ナールスでキレイ習慣

2019年10月18日

季節の変わり目のホルモンバランスの乱れには?

こんにちは、ナールス広報部員です。


少しずつ秋も深まってきましたね。
爽やかな気候の中、秋のイベントを楽しんでおられる方も多いのではないでしょうか。






一方で、過ごしやすい時期のはずなのに、なぜか疲れやすかったり、お肌が荒れる、気分が落ち込みがち…
そんな不調を感じている方も少なからずいらっしゃるのでは?


こうした体調不良や不定愁訴は、季節の変わり目によるホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。


脳からの指令によって分泌されるホルモンは、100種類以上あるといわれていますが、脳はストレスにとても敏感なため、例えば仕事の忙しさやこの時期の激しい気温差がストレスになって、脳の機能は低下してしまいます。
すると、ホルモンが十分に作られなくなったり、体の各部分へホルモンを送れなくなったりするのです。


中でも、女性に関わりが深いのが、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンですね。


このうち、すべての年代の女性に多く見られるのがプロゲステロンの欠乏による症状。
生理が不順になったり、体のだるさや気分のムラ、頭痛などを引き起こす場合があります。

また、エストロゲンの欠乏による症状は、更年期の女性に最も多く見られ、ほてりやのぼせ、肩こり、睡眠障害、手足のしびれや冷え、うつなどの症状を引き起こしてしまいます。







このように、女性の体や心の健康、また美容面にも大きく影響する女性ホルモンicon12


年齢とともに減少するのを止めることはできませんが、そのスピードをゆるやかにして、元気やキレイを少しでもキープできればうれしいですね。


そのために大切なのは、栄養バランスの取れた食事、心地よい運動、質のいい睡眠といった基本の生活習慣。


特に食事では、女性ホルモンのバランスを整えるため、女性ホルモンに似たはたらきをする栄養素を含む食品の摂取を心がけましょう。






豆腐や納豆、おから、味噌などの大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン様のはたらきがあるといわれています。

また、ごまに豊富なセサミンもエストロゲンに似たはたらきがあるのでおすすめです花丸


さらに、エストロゲンのはたらきをサポートするビタミンB6や、卵巣や脳下垂体に作用して女性ホルモンのバランスを整えるビタミンEなども意識して摂取したい栄養素です。

ビタミンB6は、マグロやカツオ、さんまなどの魚やレバーに、ビタミンEはナッツ類、イクラやうなぎ、かぼちゃやブロッコリーなどに豊富ですよ。







この他、今注目のエストロゲン様のはたらきをするエクオールのサプリメントを摂ることも効果的。



年齢によって減ってしまう女性ホルモンを増やすことはできませんが、バランスを整えたり、乱れを防ぐことは可能ですので、旬の食材が多く出回るこの時期、ホルモンバランスを整える食事を意識してみてはいかがでしょうか。




  


Posted by ナールス広報部員 at 11:55Comments(0)美容最新情報周辺情報

2019年10月11日

くすみを解消してメイクの映える秋肌に!

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、みなさん、気候の良い秋になってなぜか顔のくすみが気になる…
そんな肌悩みはありませんか?


実は、秋はお肌のくすみが目立ちやすい季節。

というのも、くすみはそもそもメラニン色素の沈着やお肌の乾燥、また血行不良などが原因の肌トラブルなのですが、ちょうどこの時期は、
・夏の紫外線ダメージ
・気温の低下による血行不良
・湿度の低下による乾燥

といった影響をうけやすく、お肌のくすみが目立ってしまうのです。


くすみがあると、顔色が悪く見えたり、お肌の透明感やツヤも失われるので、メイクも映えませんね。

また、そのまま放っておくと、他の肌トラブルにもつながる可能性があるので、早い改善を心がけましょう花丸






では、そのためのスキンケアやエイジングケアはどうすればいいのかというと、お肌のターンオーバーを整え、バリア機能の低下を防ぐことが大切です。

*古い皮脂や汚れを落とすための正しいクレンジングと洗顔
*美容液や保湿クリームによる保湿
*抗酸化成分配合のエイジングケア化粧品
*必要に応じて美白化粧品を取り入れる
*フェイスマスクやマッサージなどのスペシャルケア

などを意識したくすみ対策を行ってくださいねicon12






ナールスエイジングケアアカデミーでは
秋に多い肌のくすみ!原因と改善のスキンケア&エイジングケア

の記事に秋のくすみ対策をまとめ、ご紹介しています。


くすみケアにおすすめのナールスブランドのエイジングケア化粧品もご紹介していますので、ぜひご覧くださいね。


記事はこちらです。
秋に多い肌のくすみ!原因と改善のスキンケア&エイジングケア

  


2019年10月04日

10月のプレゼントはナールスゲン配合エイジングケア化粧水ナールスピュア☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

毎月恒例!ナールス製品があたるicon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12

今月も季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!

楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけ、美肌をキープしましょう花丸


さて、本格的な秋を迎える10月ハロウィン







気温や湿度の低下の影響で、お肌がゆらぎやすくなったり、乾燥が気になり出す時期ですが、ナールスゲン配合のナールスブランドの化粧品でしっかりスキンケア、エイジングケアしてお肌を健やかに保ってくださいねicon12








エイジングケア化粧品成分ナールスゲンといえば、これまで

・真皮の線維芽細胞を活性化してコラーゲン、エラスチン、HSP(ヒートショックプロテイン)47を増やす
・表皮の細胞を活性化してお肌の酸化を押さえるグルタチオンを増やす
・紫外線ダメージから線維芽細胞を守り、光老化を抑える

などのはたらきがわかっていました。


加えて、最近では、美肌にとって大切なある成分を増やすことも明らかに!

この成分とは何か?が今回のクイズです。

クイズは3択ですので、気軽にチャレンジしてくださいね。


正解者の中から抽選で3名の方に、
ナールスゲン配合エイジングケア化粧水 ナールスピュアをプレゼントしますicon27







クイズの詳細とご応募については、こちらをご覧ください。
10月のエイジングケアクイズ!テーマは「新たにナールスゲンが増やす成分がわかった!」


また、今回のクイズのヒントは「ナールスゲンの学術論文(エビデンス)は?」を参考にしてくださいね。


たくさんのご応募お待ちしていますビックリ


  


Posted by ナールス広報部員 at 09:00Comments(0)ナールスピュア活動製品情報

2019年09月28日

秋本番!10月のスキンケアポイントは?

こんにちは、ナールス広報部員です。


日暮れがだんだん早くなり、日一日と秋の深まりを感じる今日この頃です。
みなさんお肌の調子はいかがですか?






9月も終わりに近づき、いよいよ10月ハロウィン
日中は汗ばんだり、朝晩は肌寒く感じたりすることはあるものの、10月は気温や湿度ともに安定していて、基本的には過ごしやすく、お肌にとっても良い環境にあります。

ただし、深まる秋に備えてスキンケアやエイジングケアで気をつけておきたいポイントがあります。


それは、保湿


どの季節であっても、保湿は清潔、紫外線対策と並んでスキンケアの基本ですが、特に秋本番へと向かうこの時期は、気温の低下によって皮脂の分泌量が少なくなるなど、お肌の乾燥を感じやすくなってしまいます。

また、乾燥がさらに進む冬に備えて、保湿力の高いお肌を育んでおくための大切な時期でもあるのです。







というのも、今お肌は

・夏に受けた紫外線ダメージによって、ターンオーバーが乱れがち
・そのため、お肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすい
・季節の変わり目でお肌がゆらぎやすく、敏感な状態
・秋の花粉の影響や乾燥によるかゆみなどで肌あれが目立つ


こんなお肌の状態になっている可能性が。


保湿といえば、気温・湿度が低下して乾燥肌のリスクが高まる冬のものと考えがちですが、夏の肌疲れを解消しておきたい秋こそ、ていねいな保湿を心がけ、本格的な乾燥の季節に備えておきたいですね。







保湿効果の高い美容液や保湿クリームでのスキンケアはもちろん、フェイスマスクでのスペシャルケアも保湿力アップには効果的ですicon12







また、食事や睡眠などにも気を配り、乾燥の原因をつくらない生活習慣を心がけるなど、お肌内側からの工夫も大切ですね。



ナールスエイジングケアアカデミーでは、保湿力アップのための実践方法を
秋が深まる!2019年10月のスキンケアとエイジングケア
の記事にまとめ、ご紹介しています。


この時期にふさわしいスキンケア、エイジングケアのポイント、また日常生活で気をつけたい点などもわかりやすく説明していますので、ぜひ参考にしてくださいね花丸


記事はこちらです。
秋が深まる!2019年10月のスキンケアとエイジングケア


  


Posted by ナールス広報部員 at 10:15Comments(0)美容最新情報ナールスユニバナールスネオ

2019年09月21日

乾燥しやすいUゾーンのスキンケアポイントは?

こんにちは、ナールス広報部員です。

季節が本格的な秋に向かうにつれて、お肌の乾燥が気になってきますね。

顔の中でも、頬と口の周りのエリア、Uゾーンと呼ばれる部分はとくにカサカサしたり、肌荒れが気になりませんか?







皮脂腺が多く、テカリがちなTゾーンに比べ、Uゾーンはもともと皮脂腺が少ないパーツ。
つまり、皮脂分泌が少ないため、顔の他のパーツよりも乾燥しやすいのが特徴です。

そのため、お肌の乾燥が原因の大人ニキビなどの症状も出やすいので注意が必要なのです。


気温・湿度ともに低下するこれからの季節は、Uゾーンの特徴を考えた正しいスキンケアを行い、肌トラブルを防いでくださいねicon12


そのポイントとしては、

*クレンジングや洗顔は、Tゾーン→Uゾーン→Oゾーン(目元や口の周り)の順番で、やさしく手早く行いましょう。髪の生え際などのすすぎ残しは肌荒れの原因になるので、ていねいに洗い流してくださいね。

*朝も夜も保湿はしっかりと!保湿力の高いエイジングケア化粧品を使い、乾燥しやすいUゾーンはハンドプレスで美容成分をお肌に浸透させましょう。水溶性と油溶性の保湿成分が配合された美容液は、この時期におすすめです。

*紫外線による光老化は、Uゾーンのたるみの原因に。秋も油断せず、顔全体と合わせてUゾーンも日焼け止めでしっかり紫外線対策しましょう。日焼けしやすい頬骨には、重ねづけすることをおすすめします。







ナールスエイジングケアアカデミーでは、
Uゾーンのスキンケアやエイジングケアで大人ニキビを防ごう
の記事に、Uゾーンのお肌の特徴をはじめ、スキンケアで注意しておきたいポイントなどをまとめ、ご紹介しています。


Uゾーンの乾燥肌対策におすすめのエイジングケア美容液なども詳しくご紹介していますので、これまでUゾーンのことは気にかけていなかった(!?)という方も、情報を活用してキレイなUゾーンを保ってくださいねicon12


記事はこちらです。
Uゾーンのスキンケアやエイジングケアで大人ニキビを防ごう



  


2019年09月14日

秋のトレンドメイクを楽しみたい!ちょっとその前に?

こんにちは、ナールス広報部員です。


さて、みなさんは、メイクアップのアイテムは、どんな基準で選んでいますか?






スキンケアやエイジングケアのアイテムは、自分のお肌にあっているかどうか、配合されている成分などをチェックして選んでいる方が多いのではないでしょうか。

一方、チークやアイシャドウ、リップなどのアイテムは、そのシーズンのトレンドカラーや発色の良さ、使いやすさ、コスパ重視で選ぶことが多いのでは?


自分の好みに合わせて気軽に選べるメイクアイテムですが、そこには意外な落とし穴があるといいます。







リーズナブルでお手軽なプチプラコスメと高級感があり品質の良いデパコス


一般の人には見分けにくい両者の違いも、プロの美容従事者はかなりの精度で見分けることができ、また中には、お肌のことを考えるとおすすめできないコスメもあるようです。


たとえば、落ちにくく色移りがしにくいことから人気のティントリップなどのティント化粧品、また汗や水にも強いウォータープルーフの化粧品には、美容のプロから見ればおすすめできない理由が潜んでいるそうですよ。







ナールスエイジングケアアカデミー
美容のプロが教える、コスメ選びの意外な落とし穴
の編集部ニュースでは、Cocon de Soieが行った「美容のプロの本音」の調査をもとに、「プロが見分けるプチプラとデパコスの違い」や「おすすめできないプチプラ」などをご紹介しています。


また、メイクの効果を高めるためのスキンケアポイントなどもご紹介していますので、ぜひこの秋のメイクアップの参考にしてくださいねicon12


記事はこちらです。
美容のプロが教える、コスメ選びの意外な落とし穴




  


Posted by ナールス広報部員 at 09:50Comments(0)美容最新情報ナールスエークレンズ

2019年09月07日

9月のプレゼントはエイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

毎月恒例!ナールス製品があたるicon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12

9月も季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!


楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけ、美肌をキープしましょう花丸


さて、まだまだ残暑は厳しいですが、朝夕はずいぶん涼しくなってきましたね。
空の色、光の色にも、秋の気配を感じます。







過ごしやすい季節の到来ですが、秋は気温や湿度が徐々に下がってきます。
となると、スキンケアで気をつけておきたいのは乾燥肌の予防です。


また、この時期は、夏の強い紫外線や皮脂、汗などの影響で、お肌はダメージを受けている可能性が。







そんなお肌をいたわり、乾燥する季節に備えるためには、
保湿を意識したスキンケアが大切です。



ということで、今月のクイズのテーマは秋の乾燥肌対策


プレゼントは、しっかり潤ってハリ、ツヤのあるお肌を育む
ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバですicon12









クイズの正解者の中から抽選で3名の方にプレゼントしますicon27
クイズは3択ですので、気軽にチャレンジしてくださいね!


クイズや応募に関する詳細については
9月のエイジングケアクイズ!テーマは「秋の乾燥肌対策を考えよう!」
をご覧ください。


なお、今回のクイズのヒントは、
秋(9月・10月・11月)に気になる乾燥肌!改善の対策?

を参考にしてくださいね。


たくさんのご応募お待ちしていますビックリ

  


Posted by ナールス広報部員 at 08:45Comments(0)活動美容最新情報ナールスユニバ

2019年08月31日

お肌もそろそろ秋準備!スキンケアでやっておきたいこと☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

朝夕は、ずいぶん過ごしやすくなりましたね。
夏から秋へ、季節は着実に進んでいるようです。

さて、そんな季節の端境期、

*顔全体がカサカサして乾燥を感じる
*メイクのノリが悪い
*くすみが目立って疲れた感じがする
*シミや目の下のクマが目立ってきた
*お肌がごわごわしている


こんなお肌の状態を感じることはありませんか?







これは、夏老け肌秋枯れ肌などとも呼ばれる、この時期によくみられるお肌の状態。


夏の間の強い紫外線ダメージによって、お肌はもちろん、血管やリンパ管などがダメージを受け、また夏バテによる血行不良でお肌のターンオーバーが乱れることが原因です。


どの季節でも、スキンケアやエイジングケアの基本は、清潔、保湿、紫外線対策ですが、今はとくに夏の暑さや紫外線のダメージでお肌は疲れ気味です。


この時期にふさわしいスキンケアやエイジングケアで、そろそろお肌も秋に備えましょうicon12








ということで、今回は、9月に実践していただきたいスキンケアポイントをまとめてみました。


まずは、保湿。しっかり保湿することで、夏の肌ダメージを回復しましょう!
くすみやごわつきが気になる場合は、酵素洗顔などの角質ケアを取り入れましょう!
ビタミンACEの化粧品や食べ物の摂取で、抗酸化ケアもしっかりと!
スキンケアに加えて、睡眠や運動などの生活習慣も整えましょう!


夏場は湿度が高く、汗や皮脂の影響もあってお肌は乾燥を感じにくいのですが、強い紫外線や冷房などによって、知らず知らずの間にうるおい不足が進行している場合があります。


秋本番になって、さまざまな肌トラブルがあらわれる前に、今のお肌の状態を考えた適切なケアで、季節の変わり目のお肌をいたわりましょう。






ナールスエイジングケアアカデミーでは
秋が来る!2019年9月のスキンケアとエイジングケア
の記事で、秋を迎える9月のスキンケア、エイジングケアのポイントをさらに詳しくご紹介しています。


夏の肌ダメージを回復するための実践的なスキンケアはもちろんのこと、日常生活のポイントや美肌に効く旬の食べ物なども紹介していますので、ぜひ活用してくださいね。


記事はこちらです花丸
秋が来る!2018年9月のスキンケアとエイジングケア


お肌の秋準備にぴったりのエイジングケア化粧品「ナールス」のことならこちらをどうぞ花丸
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールス







  


2019年08月24日

実はコワイ秋の紫外線!効果的な日焼け対策は?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、猛暑もようやくおさまって、季節が1歩進んだ感じがする今日この頃ですね。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?






秋が近づくにつれ気温も下がり、陽ざしの強さも和らいできますが、スキンケアで気をつけておきたいのが紫外線対策です。

紫外線量のピークは、5月〜8月といわれていますが、涼しくなって過ごしやすい9月や10月もしっかりと降り注いでいます。

その量も、真夏の40~70%に相当するとか。


加えて、気候の良い秋はレジャーシーズンということで、お出かけの機会も増える時期ですね。

紫外線量は真夏と比べて減ってはいても、行楽やスポーツなどで長時間太陽の下にいれば、紫外線ダメージは夏より大きくなることもあるのです。







さらに、夏場は太陽の位置が高く、紫外線は真上から降り注ぎますが、秋からは徐々に太陽の位置が低くなるため、額や両頬、首などにも紫外線が広く当たるようになります。

つまり、横から顔全体に当たってしまう360°紫外線の影響もicon10

このように、秋はきちんと紫外線対策しなければ、夏場以上にシミやくすみ、また光老化によるしわやたるみなどのリスクが高まるため、注意が必要です。






また、夏の間強い紫外線を受けたお肌は、ターンオーバーが乱れお肌のバリア機能が低下している可能性があるので、紫外線の影響も受けやすくなっています。

秋はお肌にとって大切な時期だということを意識して、日焼け止めによる紫外線対策や、乾燥する季節に向けての保湿ケアもしっかりと行ってくださいね花丸








ナールスエイジングケアアカデミーでは、秋の紫外線量をはじめ、紫外線対策の方法を
秋も紫外線対策は大切!斜め横からの光線を日焼け止めでブロック
の記事にまとめ、ご紹介しています。

秋におすすめのicon12UV化粧下地icon12もご紹介していますので、ぜひご覧くださいね。


記事はこちらです。
秋も紫外線対策は大切!斜め横からの光線を日焼け止めでブロック


  


Posted by ナールス広報部員 at 14:45Comments(0)美容最新情報肌悩み別対策ナールスヴェール

2019年08月17日

うっかり日焼けもアフターケアで美肌をキープ!

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、お盆も過ぎ、8月も後半戦ですね。
みなさん、夏休みは楽しく過ごされましたか?

海外旅行や話題のスポットに出かけたり、海や山のレジャーを満喫されたのではないでしょうかicon19







夏のレジャーでの心配事といえば、やはり日焼け

しっかり紫外線対策していても、アウトドアで長時間強い日差しを浴びてしまうと、紫外線ダメージが気になりますね。

ということで、今回は日焼けのアフターケアについておさらししてみましょう花丸








実は、紫外線対策は、日焼け止めを塗るなどの予防以上にアフターケアが重要だといわれています。

紫外線が怖いのは、ダメージが少しずつ蓄積され、5年後10年後のシミやしわ、たるみ、ほうれい線などの原因になること。

夏休み中、屋外でたっぷり陽ざしを浴びてしまったというみなさんは、以下のアフターケアをぜひ意識してみてくださいね。


*十分な睡眠でダメージを回復しましょう

眠っている間に分泌がさかんになる成長ホルモンは、日中に受けたダメージを回復させてくれます。
うっかり日焼けによる紫外線ダメージの回復には、まずは十分な睡眠で活性酸素で疲れたお肌や体を回復させましょうicon12


*抗酸化食品をしっかり摂取しましょう
 
健やかなお肌や体へと回復させるカギとなるのは、色素沈着の原因であるメラニン色素やシミ、しわの原因となる活性酸素を抑える栄養素を含む食品を摂取することです。

食事のポイントは、ビタミンエース(A・C・E)の摂取。
同時に取るとさらに効果アップが期待できるので、効率よく食べたいですね。

たとえば、にんじん、ほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれるβ―カロテン(体内でビタミンAに変わる)には活性酸素を消すはたらきが。
また、メラニン色素の生成も抑制してくれます。

抗酸化物質の代表といえばビタミンC。
いちごやアセロラ、オレンジ、グレープフルーツなどの果物の他、ブロッコリー、ジャガイモ、赤ピーマンやゴーヤなどに多く含まれています。


また、ターンオーバーを正常にし、メラニン色素の排出を促すビタミンEは、アボカド、キウイ、ナッツ類などに多く含まれています。






*ビタミンA、C、Eを配合した化粧品でスキンケア!

とはいえ、食べるビタミンA、C、Eは、すぐに皮膚まで届かなかったり、すべてがお肌に使われるわけではありません。

うっかり紫外線を浴びてしまった後には、食事に加えてこれらの成分を配合したエイジングケア化粧品でていねいなお手入れを心がけましょうicon12


紫外線のアフターケアにおすすめしたいのは、
光老化抑制効果のあるエイジングケア成分ナールスゲンを配合するとともに
ビタミンC誘導体(VCエチル、VCIP、APPS)
ビタミンA誘導体(レチノール、レチノイン酸トコフェリル)
ビタミンE誘導体(トコフェリルリン酸Na)
などの抗酸化成分が配合されたナールスブランドのエイジングケア化粧品です!







紫外線のアフターケアについて、もっと詳しく知りたいという方はこちらの記事を参考にしてくださいね。
外出時の紫外線による日焼けのアフターケアはビタミンACEで!


ナールスブランドの化粧品についての詳しい情報は、こちらをどうぞ 花丸
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ならナールスコム