ナールスでキレイ習慣

2019年06月17日

シミを防ぐには美白ケアよりUVケア!?

こんにちは、ナールス広報部員です。

陽ざしが強まり、降り注ぐ紫外線が気になる季節となりました。
みなさん、お肌の調子はいかがですか?






紫外線は年中降り注いでいますが、紫外線量がピークを迎える夏は、やはりシミソバカスくすみが悩みのタネですね。


シミやソバカスのもとになっているのはメラニン色素
メラニンは紫外線ダメージなどによって、表皮の基底層にあるメラノサイトという細胞で、チロシンという物質からつくられます。

通常、つくられたメラニンはターンオーバーによって排出されますが、長時間紫外線を浴び続けるなどダメージが強すぎると過剰になり、お肌に溜まってしまうことでシミやソバカス、くすみの原因になってしまうのです。







予防策としては、メラニン色素の生成を抑制するはたらきのある美白成分配合の薬用化粧品を使うことが有効な手段の1つです。

美白成分としては、カモミラET、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、プラセンタエキス、トラネキサム酸などがあります。






ただし、こうした美白成分は、メラニン色素の生成を抑制するためのもので、できしまったシミやソバカスを漂白するものではありません。
刺激性もあることから、お肌が弱い方などは使用には注意が必要です。


また、メラニンには、紫外線を吸収して細胞を守るという大切なはたらきも。
紫外線によって発生する活性酸素を減らし、酸化によるお肌の老化を防いでくれます。


ですので、メラニンの生成を阻害してしまうことは、お肌の防御力を弱めることにもなるので、過度に美白化粧品に頼ってしまうのはリスクがあるのです。



では、どうすればいいのかというと、必要以上にメラニンをつくらず、お肌に溜めておかないことがポイント。

*日焼け止めなどでしっかり紫外線をブロックする
*メラニンが排出されるようターンオーバーを正常に整える

という基本のUVケアやスキンケア、正しい生活習慣を心がけましょうicon12



そこでおすすめしたいのが、ナールスゲン配合UV化粧下地ナールス ヴェールです。






ナールス ヴェールは、エイジングケアも保湿もできるエイジングケア世代のためのお肌にやさしいUV化粧下地。

SPF40、PA+++と紫外線の防御効果もありながら、紫外線吸収剤は不使用、紫外線散乱剤だけを使用することでお肌に負担をかけず、しかも白浮きすることもなく、肌の色を美しく整えますicon12







UV化粧下地ナールス ヴェールについての詳しい情報は、こちらをご覧くださいね。
ナールスゲン配合UV化粧下地ナールス ヴェール


初回ご購入の方限定のおトクなキャンペーンも実施中です花丸

  


Posted by ナールス広報部員 at 13:00Comments(0)美容最新情報肌悩み別対策ナールスヴェール

2019年06月10日

夏こそ、美容液を活用しましょう!

こんにちは、ナールス広報部員です。


本格的な夏の訪れを前に、徐々に気温や湿度が高くなるこの時期、スキンケアでつい怠ってしまうのがお肌の保湿ではないでしょうか。







お肌の乾燥は、寒い季節に多い肌悩みですが、実は夏場も紫外線やエアコンなど、乾燥肌を招く原因はたくさんあるのです。

たとえば、汗のかき過ぎも乾燥の原因に。

汗は皮脂膜の成分でもあり美肌にとって大切なのですが、たくさん汗をかいてしまうと、それが乾く際にお肌のうるおいのもとである天然保湿因子(NMF)や皮脂などを奪ってしまいます。







お肌の乾燥が進むと、皮脂の分泌が活発になり、お肌の表面は皮脂でテカテカしているのに、お肌の内側はカラカラに乾燥しているインナードライ肌を招くことも。


皮脂過剰だと思って、スキンケアで皮脂を取り過ぎてしまうと、バリア機能が低下して、さらに乾燥を招くことにもなってしまいます。


とはいえ、汗や皮脂でお肌がべたつきやすい夏場は、
「保湿クリームや乳液は使いたくない」
という方も多いですよね。


そんな夏こそ、美容液を活用してみてはいかがでしょうか?








美容液には、保湿成分はもちろん、エイジングケアをサポートする抗酸化成分、また美白成分などがスキンケアの目的に合わせて凝縮して配合されています。


一般的に、化粧水は水溶性成分、また保湿クリームなどは油溶性成分が多く配合されますが、美容液の場合は水溶性、油溶性ともに配合され、保湿の要である水分保持に効果を発揮するのです。



さらに、配合されているエイジングケア成分が、紫外線によるお肌の酸化を予防したり、ハリ・ツヤ不足などもサポートしてくれる心強いアイテムといえます花丸


配合成分によってテクスチャーもさまざまですが、夏場はさらっとしたテクスチャーで、さらにアルコールなどのお肌にとって刺激となる成分が無添加の美容液を選ぶといいでしょう。



さて、おすすめは、ナールスブランドのエイジングケア美容液ナールス ネオ☆


ナールス ネオは、水分保持のパターンが異なる3種の保湿成分、コラーゲンやエラスチンにアプローチするエイジングケア化粧品成分、抗酸化作用のある成分をバランスよく配合し、安全性にも配慮した美容液です。






さらに、レスペラトロールなどの抗酸化成分を追加し、パワーアップ!

これからの季節に、ぜひお使いいただきたいエイジングケア美容液ですicon12icon12



ナールス ネオの詳しい情報は、
ナールスゲン推奨濃度配合エイジングケア美容液ナールス ネオ
をご覧くださいね!

  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)美容最新情報製品情報ナールスネオ

2019年06月04日

今月のプレゼントは新しくなったエイジングケア美容液☆ナールス ネオ

こんにちは、ナールス広報部員です。

毎月恒例!ナールス製品があたるicon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12

今月も話題のナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!


楽しみながらクイズにチャレンジして、雨の季節を迎える6月も美肌をキープしてくださいねあめ2







さて、5月24日、ナールスブランドのエイジングケア美容液ナールス ネオがリニューアルしましたクラッカークラッカー

ナールス ネオは、水分保持のパターンが異なる3種の保湿成分、コラーゲンやエラスチンにアプローチするエイジングケア化粧品成分、抗酸化作用のある成分をバランスよく配合したエイジングケア美容液として、多くの女性にご愛用いただいている美容液ですキラキラ






新しいナールス ネオは、従来の成分や肌になじむ使い心地の良さはそのままに、抗酸化抗シワを強化して生まれ変わりました!

新たに配合された成分は、レスベラトロール、ブドウ葉/種子/皮エキス、アセチルデカペプチド-3の3成分。
肌老化を予防し、シワやほうれい線などの予防にも期待できます。







そこで、今回のクイズは、新しいナールス ネオに追加した成分からの出題です。

正解者の中から3名の方に、ナールスゲン&レスベラトロール配合エイジングケア美容液「新 ナールス ネオ」をプレゼントしますicon27


クイズは3択ですので、気軽にチャレンジしてくださいね!


クイズや応募に関する詳細については
6月のエイジングケアクイズ!テーマは「新しくなったナールス ネオの特徴は?」
をご覧ください。


今回のクイズのヒントは、「レスベラトロールは肌のエイジングケアに期待の化粧品成分」を参考にしてくださいね。

たくさんのご応募お待ちしています花丸花丸



  


Posted by ナールス広報部員 at 08:00Comments(0)活動ナールスネオ

2019年05月29日

ゆらぎやすい梅雨時のお肌、気をつけたいスキンケアポイントは?

こんにちは、ナールス広報部員です。

爽やかな5月が終わり、まもなくムシムシした梅雨の季節6月がやってきますねあめ2






6月といえば、
ジメジメして蒸し暑く、不快指数が高い
湿度が高いので髪が広がり、ヘアスタイルが決まらない
お肌がベタベタして、メイクも崩れがち…

そんな悩みが出てくる季節ではないでしょうか。


季節の変わり目など、急激な気温差によって自律神経が乱れることでおこる寒暖差アレルギーにも気をつけたいですね。


また、雨が降ると肌寒い日があったり、晴れると強い紫外線の影響を受けたりと気候が定まらないために、春先と並んでお肌が揺らぎやすい時期でもあります。

いつもの化粧品が合わなくなったり、汗ばんでいるのにカサカサ感を感じたり、敏感肌に傾いてしまうこともあるので注意が必要です。








スキンケア、エイジングケアの基本は、季節にかかわらず清潔、保湿、紫外線対策ですが、6月で気をつけておきたいポイントとしては

涙湿度が急上昇するため、カビや雑菌が繁殖しやすい季節。汗もかきやすくなるので、いつも以上にお肌を清潔に保つ

涙皮脂の分泌が活発になり、毛穴の汚れ、詰まり、黒ずみなども目立ちやすいため、正しいクレンジングや洗顔を心がける

涙紫外線そのものの強さはピークを迎えるため、雨や曇りの日が多いからといって油断せず、日焼け止めなどでしっかりと紫外線対策する

などが基本です。






ただし、洗顔の回数を増やしたり、ゴシゴシ擦るなど刺激の強いクレンジングや洗顔はNG。必要な皮脂まで取り過ぎないように注意しましょう。

また、ベタベタするからといって化粧水だけですませるのではなく、自分のお肌の状態に合わせて、エイジングケア美容液やクリームなども取り入れ、適切な保湿を心がけましょうicon12







ナールスエイジングケアアカデミーでは
梅雨の季節!2019年6月のスキンケアとエイジングケア!

の記事に、お肌を健やかに保つために実践していただきたい6月のスキンケアポイントをまとめています。


スキンケアだけでなく、カビ対策をはじめ、梅雨を快適に過ごすための日常生活、美肌のための旬の食材などもご紹介していますので、参考にしてくださいね花丸



記事はこちらです。

梅雨の季節!2019年6月のスキンケアとエイジングケア!


  


2019年05月22日

気づきにくい自分のニオイ、あなたは大丈夫ですか?

こんにちは、ナールス広報部員です。


さて、5月も後半を迎え、夏の気配が濃厚になってきましたね。

気温もどんどん上昇して汗をかくことが増えるので、ニオイも気になってきますね。


汗は、体温調節になくてはならないもので、夏場は汗をかくことでカラダの表面を冷やし、体温が上がらないように調整しています。

また、汗は出てきた時には無臭ですが、そのままにしておくと雑菌が発生し、これがイヤなニオイのもとになってしまうのです。


そのため、対策としてはこまめに汗を拭きとること。

この時、乾いたタオルを使うのではなく、湿らせたタオルを使うのがポイントです。
汗を拭く際に、適度な水分を肌に残しておくことで、汗の量が抑えられるという効果があるそうですよ花丸







さて、汗のニオイに加え、気をつけておきたいのが女性の加齢臭です。

加齢臭といえば、オヤジ特有のニオイと思っている方が多いと思いますが、実は女性も油断禁物なのだといいます。

とくに、年齢を重ねたエイジングケア世代の女性は、そのリスクが高くなるというので注意が必要なのです。


そもそも、加齢臭のもととなるのは、皮脂を分泌する皮脂腺の中にある脂肪酸と、過酸化脂質(脂質が活性酸素によって酸化されたもの)が結びつくことによって生じる「ノネナール」という物質。

このノネナールは、男性だけでなく、女性でも40歳を過ぎた頃から増える傾向にあります。
また、汗や皮脂の量が増える夏場は、とくに加齢臭対策が必要になってくるのです。


ノネナールの発生を抑えるには、

*頭皮や首回り、背中など、皮脂量の多い部分をていねいに洗う
*揚げ物などの脂っぽい食品を避け、抗酸化力の高い食材を摂取するなど、食生活を見直す
*適度な運動を毎日の生活に取り入れ、ストレス発散を心がける


などが効果的です。






加齢臭の対策については、ナールスエイジングケアアカデミー
加齢臭はエイジングケア世代の女性も気をつけよう!
の記事で詳しくご紹介しています。


簡単にできる加齢臭のチェック方法などもご紹介していますので、ぜひお読みくださいね!


自分のニオイは自分では気づかないことも多いので、
ニオウ前に予防や改善につとめましょうicon12



  


Posted by ナールス広報部員 at 10:05Comments(0)肌悩み別対策ナールスエークレンズ

2019年05月11日

夏の肌トラブルを予防するクレンジングとは?

こんにちは、ナールス広報部員です。

1年のうちでも、5月は気温の上昇が著しい月。
紫外線も強くなり、徐々に夏の気配を感じ始める頃ですね。


汗ばむような日もあり、皮脂の分泌が活発になることから、Tゾーンを中心にお肌のテカリが目立ったり、メイクが崩れやすくなったり、またさまざまな毛穴のトラブルも増え出します。







さらに、強い紫外線の影響でメイクの洗い残しや皮脂が酸化すると、肌老化を招いてしまうため、注意が必要なのです。


そんな肌トラブルの予防や解消の対策といえば、まずはクレンジングや洗顔
スキンケア、エイジングケアの基本をしっかり行うことが大切ですicon12







ただし、皮脂汚れなどを洗い流したいからと、ゴシゴシ摩擦の強いクレンジングをしてしまえば、ターンオーバーの乱れを招き、乾燥肌のリスクも。


クレンジング料は肌に優しく、バリア機能を低下させないものを選ぶとともに、

●肌への刺激や摩擦のない方法、正しい順番でやさしくクレンジングする
●クレンジング後は、しっかりと保湿ケアを行う
●朝のスキンケアでは、日焼止めやUV化粧下地などで紫外線対策をする

などのポイントを心がけましょうicon12








ナールスエイジングケアアカデミーでは、
夏もクレンジングで肌荒れのリスクが!上手な選び方と使い方

の記事に、これから夏に向かう季節のクレンジング料の選び方や気をつけておきたい使い方などの情報をまとめ、詳しくご紹介しています。


おすすめのクレンジングジェルもご紹介していますので、ぜひお読みくださいね花丸


記事はこちらです。
夏もクレンジングで肌荒れのリスクが!上手な選び方と使い方



  


2019年05月03日

今月のプレゼントはUV化粧下地ナールス ヴェール☆

こんにちは、ナールス広報部員です。

毎月恒例!ナールス製品があたるicon12エイジングケア応援コスメプレゼントクイズicon12

今月も季節にあったナールス製品をプレゼントにご用意し、みなさんのエイジングケアをサポートします!


楽しみながらクイズにチャレンジして、エイジングケアの知識を身につけ、美肌をキープしましょうクローバー


さて、5月がスタートし、清々しい季節がやってきました!
陽ざしもだんだん強くなってきましたね。







ということで、今月のクイズのテーマは紫外線

紫外線ダメージは、乾燥肌をはじめ、シミやしわ、たるみ、くすみといった多くの肌悩み、肌老化の原因です。


さわやかな気候につい油断しがちですが、5月の紫外線量は真夏と同じレベルともいわれています。
こわ〜い紫外線をしっかりブロックして、紫外線による肌トラブルを予防しましょう!






今月のプレゼントは、しっかり紫外線をブロック&ノンケミカルでやさしい
ナールスゲン配合UV化粧下地 ナールス ヴェールですicon12


クイズの正解者の中から抽選で3名の方にプレゼントしますicon27
気軽にチャレンジしてくださいね!


クイズや応募に関する詳細については
5月のエイジングケアクイズ!テーマは「ご存じですか?紫外線の怖さって?」
をご覧ください。


なお、今回のクイズのヒントは、
紫外線ダメージで肌老化!効果的に防ぐ対策でエイジングケア
を参考にしてくださいね。



たくさんのご応募お待ちしています2ハート





  


2019年04月27日

はつ夏の風薫る5月のスキンケアポイントは?

こんにちは、ナールス広報部員です。

いよいよ新元号「令和」の幕開けですねicon12
風薫るさわやかな5月にふさわしく、フレッシュな気持ちでスタートしたいですね。






さて、晴れた日には汗ばむこともある今日この頃ですが、みなさんお肌の調子はいかがですか?


ナールスでは、毎月、季節に応じたスキンケアやエイジングケアについてお伝えしていますが、今回は春から夏へと向かう、5月に実践していただきたいポイントをご紹介します花丸



どの季節でも、スキンケアやエイジングケアの基本は「清潔」「保湿」「紫外線対策」なのですが、

*5月の紫外線は夏と同じくらい強いレベルに。また、6月や7月に比べて雨が少なく、総紫外線量(紫外線の強さ×日照時間)が大きな月なので、日焼け止めはもちろん、日傘やサングラス、UV カット加工の衣類などで、紫外線対策を最優先しましょう。

*気温の上昇とともに、皮脂の分泌量が増加します。余分な皮脂をスッキリ、やさしく洗い流す洗顔を心がけましょう。

*肌質やお肌の状態に合わせて、美容液やクリームなどを使い分け、きめ細かな保湿ケアを行いましょう。特に、紫外線をたくさん浴びた日には、しっかり保湿することが大切です。

*4月からの新生活のストレスの影響が出やすい時期。肌荒れなどのリスクも高まるため、できるだけリラックスすることを心がけましょう。




中でも、健やかな素肌を支えるのは毎日の食事ですね。
5月は初夏に旬を迎える野菜や果物、海産物などが豊富に出回ります。


きのこ野菜では、アスパラガス、春キャベツ、グリーンピース、たらの芽、ぜんまい、わらび
さくらんぼ果物では、甘夏みかん、グレープフルーツ、キウイ、さくらんぼ、ビワ、メロン
うお魚では、いさき、まあじ、赤貝、しゃこ、かつお、めばる、アサリ

など、栄養価の高い旬の食材を美味しく食べて、美肌を目指しましょうicon12








ナールスエイジングケアアカデミーでは、さらに詳しい情報を
春から夏へ!2019年5月のスキンケアとエイジングケア
の記事でご紹介しています。

旬の食材を使ったおすすめレシピもご紹介していますので、ぜひご覧くださいねリボン


記事はこちらです。
春から夏へ!2019年5月のスキンケアとエイジングケア




  


2019年04月20日

ロングUVAを意識した紫外線対策って?

こんにちは、ナールス広報部員です。

新緑が目に眩しい季節がやってきました!
晴れた日には、初夏の陽気を感じる今日この頃ですね。

みなさんお肌の調子はいかがですか?


紫外線も強くなってきていますが、毎日のUVケアは万全でしょうかicon12








エイジングケアの中でとても重要な紫外線対策


お肌の老化の80%は紫外線によるといわれているほど、
紫外線はお肌にダメージを与え、シミやたるみ、ほうれい線、くすみなどのエイジングサインを目立たせてしまいます。


地表に届く紫外線にはいくつかの種類があり、特に気をつけたいのはUVAでしたね。


UVAはお肌の奥の真皮まで達し、ハリや弾力を失わせて光老化をひきおこす原因に。

また、雲の影響も受けにくく、窓ガラスも透過するので、曇っていても、室内にいても、季節にかかわらず、注意が必要なのです。






さらに、最近、話題になっているのがUVAの中でも波長が長いロングUVA


ロングUVAは、地上に届く紫外線量の75%以上だとも言われ、皮膚の深部にまで届いて真皮のコラーゲンやエラスチンに大きなダメージを与えると考えられています。

そのため、この紫外線をブロックすることの重要性が注目されていますが、日焼け止め成分の中には、ロングUVAに対して有効なものが少ないことが問題とか。


一方で、ロングUVAは波長が長すぎるため、DNAを破壊する可能性は小さく、UVBやショートUVAと比べ影響は短期的で、危険性は低いと言われています。

ですので、必要以上に心配することなく、UVAUVBの両方を意識した基本の紫外線対策をしっかり実践しましょう!



日焼け止めで紫外線を予防することはもちろんですが、加えてファショングッズなども活用し、また、うっかり紫外線を浴びてしまった、という日にはしっかりアフターケアすることをおすすめします花丸








ナールスエイジングケアアカデミーでは、
ロングUVAの特徴と日焼け止めによる紫外線対策
の記事に、ロングUVAの特徴やお肌への影響、効果的な対策や日焼け止めの上手な使い方などの情報をまとめ、ご紹介しています。


アフターケアのポイントなどもご紹介していますので、紫外線が日に日に強くなるこれからの季節の参考にしてくださいねicon12


記事はこちらです。
ロングUVAの特徴と日焼け止めによる紫外線対策



  


2019年04月13日

ムダ毛を気にせずファッションを楽しむなら!?

こんにちは、ナールス広報部員です。

さて、桜の季節もそろそろ終わりを迎え、これからは新緑が美しい季節ですねicon12

季節が進むに連れ、ファッションも薄着に。
腕や脚、脇、背中など、露出部分も多くなってきます。


そんな時、やはり気になってくるのは、ムダ毛ではないでしょうか。
みなさん、ムダ毛の処理はどんな方法でされていますか?







シェーバー
毛抜き
脱毛クリーム
脱毛ワックス


いろんな方法がありますが、こうした自己処理を続けているとさまざまな肌トラブルの原因になってしまいます。


とくに、脇の周りの皮膚は薄くてデリケートなため、毛抜きで自己処理を続けていると毛穴が開いたり、黒ずんできたり、また「埋没毛」を増やしてしまい、雑菌が繁殖しやすくなるといわれているのです。

何より、剃り残しが目立つと美しくありませんし、毎日のムダ毛処理にかける時間ももったいないですよね。






こうした自己処理の悩みを解決してくれるのが、
エステティックサロンで行う光脱毛
クリニックで行う医療レーザー脱毛



それぞれ、専門のエステシシャン、あるいは医師が施術を行うため安心ですし、また施術後はツルツルの美肌が手に入りますicon12

ノースリーブや水着なども自信を持って楽しめますね。






一方で、サロンやクリニックに通う時間、料金などが負担になってくる場合も。
また、どんなサロンやクリニックを選べばいいのか、施術時の痛みはどうなのかといった不安もありますね。


ナールスエイジングケアアカデミーでは
脇脱毛を始めたい!エステやクリニックで行うメリットと注意点
光脱毛はエステで行える!メリットとデメリットは?

の記事に、脱毛の種類をはじめ、エステやクリニックの選び方、施術をうける際の注意点などを幅広くご紹介しています。


メリットやデメリットの感じ方には個人差があるものですが、自己処理を卒業してムダ毛に悩まない生活をビックリとお考えの方は、参考にしてくださいね。


記事はこちらです。
脇脱毛を始めたい!エステやクリニックで行うメリットと注意点
光脱毛はエステで行える!メリットとデメリットは?


  


Posted by ナールス広報部員 at 09:33Comments(0)美容最新情報周辺情報