと手肌の保湿力を高め、健やかな手肌をキープしますicon12





ナールス ロゼの詳しい情報は、こちらをご覧くださいね。

ナールスゲン&ダマスクローズ配合ハンド美容ジェル ナールス ロゼ


  


Posted by ナールス広報部員 at 14:50Comments(0)肌悩み別対策ナールス ロゼ

2019年11月15日

冬の美肌は暖かく過ごす工夫から!

こんにちは、ナールス広報部員です。

立冬も過ぎ、風の冷たさに冬の気配を感じる頃となりました。
みなさんお肌の調子はいかがですか?






さて、寒さが厳しくなるこの時期、多くの女性を悩ませるのは、お肌の乾燥に加えて
身体の冷えではないでしょうか?

指先や足先がいつも冷たい
体温が低く、よく風邪をひいてしまう
肩こりや頭痛を感じることも…


そんな冷えによる身体の不調に悩んでいる方は多いですよね。







中でも、気をつけたいのは顔冷え
みなさんは、朝起きたときに、顔が冷たいと感じたことはありませんか?

体や手足と違って顔の冷えは意識されにくく、寒い時期にはあたりまえと見過ごされることが多いといいます。

でも、顔の冷えをそのままにしておくと、お肌の老化を進めてしまう大きな要因になるので、注意が必要なのです。


というのも、顔が冷える主な原因は、血行不良
血の巡りが悪くなると、酸素や栄養分が十分に細胞に届かなくなり、新陳代謝が悪くなって体温が下がってしまいます。






そのため、老廃物が排出されにくくなって、古い角質がたまりがちに。
さらに、キメの乱れやくすみ、むくみ、目の下のクマなど、様々な肌悩みを引き起こしてしまいます。


顔の中でも、目の周りは毛細血管が細かく通っていることから、血行の状態が見えやすく、顔冷えのダメージが目立ってしまうとか。

目元は年齢が現れやすいパーツでもあるので、気をつけたいですね花丸


顔冷えの予防や対策は、スキンケアやエイジングケアだけではできないので、まずは生活習慣の中で冷え性を改善することから始めましょう。


体を温める食べ物を摂取する、マフラーやストールで首周りを冷やさない、また意外ですが、マスクをすることも顔冷えには効果的です。








この他、入浴は血の巡りがよくなるだけでなく、精神的にもリラックスでき、自律神経を整える効果も期待できるので、しっかり湯船に浸かって温まりましょう!

日々のちょっとした工夫で、冬の美肌をキープしてくださいねicon12



  


Posted by ナールス広報部員 at 09:25Comments(0)肌悩み別対策ナールスユニバ